かに3尾

11月に解禁されるのを楽しみに毎年山陰のカニを目指して食べに行くという
我が家の恒例行事もコロナ禍でお預けとなっていた先日、
諦めきれない夫が香住の漁連に電話で頼んだ松葉ガニが届きました。


 親ガニを食べたかったのですが、当地の魚屋でも買うチャンスがなくて
ついに時期を逃してしまいました。

 

ほんとは大きな松葉ガニより二回りも三回りも小さな親ガニであるセコガニが
いちばんおいしいんですよね。

 

身が少なくてカニを食べているという醍醐味がないので人気はいまいちらしいのですけど、
内子と外子やみそがおいしくてやみつきになります。

 

面倒なので汁物に投入したりして食べるようですけど、なんともったいない、と思ってしまう。

 

運がよければこちらの魚屋さんで朝の水揚げを売っていたりすることもありますけど、

一般のカニに比べ種の保存のため親ガニの漁獲期間は短いので、
新鮮なセコガニとの出合いは短期間となってしまいます。

 

今回は松葉ガニ・・・新聞紙を広げて腕まくりして、ハサミ片手にいざ出陣!
夫と無言で格闘すること
1時間半、エネルギーを使い果たしました~。

 

さて、本日は久しぶりの宮部みゆき氏です。

 




昨日がなければ

宮部みゆき氏著『昨日がなければ明日もない』
 

杉村三郎vs.“ちょっと困った”女たち。
自殺未遂をし消息を絶った主婦、訳ありの家庭の訳ありの新婦、自己中なシングルマザー。
『希望荘』以来2年ぶりの杉村シリーズ第5弾!(「BOOK」データベースより)

人気の杉村三郎シリーズももう5弾目になるんですね。

2007年『誰か』→ 2011年『名もなき毒』2016年『ペテロの葬列』2018年『希望荘』→ 本書へと続きます。

わたしは第2弾のみ読んでいますが、
これほどシリーズ化するとは思わなかった作品群。

著者はシリーズ化の動機についてこのように書かれています。

大好きなマイクル・Z・リューインの「アルバート・サムスン」シリーズに倣い、
自分もこういうのんびりした人のいい私立探偵が主人公の物語を
いつか書きたいということで
スタートしました。

まさにのんびりした人間味ゆたかな杉村三郎!

すてきな人物造形です。

あらためて機会があれば第1弾から読んでみたい。

宮部作品でいちばんインパクトがあったのは『火車』、いまも忘れ得ない作品・・・

著者の筆力には早くから注目していましたが、今も健在どころかますます充実というところ。

本書は女性に特化した3話からなる中篇集となっています。

主人公・杉村三郎が紆余曲折を経て個人の探偵事務所を開いてからの事件簿。

 

◆一昨年結婚して幸せに暮らしていると思っていた27歳の娘・優美が自殺未遂で入院、
その夫が依頼者である優美の母親との接触を断絶してしまったので
娘の行方を調べてほしいという案件の
「絶対零度」

 

◆知人から姪の結婚式にボディーガードとして出席してほしいとの依頼を受けた杉本三郎が
遭遇した結婚式会場での思わぬ事態を描いた「華燭」


◆事務所兼自宅の大家である竹中家の関係を通して朽田美姫から依頼された案件から
救いようのない結末へとなだれ込む様子を描いた
「昨日がなければ明日もない」

善良な私立探偵の目を通して描かれた人間の心の闇。


善意があれば悪意もあるというこの社会に対峙せざるを得ない
杉村三郎の心が壊れないでほしいと願うような案件の数々。

 

第一話は実際にマスコミを騒がせていた高学歴の男たちの集団レイプ事件を思い出すような内容。

 

自己本位の権化のような人物の起こした数々の事象の結果の
救いようのない結末を描いているのは第三話。

 
心に屈折の闇を抱えながら何食わぬ顔で生きている悪人を描くのがつくづくうまい作家さん
と再確認した作品でした。