ろうばい 花びら

冬枯れの樹々のあはひにほのひかるはちみつ色の素心蝋梅




 

森喜朗氏の言動がメディアに取り上げられてざわざわしています。

 

政治家などの方々は叩かれてはじめて反響の大きさにたじろぎ、なんとかおさめようと
慌てて発言を撤回するということを繰り返しています。

本心はまったく反省していないのにとりあえず謝る・・・恥ずかしくないのか?

 

今回は女性蔑視ともとれる失言にポイントが置かれていますが、麻生氏と同じく
「サメの脳みそ」と陰で言われているように考えの浅さや自己評価の高さが
露呈するようなこんな失言の繰り返し・・・。

 

政界に太いパイプを持つといわれている氏の首に鈴をつける勇気ある人はいないのが
今の政権の中枢の貧しさを物語っているような。

 

森氏を見ているとつくづく引き際って難しいと思う。

 

人は耳にいい言葉しか選んで取り入れない・・・これは誰しも。

 

自分の生きるスタンスに不利だったり不快だったりする言葉は排除したい・・・
それが許される世界に安住していてだんだん厚顔となる・・・

 

わたし自身は厚顔無恥な人や人を見下す人、自分を守るために人を貶める人、
そして理不尽なさまざまなことにとても不快感がありますが、
これももしかしたら自分の中にそういった芽があるからかもしれない・・・

 

相手は自分の合わせ鏡である

 

そんなことを思うと凡人のわたしはこれまで以上に自分をふりかえりふりかえり
自省しなければと思ってしまうのです。

 

 

 

 

犬のおきて
佐々木譲氏著『犬の掟』
 

 

急行する捜査車両、轟く銃声。過去の事件が次々と連鎖し、驚愕のクライマックスへ!
比類なき疾走感で描く緊迫の40時間。
衝撃の警察小説(「BOOK」データベースより)

 



代表作『警官の血』、また北海道を舞台の道警シリーズのファンとして読み継いできた著者の警察小説。

 

2015年の作、文庫化の際『警官の掟』と改題されているようです。

 

主人公は波多野涼と松本章吾という2人の警官。

 

ともに34歳の同期。

 

事件の発端は暴力団幹部殺害事件。

 

この2人がそれぞれ所属する所轄と捜査一課で上司とコンビを組みながら事件を洗っていきます。

 

このコンビの視点が交互に入れ替わるという構成。

 

事件解決までのわずか3日間の出来事がぎっしり詰め込まれていて、
この入れ替わり設定がやや窮屈で他作品に比べて読み辛く感じたのに加えて
真犯人に辿りついた道のりが唐突で納得感がなく終わってしまいました。

 

犯人を追い詰めるまでの緊迫感はあったものの、肝心の犯人の動機になるほど
という共感がなく終わってしまった佐々木作品には珍しいものでした。