VINのらんどくダイアリー

ご訪問ありがとうございます。 「一日一生」を銘にさまざまな人生を読書というツールを通して味わっていきたいと思っています。 響きこし言葉に貼れるさみどりの付箋そよぎて林となりぬ

PVアクセスランキング にほんブログ村

カテゴリ: 日記


5年前から所属している地元の歌会に変化が起きています。


当地は「龍」という大きな結社があるのに加えて、「未来」や「かりん」、「塔」などの全国的に有名な結社に入っておられる方も多々いらっしゃるようですが、縛りを好まない私はどこにも属さず、ネットで指導をしていただけるすばらしい師に巡り会い、作歌スタート時より現在まで6年間作歌の基礎を一から教えていただいています。


そのうち地元の近くで「龍」所属の方が小さな歌会を開いていらっしゃることを知り、月2回のペースで参加していますが、ここに来てその方が独立して結社のようなものを立ち上げられることになりました。


あれよという間に会則なども示され、中央歌壇との繋がりのある主宰者の方がより充実をということで歌誌も年2度の刊行からひとつ増えて年3度刊行することになったという・・・


主宰者の方と知己のある中央歌壇の歌人の方々にも目を通していただける歌誌をということで、いままでのように気楽に自分の歌を載せていただくというスタイルではなくなりそう・・・



自分自身は年齢的にも将来を見越してのステップアップなどの望みもなく、ただ気ままに自分の感覚で気に入った歌だけ詠むというスタンスなので戸惑いの中にいます。



その創刊号に載せるべくある歌人の歌論の原稿を依頼されて、強く辞退を申し出たものの結果的に受けざるを得なくなった私。


このブログのように無責任に書きっぱなしにはできない・・・そのレビューの向こうにはその歌人を含む中央歌壇の方々の強い視線があると思うと引き受けるわけにはいかないと自分にしては最大の勇気を振り絞って長時間攻防しましたが・・・。



押され弱く前向きではない自分・・・とにかく目立ちたくない、隅っこにいたら安心な自分だなあとあらためて再確認しているところ。



気が弱いなぁと家族には呆れられています。






さて今回はメイ・サートン氏著&武田尚子氏訳『独り居の日記』です。



「年齢を重ねるほどに、みずみずしい作品を発表したアメリカの詩人・小説家、メイ・サートン。
1995年に83歳で亡くなるまで、その創作意欲は衰えをみせなかった。
さかのぼって1960年代の後半、はじめて小説のなかで自分の同性愛を明らかにしたサートンは、大学の職を追われ、折しも愛の関係のおわりと父親の死の直後で、失意の底にあった。
やがて彼女は、世間の思惑を忘れ、ひたすら自分の内部を見つめることで新しい出発をしようと、まったく未知の片田舎で生活をはじめる。
その頃の一年間の記録である。
ニューイングランドの自然と動物たち、大切な友人との交流、詩作、読書、生と死をめぐる万感が、無垢な感性と作家の思索をとおして文字になり、さらに、創造の時空としての孤独を見つめる穏やかな文章の水面下には、恐れ、悲しみ、喪失と、女性に禁忌とされてきた怒りの爆発を直視する「戦士」がいる。
50冊以上の作品を世に送り、その精神のたたずまいに感応する読者を各世代に獲得しているサートンの代表作」



随分昔に読みましたが、最近ある媒体で著者の名前を目にして懐かしくなり現在の自分がどう受け取るだろうか、という興味もあり、再読してみました。


メイ・サートンというとすぐ孤独という語が浮かんでくるほど、深く孤独を見つめつづけた作家であろうと思います。



孤独というものをここまで深く追求しつづけて潰えた著者・・・このように書くととても惨めな生き方を貫いたような印象を受けますが、逆境のなかでこそ煌くことのできる精神を保ち続けた作家といえるのではないでしょうか。


人はひとりで生れてひとりで死ぬ

というわけで「人」と「孤独」とは切っても切れない関係。


「孤独」をタイトルに冠した小説やエッセイは現在に至るまで多くの人々によって綴られています。


ガブリエル ガルシア=マルケス氏の『百年の孤独』、、最近では下重暁子氏の『極上の孤独』や五木寛之氏の『孤独のすすめ』が書店の店先に積まれています。


「孤独」をテーマの詩や小説になるともっともっと・・・。


どんな小説を読んでも登場人物のだれかに必ず孤独の色濃い影を感じます。



「執着は、その主体が無私であってさえ、他の人間にいくばくかの負担を与える。
負担にならぬような、軽い、空気のようなやり方で、どうやって人を愛することができるのだろう?」


