冬枯れの桜

川土手の冬枯れの道さくらみち眠る花芽を風が撫でゆく


はや2月、如月。

 

もうすぐ春が始まるという〈立春〉や水がぬるみ草木の芽が出始めるとされる〈雨水〉が
暦に並んでいて気持ちが少し前向きになれそうな予感のする月。

 

しかしテレビをつければ新型コロナのことばかり。

 

それでも少し進んだといえるのは新型コロナ対応のワクチンの話題で盛り上がっていること。

 

インフルエンザのような特効薬も見つからない今、やっと一筋の希望の光が見えてきたような・・・

 

先の見えないいらだちにうつ状態になっている人もいると聞きます。

 

先日は罹患が原因での自殺者まで。

 

絶望は死に至る病である

 

キェルケゴールの有名な言葉にあるように、絶望を避けるためにわたしたちは
暗闇の中でも本能的に一条の光を手探りして救いを求める・・・

 

宗教であったり、人であったり、薬であったり・・・

 

このコロナ禍でワクチンは一条の光。

 

3社のワクチンが承認されているようですが、今日本で話題にしているのは
アメリカのファイザー社のもの。

 

副反応や効果のほどがまだまだ未知数のようでわたしたちのように
接種にためらいがある人も多いと思いますが、どうやら順番でいくと
3月~4月あたりに選択を迫られるような・・・

 

現在進められている日本製のワクチンの完成を待ちたいとも思ったりしていますが、
その期間のことを思うとどうしていいか、正直ちょっと揺れます。

 

 

さて本日は7回山田風太郎賞受賞作品、映画化もして話題を呼んだ作品です。

 

 

罪の声

塩田武士氏著『罪の声』
 

京都でテーラーを営む曽根俊也。
自宅で見つけた古いカセットテープを再生すると幼いころの自分の声が。
それは日本を震撼させた脅迫事件に使われた男児の声とまったく同じものだった。
一方、大日新聞の記者、阿久津英士もこの未解決事件を追い始め―。

圧倒的リアリティで衝撃の「真実」を捉えた傑作(「BOOK」データベースより) 

 

著者について

1979年兵庫県生まれ
関西学院大学卒業後、神戸新聞社に勤務
2010年『盤上のアルファ』で第5回小説現代長編新人賞将棋ペンクラブ大賞受賞
2016年『罪の声』で第7回山田風太郎賞受賞「週刊文春ミステリーベスト10」第1位14回本屋大賞第3位
2019年『歪んだ波紋』で第40回吉川英治文学新人賞受賞


今から
36年前の1984年~1885年にかけて阪神間を舞台に食品会社を標的とした
グリコ・森永事件を題材とした作品。


「かい人
21面相」とか「キツネ目の男」、子どもの声を使った脅迫テープとかの
事件の切れ端を覚えていらっしゃる方も多いと思います。


結局時効が成立して完全犯罪となったこの未解決事件。


劇場型といわれた代表格の事件でした。

本書は上記の事件をモチーフとして虚実取り混ぜて物語化したもの。

企業への脅迫テープに自分の子ども時代の声が使われていたことを偶然知った俊也と、
あるきっかけからこの時効が過ぎた未解決事件を追うことになった大日新聞の記者・阿久津。

この2人を主人公にお互いを交差させながら物語が進んでいきます。

著者は丹念に調べた実際のグリコ・森永事件の詳細を縦糸に、
フィクション上の主人公たちの動きや心情を横糸にして
リアリティあるフィクションという壮大な物語を構築しています。

さすが元新聞記者ならではの綿密な取材の上に築いた物語。

読み進むうち、この物語こそが真実ではないか、という錯覚に陥ってしまうほど。

 

フィクションとノンフィクションの壁を乗り越えたような作品。


主人公
2人の交差部分の切り替えが少し読みづらかったり、
真実味を持たせようとするあまりの余剰の多い文が少し目に余るところはありますが、
それらを超える構成力に圧倒されて読了。

 

この実話と作話の狭間の帳尻をどのようにつけるのか・・・
というわたしの独断的な興味も最後まで失わせることなく
ラストを迎えたのには感服しました。

 

しかもラストに感動を用意しているところ・・・圧倒的力作でした。

 

エンタメとしておススメです!!