VINのらんどくダイアリー

ご訪問ありがとうございます。 「一日一生」を銘にさまざまな人生を読書というツールを通して味わっていきたいと思っています。 響きこし言葉に貼れるさみどりの付箋そよぎて林となりぬ

PVアクセスランキング にほんブログ村

カテゴリ: 宮本輝

読書に関しては多読、乱読、悪食で無節操の私は周囲に呆れられるほどの速読ですが、そのときの心の琴線に触れた本に限っては丁寧に何度も読み返す癖があります。

また頑固にもあとがきから読むというスタイルを若い時から保っています。

夫にいわせると、私のそのスタイルは読書の邪道だということですが、聞いてみるとあとがきから読む人が案外多いのに驚かされます。

夫は手品の種明かしを見たあと、手品を楽しむようなものだといいますが、あとがきを託された同業者である作家や評論家の方々はそのような無粋な種明かしをして読者の楽しみを半減させるようなマナー違反をされる方はほとんどいらっしゃいません。


あとがきにより、よりその作品への期待感が膨らむのを味わう醍醐味を離せないというのが、私のあとがきに対するこだわりです。



今回もそんな魅力的なあとがきに惹かれて一冊の本を選びました。


宮本輝氏が編集された『わかれの船』をご紹介したいと思います。

さまざまな別れをテーマにした14人の作家の小品が選者宮本氏によって選ばれた作品集と銘打ったものです。

★山田詠美氏★伊集院静氏★林真理子氏★吉行淳之介氏★遠藤周作氏★三浦哲郎氏★田辺聖子氏★宮本輝氏★五木寛之氏★中上健次氏★連城三紀彦氏★向田邦子氏★A・チェーホフ氏★水上勉氏


宮本氏の下記のようなあとがきに惹かれて買い求めました。

「これら作品を一作一作味わっていくと、みずから選択したかに見える『別れ』も、生木を裂かれるような『別れ』も、憎しみの果ての『別れ』も、計算された小意気な『別れ』も、流されるままに別れるしかなかった『別れ』も、人間という謎めいた船が暗い水面に残す波に似ていることに気づく」


どんな人生にも必ず巡り来る耐え難く苦しい別れに備えて、心のよりどころになるような別れの教訓を期待して読み進めましたが、どの作品も『わかれの船』というタイトルにはふさわしいような内容とは思えず、選者宮本氏のミスマッチを感じてしまいました。


『わかれの船』に掲載されるのでなければ、それぞれ単独には読み応えのある作品群でしたが、タイトルにこだわる私はとても違和感を覚えてしまいました。


最終的には宮本氏によるあとがきが唯一タイトルにふさわしい情感ある内容だったという感想を抱きました。


本書のレビューから大きく外れて論外だとは思いますが、宮本氏のあとがきに出てくる「釈迦と子どもを亡くした女の逸話」には深く心を動かされました。

ご紹介します。

たったひとりの愛しい子どもを亡くした貧しく卑しい女が、死んだ子どもを生き返らせてほしいという一縷の望みを抱いて釈迦のもとにいきます。

釈迦は女の懇願を聞いて「よし、わかった、その子を生き返らせてあげよう」と深い慈しみをたたえて言います。

「ただし、条件がある。
この町の家々を訪ねて、香辛料を貰ってくることだ。
しかし、香辛料を貰うのは、ひとりも身近な者が死んだことのない家だけに限られる。
夫や妻や恋人や、親や子や兄弟などが、たったひとりでも死んだことのある家の香辛料は役に立たない」と。

女は香辛料が簡単に手に入ると考え、朝から晩まで訪ね歩きますが、一粒の香辛料も手にすることができませんでした。
愛する者と、あるいは身近な者との死別を経験しなかった人間など、ただのひとりもいなかったからです。

やがて日が暮れてきたころ、女は、愛する者との別離に悶え苦しむのは自分ひとりではない、ということを知ります。

生きとしいける者すべては、さまざまな別れから解き放たれることはないということを。

女は自分の赤ん坊を埋葬し、釈迦のもとに帰り、釈迦に帰依しました。


このあと宮本氏は次のように締めくくります。

「どんな言葉を尽くしても(哀しい別れを)表現できないからこそ、人間は『文学』などというものを発明したのだというのが、私の持論だ・・・
読者が、それぞれの別れの思い出の波に、このそれぞれの名篇を流して、それぞれの人生に滋味を沿えて下さるならば幸甚である」