ニューイングランドの豊かな自然に囲まれながら個という自分と対峙する著者の折々のつぶやきや自分に対する問いかけの数々がまっすぐに胸の中に入ってきます。


目覚めて朝の光があると感謝し、それを浴びることの歓び、厳しい自然のなかでも季節の花々がつつましく咲く様子、その庭に挨拶に来る鳥たちとの触れ合い・・・方や対峙するような感情の激しい迸りに自ら振り回され磨耗したり・・・


なんと人間味ある描写だろう。



LGBTの社会運動が活発化した昨今ですが、それでも寛容とはほど遠い環境で喘いでいる人たちがいるのを見聞きするにつけ、現代からおよそ60年ほど前に自らの小説で自身の同性愛を公にした著者。


その後のバッシングはすさまじく大学に得ていた職も奪われたといいます。


時を同じくして恋人に去られこれ以上失うもののない状態で綴られた日記・・・そういう背景を踏まえて読めばより深く多くのものを受け取れると思います。


「ここでの孤独は私の命そのものだ」

「退屈とパニックは、孤独な人間が戦わなくてはならない二つの悪魔」



まだまだ多くの飾りといえるものを持っている私には著者の真の孤独には辿り着くことができませんが、終盤へ到達するまでの道しるべとっしてこれからも繰り返し読み継ぎたいと思える作品でした。

「ホームレス歌人の記事を他人事のやうに読めども涙零しぬ」

「胸を病み医療保護受けドヤ街のやうな一室に居る」

昨日の朝日歌壇で永田和宏・佐佐木幸綱・高野公彦氏らが選んだホームレス歌人の歌です。

このブログで以前ご紹介したホームレス歌人公田耕一さん。

住所がないため投稿謝礼も応援の声も届けることができない旨書いた朝日新聞の記事を読まれたご本人が投稿はがきの片隅に次のように添え書きされていたそうです。

「皆様の御厚意本当に、ありがたく思います。
が、連絡をとる勇気は、今の私には、ありません。
誠にすみません。(寿町は、東京の山谷・大阪の釜ケ崎と並ぶ、ドヤ街です。)


「我が上は語らぬ汝の上訊かぬ梅の香に充つ夜の公園」

選外のこの歌にも表れているように詮索を嫌う人柄を想像する選者や他の投稿者らは強引に捜すべきではない、という意見が大半だそうです。


公田さんの歌の寄り添って選ばれていたのが東京都の辻好美さんの「公田さんあなたを知るまで郵便は届いて普通と思っていました」。


朝日歌壇あての応援歌は増える一方だといいます。


私も朝日歌壇の紙面で公田さんの名を探すのが月曜日の朝の日課になりました。


シンプルな生き様が伝わる歌に切なさを感じながら、今のままでずっと歌い続けてほしいとも願っています。



さて本日は本田美奈子.・岩谷時子両氏著『本田美奈子.・甦れアメイジング・グレイス』をご紹介します。


2005年11月6日急性骨髄性白血病が原因の肺の合併症で38歳の若さで亡くなった歌手本田美奈子さんと作詞家岩谷時子氏のボイスレコーダーによる交流を中心に美奈子さんの生涯の年譜、CDとともに闘病を綴ったドキュメンタリーです。


付属CDに収録されているのは「アメイジング・グレイス」「ジュピター」「君といつまでも」「夜明けのうた」でどれも岩谷時子さんの作詞です。


この本の土台になっているのは昨年春「NHKハイビジョン特集」で放映された「本田美奈子.~最期のボイスレター~」です。

何度か再放送されたので観られた方も多いと思いますが、亡くなる1ヶ月前過酷な闘いの末一時寛解を得て仮退院が許された前夜お世話になった医師や看護師さんたちの前で感謝の気持ちを込めてアカペラで「アメイジング・グレイス」を泣きながら歌っていた彼女の姿と涙を拭いながら耳を傾けていた看護師さんたちの姿が今もなお目に焼きついています。


ミュージカルでのデビュー作となった「ミス・サイゴン」の訳詞を手がけたことが縁で深い絆が生まれた作詞家岩谷時子氏が骨折のため美奈子さんの10階上に緊急入院したことから、高齢の岩谷氏を何とか励ますために発案したのがボイスレコーダによる歌の吹き込みでした。

無菌室から出ることができなかった美奈子さんが以後選曲、録音して岩谷氏の病室に届けられた曲は31曲にも上りました。


尊敬する岩谷氏の名前の1字をもらって作った新作のクラシックアルバム「時」は病に倒れる前年に発売になりましたが、その中にこんなメッセージを綴っています。


「私が歌い続ける意味を
今、見つけました!!
そうです。
歌を通して太陽になること!!
とても難しい事だと思いますが、
太陽の様に
みなさんに
光を与え続けられるように
頑張りたいと思います。
心を込めて…」

