VINのらんどくダイアリー

ご訪問ありがとうございます。 「一日一生」を銘にさまざまな人生を読書というツールを通して味わっていきたいと思っています。 響きこし言葉に貼れるさみどりの付箋そよぎて林となりぬ

PVアクセスランキング にほんブログ村

カテゴリ: あ行ーその他

若鮎の甘露煮
漁連から直送している評判の魚屋さんを覗いたら、トロ箱に小鮎がいっぱい。

数年前、同じお店で見かけて甘露煮にして以来何年も見かけなかったので心が躍った。

小鮎にしては少しばかり大きいけどまあいいや。

500gで880円という安さ。

冷凍庫で常備している山椒を入れて甘露煮を作りました。

いかなごのくぎ煮と同様、煮ているときには絶対に動かしてはならないのでガマン。

煮崩れてないほどほどの甘露煮ができました~。


さて本日は21歳の若者が書いたイマドキの内容の作品です。

毎月お取り寄せしているという銭ママから月遅れで送ってもらった「文藝春秋三月特別号」
・・・最新の芥川賞受賞作を読みたくて。

 

文藝春秋 芥川賞
宇佐見りん氏著『押し、燃ゆ』
 

推しが炎上した。ままならない人生を引きずり、祈るように推しを推す。そんなある日、推しがファンを殴った(「BOOK」データベースより) 

著者について
1999年静岡県生まれ、神奈川県育ち。現在大学生、21歳。
2019年『かか』で第56回文藝賞、史上最年少で第33回三島由紀夫賞受賞2021年『推し、燃ゆ』で第164回芥川賞受賞

今まで何となく聞いたことがある気もする「推し」。

実用日本語表現辞典によると・・・

人やモノを薦めること、最も評価したい・応援したい対象として挙げること、または、そうした評価の対象となる人やモノなどを意味する表現。

近年の美少女アイドルグループのファンの中では自分の一番のお気に入りを指す表現として「推し」と表現する言い方が定着している・・・

なるほど、大好きなタレントや選手などのファンクラブに入って応援する対象のことね。

わたし自身はファンクラブに入ったこともないし、そこまで著名な人にお熱を上げたこともないけれど、中村哲氏に共感してペシャワール会を応援するようなものと置き換えたらわかりやすい・・・かな・・・ちょっと違うような気もするけど( ;∀;)

と思いながら読んでみたところ・・・
そこは似ても似つかないとてつもない深い闇が広がっている世界でした。

 

推しのアイドル真幸にお金時間など持てるエネルギーすべてを捧げる女子高生あかり。


その捧げ方がこれまたすごい!

 

その行動たるや実生活とどんどん乖離して・・・というか元々実生活を営むという概念も能力も持たず生きてきて、親や姉たちから理解してもらえず、アルバイトもままならず高校も中退。

 

ある対象に憧れる、ハマる、推すといった行為で満足感を得るという段階を突き抜けて「推し」はあかりの生きるすべてだったのではないか。

あかりのいのちに等しい「推し」がある日突然メディアから引退する・・その後のすさまじい喪失感を描いた描写が卓越でした。

文中では明らかになっていないけれど、発達障害とか適応障害というワードを当て嵌めれば
なるほどと頷けるあかりの諸々。

世間一般の常識とか普通についていけない疎外感を「推し」とともに生きることで
やっと生きながらえていたと思えるあかりが切ない。

しかし別の視点からみれば、ここまで全霊で捧げる対象があるというのは幸せかもしれない。

かといって親の眼差しであかりのすべてを包み込むことができるか、といえば難しい・・・

人間の体でいえば背骨を失った娘をどこまで支えて立ち上がらせて
自立歩行させることができるだろうか。

そういう問いを自分に投げても自信がない。

そんなことを思いながら読了した作品。

以前読んだ『コンビニ人間』とリンクするところが見えたような作品でしたが、
共通するところは、辛うじてそんな自分を受け入れて、これがわたしなんだと開き直ることで生きていく道を見つける、ということでしょうか。