長々書きましたが私はこのあとがきにノックアウトされたのでした。

夕食に使おうとジャガイモを取り出してみると、あちこちに芽が出ていました。

ジャガイモの芽には毒性があるということなのできれいに芽を取り除きましたが、本当に毒性があるのかどうか、気になって調べてみました。


グリコアルカロイドというのが毒性の正体で、正常なジャガイモにも0.02%ほど含まれているそうですが、これは1度に食べる量としては問題ないということでした。

でも緑化したジャガイモや芽には正常のジャガイモの20~40倍のグリコアルカロイドが含まれているので要注意だそうです。


グリコアルカロイドの致死量は、成人体重1kg/3~5mgで、成人が200~350mg摂取すると中毒を起こしたり、死に至ることもあるそうです。


緑化ジャガイモや芽が出たジャガイモには注意しましょう。

      http://www.geocities.jp/a5ama/e045.html



さて今回は宮本輝氏『幻の光』をアップしたいと思います。  


本書は宮本氏が1978年に『蛍川』で芥川賞を受賞した後の作品で、1995年には是枝裕和監督により同名で映画化され、その独特の抑制された映像で話題になりました。


ヴェニチア国際映画祭金のオゼッラ賞を受賞、主演の江角マキコさんはこの映画で日本アカデミー新人賞を獲得されました。


時間が止まったような長回しのカメラアングル、全体を抑えたモノクロのような映像、そして舞台となる尼崎の主人公の孤独を反映するような雑踏、厳しい冬の能登半島、そのひとつひとつが主人公の心を写しとる鏡のような役割を与えられ、密かに息づいている、そんな仕上がりになっています。


原作を超える映画はないといわれていますが、作者の思いをかなりの精度で伝えているすばらしい作品になっていると思いますので、機会があればご覧になってください。



物語は主人公ゆみ子の亡き夫への語りかけで流れていきます。


「きのう、わたしは三十二歳になりました。
兵庫県の尼崎から、この奥能登の曾々木という海辺の町にとついできて丸三年が過ぎたから、あんたと死に別れて、かれこれ七年にもなるんです・・・
雨上がりの線路の上を、背を丸めて歩いていくあんたのうしろ姿が、振り払うても心の隅から浮かんでくるのや」


小学校6年のとき知り合った2人は貧しい境遇の中、子どもも生まれ、親子3人精一杯の幸せで肩を寄せ合って暮らしていました。


そんな永遠に続くと思っていた平凡な日常の連鎖がある日突然、夫の鉄道自殺によって断ち切られてしまいます。


その日以来、電車に背を向けて線路を歩いていく夫の姿が振り払っても振り払っても胸の奥にとぐろを巻き、底なしの暗い焔となってゆみ子を捉えて離さなくなります。


奥能登の曾々木での平凡な幸せな生活の中でも、常に渦巻く喪失感と「なんで死んだん」という底なしの悔しさに地団太を踏む主人公の内面を映し出すような能登の海の厳しい自然を伴走させて描いている筆致はすばらしいものです。