そんなまっすぐで真摯な美奈子さんを支え続けたご家族や所属事務所の社長である高杉敬二氏ら多くの方々の献身かいなく旅立たなければならなかった哀しみが全編に散りばめられています。


彼女の実家がある東上線の朝霧駅の花壇の近くに建てられた本田美奈子さんのモニュメント、ボタンを押すと彼女の変わらぬ美しいソプラノの歌声が流れるそうです。

いつか訪れてみたいと思います。


最後にもう1つ。

美奈子さんが遺した確かなもの。

命の尊さをすべての人々に伝えてゆこうとする生前の美奈子さんの強い思いから生まれた白血病や難病に苦しむ人たちを支援する「LIVE FOR LIFE」の活動。

   http://www.live-for-life.org/about.html

そして骨髄バンク推進のキャンペーンのモデルになった彼女のメッセージがきっかけで登録者が30万人を超えたという事実。

12年前の1995年1月17日5時46分、淡路島野島断層を震源とする地震が起こりました。

震源の深さは約20キロ、規模はM7・2、震度7、「都市直下型」といわれるものでした。

死者約6400人、負傷者約44000人、全壊及び半壊棟数約249000棟といわれ、多くの被災者の心身や町全体に大きな爪痕を残した阪神淡路大震災です。


今月10日から朝日新聞に毎日特集されている「まち人12年」に登場する神戸市東灘区などの周辺の町はどれも私にとっては身近ななじみある生活の場でした。

橋脚が折れ倒壊した阪神高速道路は自宅から2キロほど海側に下ったところにありました。

阪神電車が横転した住吉駅も買い物がてらよく利用していました。

小さな活断層が集中していた東灘区の地域は、火災と震災のダブルパンチを受けた長田区は別として、最も地震の影響を受けた地区でした。


これから私たち一家の震災体験の3日間というほんの一部を書いておこうと思いますが、その前に田中康夫前長野県知事による『神戸震災日記』を簡単に紹介したいと思います。


田中氏はいろいろな意味で評価の分かれる方ですが、何事においても前向きで一生懸命な人であると私は思っています。


地震発生4日後の1月21日、初めて運転する50ccバイクに衣装ケースを括りつけ、水やジュース、軍手、ティッシュなど緊急に必要と思われる物資を積めるだけ積んで、路地から路地を走り回った記録がこの本に詰まっています。

いくつかの市役所への事前の電話での問い合わせへの答えは決まって「間に合っています。とりあえず登録を」というものだったそうです。

「何千人もの人々が亡くなり、何万人もの人々が傷つき、何十万人もの人々が住まいを失った街なのに、人手が足りてる?」

この疑問が田中氏を即座にボランティアに駆り立てました。

個人の提供に限界を感じ、いろいろな企業にも物資の提供を求めた田中氏を介して、ベネトンやシャネルなど一流企業から山のような製品が次々届けられました。

被災者にとって必要とするものが日々少しずつ変化していく様子をいち早く肌で感じ取ることができたのも毎日通い続けて直接被災者と接していればこその結果でした。

心ない人々から偽善とか売名行為とか批判された田中氏でしたが、「個人ができる範囲のことをするのがボランティア」という信念の下、行動されたのでした。

言葉を尽くすだけの単なる解説者となるより、「行動すること」の大切さを田中氏によって学ぶことができました。


      ◆    ◆    ◆    ◆    ◆    ◆                   続く 

秋晴れの1日、岡山北部の成羽美術館で「エコール・ド・パリの画家たち」の絵を見てきました。 

1920年代にパリのモンマルトルやモンパルナスでボヘミアン的な生活を送りながら絵を描いていた画家の集団を指しますが、日本人藤田嗣治もそのうちのひとりでした。

少し離れたパリ郊外では斎藤豊作もいて、この2人が日本からの若き画家たちのパトロン的な役割をしていたようです。

私が大好きな佐伯祐三や荻須高徳もそこに集う若者の一員だったようです。


佐伯祐三の絵は迷いのない大胆なタッチの筆使いや深みのある色使い、幾重にも重ねた絵の具の濃淡が独特の哀愁をかもし出していて心惹かれますが、評論家の間では妻であった米子さんが多くの絵を加筆したことでも知られているようです。