見つけてくれればいいけれど。

別世界を垣間見たわたしにはこれくらいのレビューで精一杯でした。

cチューリップ

今日は3月11日。

未曾有の災害の10年目です。

毎年この日近くになるとTVや新聞に「いま」の状況が掲載されて

胸の奥にあるわたしたちの記憶が鮮烈に呼び戻されます。

忘れることのできない日。

全国でいまなお4万1000人以上の方々が避難生活を余儀なくされているという。


宮城県内では東日本大震災で関連死を含め約
1万人が亡くなり、

今も1200人以上が行方不明のまま。


もし自分の身内が津波に流され
10年行方不明のままだったら・・・

そんなことを思うと居ても立ってもいられない気持ちになります。

原発事故の後処理も遅々として進まない中、オリンピック招致のために世界に向けて
プレゼンテーションした安倍氏の文言が蘇ってきて怒りが治まりません。


Some may have concerns about Fukushima.
Let me assure you, the situation is under control

フクシマについてお案じの方々がいらっしゃるかもしれません。
私から保証をいたします状況は統御されています。

 

悪寒 伊岡

伊岡瞬氏著『悪寒』
 

大手製薬会社社員の藤井賢一は、不祥事の責任を取らされ、山形の系列会社に飛ばされる。
鬱屈した日々を送る中、東京で娘と母と暮らす妻の倫子から届いたのは、一通の不可解なメール。
“家の中でトラブルがありました”数時間後、倫子を傷害致死容疑で逮捕したと警察から知らせが入る。
殺した相手は、本社の常務だった―。
単身赴任中に一体何が?絶望の果ての真相が胸に迫る、渾身の長編ミステリ(「BOOK」データベースより)

 

久しぶりに「詰腹を切らされる」「上位下達」という言葉を
思い出しました。

 

この社会に生きている限り、いくら表面的には風通しよく
平等を唱えても上下関係はなくならないし、
それが高じていじめやハラスメントに発展している例は山とあります。


特にサラリーマン社会においては顕著、
森友学園をめぐる財務省の公文書改ざん問題で
自死された
赤木俊夫さんの事例を筆頭に、表に出ない事例は数えきれないほどだと思う。

本書の主人公・藤井賢一も詰腹を切らされてサラリーマン人生が暗転していったひとり。

会社の方針でただ上司の命令に従って関わった事象によって
すべての責任を押しつけられ遠地に飛ばされた賢一の家族を襲った悲劇を描いた物語。

本書は『痣』で活躍した真壁刑事&宮下刑事が再登場するということで手に取ったもの。


『痣』では真壁刑事がほぼ主人公でしたが、本書の主人公は藤井賢一、
彼というフィルターを通して語られています。

 その賢一の家族が起こした事件を補助的に捜査する刑事として登場する真壁。

会社の不祥事の責任を取らされた不運なしかも要領が悪く鈍感な中年男という設定の賢一
に家族への向き合い方のヒントを与えたのが真壁・・・
相変わらず一匹オオカミ的な翳ある役どころ。

さて本書の本筋に戻ると

賢一の単身子会社赴任中に、賢一が以前在籍していた大手製薬会社の重役を
賢一の妻・倫子が撲殺したという奇想天外な事件。

単身赴任先では上司にいじめられ、原因もわからないまま妻と娘に電話も帰宅も拒絶された
賢一のあまりの鈍重な気働きのなさは一読者ながらイライラが募るほど。

しかし、物語の展開がおもしろく目が離せず一気読み。 

初めから犯行を自供した妻のあまりのスピード感のある送検や、
取り調べの主流である警察組織の貧弱さが少々目立ちましたが、
一転二転の展開が興味を曳く作品でした。

一昨日は友人から手作りカマスの干物、昨日は銭ママから柚子ジャムが届きました。

 

カマス 銭ママキッチン
友人の干物は塩加減も干し加減もほどよく、この時期のカマスはあぶらも適度に乗っていてとてもおいしくて夫と至福の夕餉でした。

さすが! ありがとう!

 

加えて銭ママキッチンのジャム。

 

自分でもジャムは気軽に作るし、有名な軽井沢の沢屋のジャムもまだあるのだけれど、それに数段も勝る銭ママキッチンのジャム。

 

ずっと以前マーマレードジャムをいただいてからというもの、自分で作ってもお店で買っても何かちがう・・・

 

今回もインスタにアップされていた大量の柚子を前にジャムつくりに勤しむ銭ママを見て、ずうずうしくねだってしまいました。

 

毎朝パン食の我が家のこれからの楽しみのひとつ。

 

ありがとうございました!

