近くの道端にいたハクセキレイ

ハクセキレイ 公園

先日銀行に用事があって提携の駐車場にパークしたときのこと。

 

街中にある機械式の駐車場、係の方がパネルを操作して扉を上下するものですが、そ
の係の方の横に見習いと思しき方が指導を受けていました。


そのベテランの方も
70代前半という感じでしたが、見習いの新人の方はもっと高齢、
杖をつかれていました。

 

何度も何度も質問しては覚えようとしている姿を見ていると切なくなりました。

 

生涯現役を生きる支えとして体が動くかぎり働きたいという人は多いと思いますが、
生活のためにどうしても働かなければならない高齢者も多いと聞きます。

 


夫は中学校の卒業文集に将来の夢として「隠居になること」と書いて
先生や父兄、仲間たちのもの笑いの種になったという体たらくの輩。

 

夫にあの涙ぐましい姿を見せたかった!

 

そんなことを思いながら街中を見回すと、あちらにもこちらにも働く高齢者の姿が・・・。

 

身近なところではマンションの管理人の方もかなりの高齢者。

 

常勤で11階建てのマンション内を隈なく巡回して清掃してくださっています。

 

通路側に置いている我が家のエアコン室外機も毎日きれいに拭いてくださるという丁寧ぶり。

 

車で走っていてよく目にするのは交通誘導員。

 

たいてい工事中のため通行止めのところに立ち迂回路への誘導などに頭を下げ続けたり、
複雑な交差点の真ん中で渋滞にならないよう誘導されています。

 

ヘルメットから真っ白な髪が出ていて腰が曲がった人も・・・
雨の日や真夏、真冬などの苛酷な条件の中で立ちっぱなしでの仕事ぶりに、
車に乗っていてラクしてごめんなさいと思ってしまう。

 

人はいろんな事情を抱えながら精一杯生きているんだなぁ。

 

こんなときわたしはなんと甘えた傲慢な人生を送っていることかと思ってしまう。

 

 

 前置きが長くなりましたが、今回はそんな高齢の交通誘導員のドキュメンタリーです。

 

交通誘導員ヨレヨレ日記 柏
柏耕一氏著『
交通誘導員ヨレヨレ日記 

「誰でもなれる」「最底辺の職業」と警備員自身が自嘲する交通誘導員の実態を、悲哀と笑いで描き出すドキュメント、警備員の生活と意見(「BOOK」データベースより)

著者について
1946年生まれ
出版社勤務後、編集プロダクションを設立
出版編集・ライター業に従事していたが、ワケあって数年前から某警備会社に勤務
73歳を迎える現在も交通誘導員として日々現場に立ちながら、本書のベストセラー化により、警備員卒業の日を夢見ている

図書館で手に取った時、タイトルや表紙を通してもっとコミカルな内容を期待していましたが、仕事現場の厳しい現実を羅列した真面目なお仕事本でした。

これから交通誘導員になろうという人が手に取れば出鼻を挫かれること必須の内容。

一日中立ちっぱなし、トイレにも行けずおまけに低賃金、工事関係者や運転者からは
苦情をいわれることはあっても褒められることはない・・・「最底辺の職業」という。

加えて知性も良識も意欲もない同僚たち。

「当年72歳、本日も炎天下、朝っぱらから現場に立ちます」という
軽めのキャッチフレーズに似合わないはみ出しのない文章。

元編集者でありライターでもあったという経験ならこの得難い経験を
もっと軽妙におもしろおかしく描くことだってできただろうに。

きっと根は真面目な人なんだなぁ。

本書がベストセラーになったあかつきにはこの仕事を卒業することを夢みているそう
でしたが、無事に抜け出せていたらいいな~。