著者が『錦繍』で主人公に語らせた「もしかして生きていることと、死んでいることは同じかもしれない」というテーマを彷彿とさせるものがこの物語にも感じられます。


「なんで死んだんやろ、なんであんたは、轢かれる瞬間までひたすら線路の真ん中を歩きつづけたんやろ、いったいあんたは、そうやってどこへ行きたかったというんやろ」



「人間は、精が抜けると、死にとうなるんじゃけ」

新しい夫の答えによって、人間には精を抜いていく病気があるんやと考えるようになります。


春も盛りになり、濃い緑色に変色してきた曾々木の海に時として幻にも似た光を見ることがあります。

「ひょっとしたらあんたも、あの夜レールの彼方に、あれとよく似た光を見てたのかもしれん」

生と死の間で揺らめく幻の光に吸い込まれない人生を手探りで歩みだした主人公の日常の1コマでこの物語は終わりを告げます。



この作品を評して「読み終わったあと、救いというよりも明るさを感じた」とおっしゃった水上勉氏は、著者との対談で宮本文学を次のように語っておられます。

「灰色を一面に塗っておいてから人物や風景を書き始めるあなたの作法は、あなたの語りの原点の1つです」

水上氏の言葉に宮本文学の全体像が見えてくるようです。

身のまわりにいくつもの「秋」を感じる季節になりました。

秋を詠った古今東西の詩歌をいくつか思い出しました。


以前百人一首に秋を詠んだ歌がいくつあるか数えたことがあります。
確か10首以上あったように記憶しています。


「秋の田のかりほの庵の苫をあらみ我が衣手は露にぬれつつ」(天智天皇)

「おく山に紅葉ふみわけ鳴く鹿の声きくときぞ 秋は悲しき」(猿丸太夫)

「月みれは千々にものこそかなしけれ我身ひとつの秋にはあらねど」(大江千里)


フランスの詩人ベルレーヌの「秋の歌」は上田敏氏の訳で有名になりましたね。

秋の日の ヴィオロンの
ためいきの 身にしみて
ひたぶるに うら悲し。

鐘のおとに 胸ふたぎ
色かえて 涙ぐむ
過ぎし日の おもひでや。

げにわれは うらぶれて
ここかしこ さだめなく
とび散らふ 落葉かな。



最後に若山牧水の「白玉の 歯に染みとおる 秋の夜の 酒は静かに 飲むべかりけり」、

秋の夜の情景が目に浮かぶようで私の好きな歌のひとつです。



さて今回は宮本輝氏「錦繍」です。    

                 
「前略 蔵王のダリア園から、ドッコ沼へ登るゴンドラ・リフトの中で、まさかあなたと再会するなんて、本当に想像すら出来ないことでした」 

このような書き出しで始まる「錦繍」は恋愛小説珠玉の一遍として多くの人々、特に若い人々に感動を与えてくれました。


ある事件をきっかけにお互い心を残しながら若さゆえに離婚という運命に押し流されてしまったふたりが、紅葉燃えさかる蔵王での運命的な再会から始まった往復書簡を通して、10年という心の空洞を少しずつ埋めていくというのが簡単なあらすじです。


著者宮本輝氏は太宰治賞受賞作「泥の河」、芥川賞受賞作「蛍川」などでおなじみの関西在住の作家です。  

TV化、映画化された作品も多々ありますね。


本来細やかな感性を謳いあげた作品は私の好きな分野ではありませんが、比較的初期の作品「星々の悲しみ」や「五千回の生死」、「幻の光」にきらめく感性の密やかな発光が感じられて心惹かれるものがありました。


恋愛小説は私の最も苦手とする領域なので、戸口でシャットアウトしてしまうのが常ですが、「錦繍」は舞台が香枦園、舞鶴など私にとって身近だったこともあり、手に取ったのでした。


読み進むうち、作りごとの恋愛小説の真髄、作りごとゆえのあまりにも純粋な要素に埋没してしまいました。 


片方ではロマンティスト宮本氏が書かせたあまりにセンチメンタルな2人の手紙の数々に反発や食傷する自分がいながら、片方では物語の世界にしっかり嵌まってしまった自分がいたことを告白します。


作品の中で主人公亜紀に語らせた「生きていることと死んでいることは、もしかしたら同じかもしれない」という言葉こそが著者が最も表現したかったことではないでしょうか。


対極をなす「愛と憎しみ」、「出会いと別れ」、「生と死」、「過去と未来」などの2極間でたゆとう人間のはかない人生ゆえに、宇宙の不思議なからくりの中で今を力いっぱい生きよう、というメッセージが伝わってくるような気がします。


現在→過去、過去→現在、そして現在→未来への広がりを見せて見事に完結させている14通の往復書簡、また氏が傾倒しておられるモーツァルトのシンフォニーを主人公のこころを投影するような心にくい配置で織り込まれているところなど、さすがの物語の書き手だと改めて感じました。

私も改めて39番、40番、41番を聴いたひとりです。


久しぶりに自分が失ったはずの繊細な感受性に触れた作品となりました。

↑このページのトップヘ