 

 

 


花びら供養

石牟礼道子氏著『花びら供養』

 

ここ十数年の時を経て辿りついた新境地。

『石牟礼道子全集』未収録の、主に二〇〇〇年以後に書かれた珠玉のエッセイ四十篇が一冊に。

水俣の記憶を磁場に立ち上がる独自のコスモロジーは、一片の花びらに捧ぐ祈りのように、この世をやわらかに包み込み、時に鋭くその不条理を照らし出す。齢九十を迎えた著者が今、現代に伝えたいメッセージとは

 

石牟礼氏が亡くなられて来年2月で3年。

今ご存命でこのコロナ禍で炙り出された政策や人間模様を見ておられたらどのような感想を持たれるでしょう。

本書は2000年以降の単行本未収録のエッセイなどを、生涯文筆などあらゆる面で石牟礼氏を支えられた同志のような渡辺京三氏のご尽力でまとめられたもの。

それらのいきさつや水俣への思いなどは拙ブログの米本浩二氏著『評伝 石牟礼道子―渚に立つひと―でアップしていますので読んでいただけたらと思います。

水俣病。

この文明の落とし子のような病に対峙して魂を捧げ切った生涯。

『苦海浄土』や上記の評伝を読むと、われ関せずの社会や、はたまた自分の身に起こったことではないからと関心を持たない人々に対してやり場のない怒りが湧いてきます。

個人的な書簡短編小説、そして水俣からのメッセージという3部構成になっている本書。


を連想させる背景色に田中恭吉の版画を添えた装幀もインパクトがあります。

やわらかな内容を連想させるタイトルの「花びら供養」。

壮絶な人間の究極の生き様を見せつけられてたじろいでしまうような物語が内包されています。

坂本きよ子さんという娘さんのお母さんから、次のようなことを頼まれた。

「きよ子はても足もよじれてきて、手足が縄のようによじれて、
我が身を縛っておりましたが、見るのも辛うして。

 それがあなた、死にました年でしたが、桜の花の散ります頃に、私がちょっと留守をしとりましたら、園側に転げ出て、地面に這うとりましたですよ。

たまがって駆け寄りましたら、かなわん指で、桜の花びらば拾おうとしよりましたです。

曲がった指で地面ににじりつけて、肘から血ぃ出して、
『おかしゃん、はなば』ちゅうて、花びらば指すとですもんね。

花もあなた、かわいそうに、地面ににじりつけられて。

 何の恨みも言わじゃった嫁入り前の娘が、
たった一枚の桜の花びらば拾うのが、望みでした。

それであなたにお願いですが、文(ふみ)ば、チッソの方々に、書いて下さいませんか。
いや、世間の方々に。

桜の時期に、花びらば、きよ子のかわりに、拾うてやってはくださいませんでしょうか。
花の供養に」

水俣という土着の風土に溶け込みながら海や風、土地の人々との触れ合いに生の本質を見出して生きてきて、そして生涯を閉じられた著者。

水俣に生きるしか選択肢のない、また水俣を愛する市井の人々との会話の美しさが胸に染みわたります。

土地言葉のなんという透明なやさしさ!

知らんちゅうことは、罪ぞ

人はできそこなっているがゆえにみな平等だ
 

今まで水俣が体験してきた五十年間のことは

明日の皆さまの身の上でございますと

 

神の言葉や著者の言葉、水俣病者の言葉などすべての言葉が溶け合ったような崇高な言葉の数々。


最後に著者の言葉を挙げて終わりにします。

余にも苦しいから人間の罪を背負っているからだと思うようになった。

こういう酷い病が二度とこの世に現れないようあの世に持っていく。

許すという気持ちで祈るようになってから

今日1日をなんとか生きられるようになった

安穏と過ごして楽しみを追っていることがなんだかとても恥ずかしい。


高野箒

定位置はいつも隅つこ高野箒の芯のうすべに


最近頻繁に起こるスマホの電池切れ。

 

夜寝室には持っていかずリビングで充電したまま朝を迎えますが、朝100%がお昼過ぎには20%くらいに。

 