パリの街角を題材に扱った絵が多くありますが、それらの中の細かい描線が米子さんの加筆だと指摘されているようですが、真相はどうでしょうか。


佐伯祐三への金銭的援助をしていた素封家吉薗周蔵氏に宛てた米子さんの手紙では加筆を認めているということですが。。。

いずれにせよ、好きな絵は好き♪でいいのですよね。



今回は、もう1つの「アンネの日記」といわれている「プラハ日記」です。

おととし、プラハにある家の屋根裏部屋から第二次世界大戦後58年を経て発見され、無事生き残った彼の妹に手渡されて日の目をみたのです。


第二次大戦ドイツ占領下のプラハ、絵や小説を書くことが大好きだった14歳のぺトル少年がナチス・ドイツによってアウシュビッツ強制収容所に連行されるまでの日記です。


1944年ガス室で16年の短い生涯を終えたペトル少年ですが、友達や親類など身近な人々が次々とナチスに連行されるという絶望的状況下にあって、恐怖に怯えながらも怜悧な目で淡々と日常を書いている手作りノート2冊の日記からは彼の生きることに対する希望が力強く伝わってきます。


著者のハヴァ・プレスブルゲル氏はプラハに生まれ、テレジーンの強制収容所を経験したのちイスラエルに移住したという経歴を持っています。


子どもらしい純真な目で周囲を観察し、どのように困難な状況でも平常心で力いっぱい生きようと努力する少年の姿に私は胸がいっぱいになりました。 

  
「霧がかかっている。ユダヤ人の記章着用を強制されている。登校中、69人の保安要員を数えることができた」

 
なぜユダヤ人に対するここまでの狂気とも見紛うばかりの差別がまかり通ったのか、私は今も怒りに震えます。

私専用のノートパソコンがずっと以前から調子が悪く、ついに修理に持っていきました。

極力PC修理にお金をかけたくない私は、周りの熟練者の助けを借りて何とか今日まで切り抜けてきましたが、今回はギブアップしました。

部品を入れ替えてもらったりと、データを消失することなく、無事復帰できて一安心です(^^♪



今回は私が深く尊敬する精神科医神谷美恵子氏「神谷美恵子日記」をご紹介したいと思います。


「精神科医」とだけ限定するにはあまりある氏で、文筆家であり、英文学者、翻訳家、そして何よりも真摯な人でした。


氏が文字通り命を削って書かれた「生きがいについて」「人間をみつめて」は、生きがいを求めて模索し続ける私たちの間で現在もひっそりとロングランを続けています。   


今回ご紹介する「日記」は、夫君であられる神谷宣郎氏がそのあとがきで述べられているように、40年間分の全日記の2%にすぎないようです。


生前、著書の中では自分自身をなまの形で語ることを極力避けてきた氏の意志に反して、死後このような形で日記を公表するのは夫君としてはかなり抵抗があったようですが、著書のみでは想像しがたい著者の心の遍歴や試練などを示す貴重な記録として敢えて公表してくださいました。


書くことに生きがいのひとつを見出していた氏の膨大な日記から、公表するものを選択するという作業は想像を絶する大変なことだったようですが、読者は1939年25歳から65歳で亡くなられる1979年初めまでの日記に接することができたのでした。


外から見れば恵まれた知的環境に育ち、切望した進路も得られ、生涯学びの生活を貫いた氏ですが、日記を読むと、現実と理想の溝の中でやりたいことができない焦燥感やいらだち、自分に対する妥協のない厳しさなどがまっすぐに伝わってきます。


あるきっかけでハンセン病患者の悲惨さを知り、患者のために働くことを生涯の生きがいのひとつとし、長島愛生園の精神科の仕事に携わりながら、生きる意味を問い続けた人でもありました。


その傍ら、イギリスの作家であり、生涯神経症に悩まされたヴァージニア・ウルフの研究にも精力的に取り組まれ、「ある作家の日記」を翻訳出版されています。


がん、脳梗塞、狭心症などに悩まされた苦しみの多い晩年ではありましたが、病床でもウルフの病誌研究など生きがいを求め続けるという姿勢は私に大きな示唆を与えてくださいました。


生きがいを求めて自分を厳しく戒め、大きな愛をもってハンセン病患者と共に過ごされた愛と行動の人だったと思います。

昨日、高校野球8強入りを懸け戦って、延長15回の末、引き分けとなった早稲田実業関西高校の再試合がさっき終わりました。

個人的には早実は息子の母校、方や関西高校は地元なので、どちらにも勝ってほしかったのですが、逆転ゲームの末早実の勝利となりました。  両校ともよくがんばりました(^0_0^)

いつ見ても高校野球はすがすがしくて、感動しますね♪

今日ご紹介する本は、朝鮮戦争のさなかに韓国で生まれた11歳のユンボギという少年が書いた日記です。
戦後の混乱期、テグという小さな町で、体の悪い父と幼い妹弟を支えながら、小さい胸を痛めるユンボギの日常が、11歳の少年の目を通して描かれています。

劣悪な環境の中で、驚くほど純粋で前向きなユンボギには、教えられることがいっぱいです。

韓流ブームに沸く日本ですが、韓流に魅せられている若い人にも是非読んでほしい一品です。



↑このページのトップヘ