在宅しているときは小まめに充電すれば問題はないのですが、困るのが外出中。

 

先日も朝100%からほんの少し遠出して景色など撮っていたらお昼過ぎには徐々に怪しくなって・・・ついに真っ暗に。

 

外出先から夫に連絡したいことがあったのにそれもできず・・・。

 

一緒に行っていた友人に携帯電話を借りる始末。

 

2年ほど前無料でバッテリーを交換してくれるというキャンペーンがあったとき換えてもらったのに。

 

 

ということでモバイルバッテリーを買いました。

携帯用充電器


これがあれば外出時も安心だけど、かなり重い
( ;∀;)

 

外出時はなるべく余分なものは持参しない主義で、肩掛けポシェットのみで済ますのにこれを入れるとなると・・・すでにうんざり。

 

 

 


十二人の手紙

さて本日は
井上ひさし氏著『十二人の手紙』のレビューを少し。 

 

キャバレーのホステスになった修道女の身も心もボロボロの手紙、上京して主人の毒牙にかかった家出少女が弟に送る手紙など、手紙だけが物語る笑いと哀しみがいっぱいの人生ドラマ(「BOOK」データベースより)

プロローグとエピローグを含む手紙形式の14の短篇集。

電子メールやlineメッセージで煩雑に交し合う昨今、手紙を書いている人がどれくらいいるのか?

シニアのわたしでさえ、最近はいざ便箋に向かうと身構えて何を書いていいか一瞬戸惑ってしまうこともしばしば・・・告白すれば漢字も忘れがち。

でもたまに送られてくる自筆の手紙を開くときの荘厳なワクワク感は何ものにも代えがたい気がします。

といいながら、メールも作歌もほとんどパソコンやスマホを利用している身としてはエラそうなことは言えないけど。

さて、本書はミステリーの分野に属しているようですが、オチに意外性を持たせているとはいえミステリーに分類するには無理がありそう。

著者の得意とする軽妙洒脱的な人情味豊かな雰囲気の中に計算され尽くした落としどころを潜ませた短篇の数々。

幸せなラストで終わる作品はほとんどないけれど、様々な人間模様のなかに滋味が感じられる作品となっています。

手紙ひとつでこれほど人生を語れるなんて・・・著者の多才ぶりに感服。

1978年の作ということで今から40年ほど前の作品。

さすがにレトロ感は否めませんが、古き昭和の哀愁のある雰囲気も懐かしさを醸し出しています。

なにより作品のラストに用意された想像を超えたどんでん返しにワクワク感が止まらない秀作です。

どうぞ!

先日の夫の誕生日のこと。

 

音楽好きの夫のためにあらゆる分野の洋楽を入れてCD編集してくれた長男から、追加CDとUSBメモリとCDラジカセが送られてきました。

賢吾リスト


我が家には二台のBOSEがあり、それで夫とわたし、それぞれの好みの
CDを聴いているのですが、USBメモリが利用できない・・・というので長男夫婦から新しいCDラジカセがプレゼントされました。

 

あらかじめ送られてきたUSBメモリにはいままでのCDに入っている400曲以上の曲を入れてくれているのでメモリさえ差し込んでおけばエンドレスに流れます。

 

ということで前にも増して一日中さまざまな曲が流れ続けています。

 

よくこれだけ網羅しているな、というくらい。

 

さっきベートーベンの「月光」が流れていたと思ったら、キリテ・カナワが「Piki mai」を歌っていたり。

 

ビートルズもアバもカウント・ベイシーもエルトン・ジョンも!@@!

 

会話もままならないほど。

 

まあ、夫が気分よくいられてよかった!

 

平穏はこのやうなものことさらに記すことなきひと日が暮れる

 

 

ちいちゃんのかげおくり
さて本日はあまんきみこ氏著『ちいちゃんのかげおくり』のご紹介です。

 

 

なつの夜の くうしゅうで かぞくと はなれ、 ひとりぼっちで まちを さまよう ちいちゃん。 悲惨な戦争のかげに小さないのちをとじた 女の子のすがたを、静かに描いた絵本

 


読むたびに苦しくなるほど切ない作品。

 


小学校の教科書にも掲載されていて、みなさんもよくご存じの靜かなベストセラーなのでわたしの拙いレビューは不要の作品。

 

戦禍に親とはぐれたちいちゃんの短い短い一生。

 

著者はあえて具体的な時や場所を示していませんが、このようなことは今も世界のあちこちで絶え間なく起こっていること。

 

過去のわたしやあなたであったかもしれない。

そしてもしかしたら近い将来、日本でも再び起こるかもしれない。

 

 

著者のやわらかく素朴な文体の行間から零れるばかりの反戦への希いがまっすぐに伝わってきます。

 

長く長くバトンタッチすべき一冊です。

ぜひどうぞ!!

バチカン&スペイン広場46[1]

交はし合ふこずゑのあひより届きこしひかり彩なす甃道


熊本豪雨の死者が44人にも。

 

あれよあれよという間に死者数が増えています。


まだまだ安否不明や行方不明の方々もいらっしゃるということなのでどうなるか。

 

上流にダムがない日本最後の清流といわれていた球磨川。

 

荒れ狂う濁流の映像。

 

濁流に町が丸ごと呑み込まれる姿には住民のみならず息をのむ思い。

 

ただただ恐ろしい。

 

もっと機敏に速くに逃げられなかったか、という問いはこういった災害が起こると必ず耳にしますが、一瞬の躊躇とかすくみが明暗を分けるのだと想像します。

 

というか躊躇の隙も与えない襲い込みの速さ。

 

同様の浸水があった1965年の豪雨を体験したという人がインタビューに答えていらっしゃいましたが、今回はそれ以上、約2mの高さまで濁流が押し寄せてきて2階に避難して難を逃れたそうです。

 

 

岡山でも2年前の西日本豪雨の爪痕はいまだ残ったまま。

 

今日、倉敷市真備支所で追悼式が行われたというニュース。

 

岡山県ではこの西日本豪雨で災害関連死を含めて89人が亡くなり、今も3人の方が行方不明のままです。

 

仮設住宅で今も暮らしている人々は岡山県全体で2992人にものぼっているそう。

 

この豪雨を通して県では新しく建てる家は二階家以上を奨励していますが、資金不足や高齢のためという理由で元の場所に平屋を建てることを余儀なくされている人々がいます。

 

また起こるかもしれない可能性大の場所に何を好き好んで家を建てるのか、という声が聞かれますが、致し方ない苦渋の決断というのがわかって胸が痛みます。

 

安全なところからの目線での発言は正しいものだと思うし、わたしも意見を求められたらそう答えると思いますが、それぞれに事情というか更にいえば抗えない運命というものを一人一人がもっていることを思えばどうにもできない哀しさに胸がいっぱいになります。

 

この世にはそんなことがあまりにも溢れすぎている、と思いながら・・・今日も過ぎます。


亡くなられた方々のご冥福を心よりお祈りいたします。

 

 

 

 

ひと
小野寺史宣氏著『ひと』
 

 

たった一人になった。でも、ひとりきりじゃなかった。
両親を亡くし、大学をやめた二十歳の秋。
見えなくなった未来に光が射したのは、コロッケを一個、譲った時だった――。
激しく胸を打つ、青さ弾ける傑作青春小説!

 

2019年本屋大賞2位。

 


どんな内容かも知らずに図書館で手に取った本書。

 


いまどきこんな純な青年がいるんだ・・・まっすぐな生き方にもほどが
ある、そんな物語でした。

 


両親を事故と病気で相次いで亡くして天涯孤独となった主人公・
柏木聖輔

 

法政大学2年生、20歳の秋のこと。

全財産は150万円、奨学金を返せる自信はなく、自己判断で大学中退。

 

仕事を探さなければと思いつつ、動き出せない日々のある午後、空腹に負けて吸い寄せられた商店街の総菜屋で、買おうとしていた最後に残った五十円コロッケを見知らぬお婆さんに譲った。

 

それが運命を変えるとも知らずに……。

ひたすら主人公の人柄のよさが周囲の人々との温かい交流を呼び込む・・・負の連鎖ならぬプラスの連鎖に終始した物語。

ほのぼの系の物語ですが、人物描写にもう少し深みがあったら充実した作品になったのになぁ、と思える作品でした。

この閉塞感のあるころな禍に読むには適しているかもしれません。

よかったらどうぞ。

↑このページのトップヘ