VINのらんどくダイアリー

ご訪問ありがとうございます。 「一日一生」を銘にさまざまな人生を読書というツールを通して味わっていきたいと思っています。 響きこし言葉に貼れるさみどりの付箋そよぎて林となりぬ

PVアクセスランキング にほんブログ村

カテゴリ: 田辺聖子

秋空

信号を待つ束の間をストレッチ台風一過秋天高し



ペペことムヒカ元ウルグアイ大統領が政界引退を発表されましたね。

 

85歳。

 

若いころ都市型極左武装ゲリラの創設メンバーだったペペ。

 

逮捕や拷問、13年間の獄中生活も経験されたが、大統領になってからの言動一致の自然と共存した清貧の暮らしぶりやその温かい人柄が全世界の人々の心を掴んでいました。

 

憎しみは愛のような炎だ。

愛は創造的だが、憎しみは我々を滅ぼす。

私の庭では、もう何十年も憎しみは育てていない。

 

貧乏な人とは、少ししか物を持っていない人ではなく、

無限の欲があり、いくらあっても満足しない人のことだ

 

若者たちに伝えたい。

人生の勝利とは、金を稼ぐことではない。

倒れても、何度も立ち上がりやり直すことだ。

 

ペペ、ありがとう、とつい語りかけたくなるような大きな愛を感じさせる包容力豊かな笑顔。

 

ご夫妻、そして愛犬のマヌエラとともにお元気で末永くお幸せでいてほしい。

 

 

オムライス
田辺聖子氏著『オムライスはお好き?』
 


窓際族とさげすまれ、女房、子供にいびられる中年男は卵料理に生きがいを見いだした。

シブチンでええ格好しいの妻、親爺を煙たがる子供らに囲まれて、孤独で寡黙なお父さんの胸の中の呟きが、おかしくて哀しい表題作。

やっと建てたマイホームを女房一族に占領され、挙句の果てに転勤命令。

愛家家の悲哀を描く「かたつむり」他、男権弱化の世の中で夕暮れを迎えた男女の甘くも苦い極めつきの7編

 


こんなコロナ禍の閉そく感のただ中で読むにはもってこいの作品。

 

四十代の少々くたびれた中年男のちょっとしたため息まじりの心の内を描いた7篇の物語。

 

何度読んでも、あるある悲哀の中にほのぼのも感じさせて一服のほうじ茶のような雰囲気。

 

駆け引き巧みなOLを描いても、はたまたちょっと生活と仕事に疲れた中年男を描いてもおせいさん色が冴えています。

 

現実にOL時代が長かったというその貴重な経験を通しての観察眼の鋭さには舌を巻いてしまう。

 

男たちの悲哀はもちろん現代にも通用する内容ですが、やはり今に置き換えると十年ほどプラスして読むといいかもしれません。

 

四十代が主のサラリーマンが主人公ですが、長寿年齢が伸びた今、プラスして五十代と考えるとぴったりくるような。

 

家族や仕事などたくさんの重荷を背負った男たちの丸まった背中にただよう哀愁、そしてそのため息の中にあるユーモア。

 

登場人物の間で交わされる大阪弁の間合いも絶妙。

 

古い作品ですが癒しにどうぞ。

さくらさくら留美子

京都御苑 八重桜 御衣黄

緊急事態宣言が延長されましたね。


これからウイルスに大敵といわれる気温も上昇してきていますが、第二、第三の波がやってきて、秋口にも勢いが復活する可能性を指摘されると先が見えない不安に打ちひしがれます。

 


我が家の子どもたちは全員関東、東京と神奈川に住んでいるので、近い将来罹患する可能性も高そうで心配は絶えません。

 

 

東京在住の次男に2週間ほど前赤ちゃんが誕生したということもあり、余計心配が募ります。

 

赤ちゃんは母親の免疫を引き継いでしばらくは病気の心配はないというものの、新型コロナの免疫はないので罹患したらどうなるのか・・・

 

我が家だけでもこのような事情がありますが、病気や、経済的な困窮など、もっともっと大変な事情を抱えていらっしゃる方々がいると想像すると、一日もはやく特効薬とワクチンができることを祈るばかりです。

 


今日アップした桜の写真は短歌の友でもある京都在住の
RMさんが送ってくださったものです。

 

京都御所の八重桜と御黄衣桜。

 

あまりに見事なのでブログにアップさせていただきました。

 

RMさん、ありがとうございました(^^)

 

 

 

あかん男
田辺聖子氏著『あかん男』
 

 

奥ゆかしくてやさしい、デリカシイがあっていじらしくもある。もののあわれを解し、思いやりがあり、そのうえ、夫をいたわる心づかいもあわせ持っているニッポンの女を求めてさすらう禿げの中年男の淡い希望と嘆きを描いた表題作「あかん男」。ほかに、田辺文学の心髄を示す好短篇「プレハブ・パーティ」「ことづて」「へらへら」「さびしがりや」「狸と霊感」「かげろうの女」6篇を収録。人生の悲喜劇をたくみなユーモアにつつんで語り、ほろりと涙を流させる、かと思えば、クスクス笑いを誘わずにおかない傑作集

 

35歳・独身の貞三は奥ゆかしくやさしい「ニッポンの女」を追い求めて20回も見合いをしたが、いまだ結婚相手は見つからない。
そうこうするうち甥に先を越され、会社では女の子に見向きもされぬが、見果てぬ夢を追い続ける中年男の悲哀を描いた「あかん男」

◆阿倍野のバー「シドニー」の常連たちがヌード晩餐会なるものを目指して山奥のプレハブに集ったものの一枚も二枚もうわての女たちによってさんざんな目にあう「プレハブ・パーティ」

◆団地の隣人同士、夫に逃げられた妻と妻に逃げられた夫が駆け落ちした2人を探すうちお互いに惹かれていく様子を描いた「へらへら」

◆神戸水害で前妻とその連れ子を亡くした男の悲哀を描いた「さびしがりや」


田辺氏の作品はほとんど読んでいますが、ずっとずっと以前読んだこの作品がどの作品よりも好きで、もう一度味わいたいと思い、長い間探していました。

こんなところに隠れていたんですね。

この小品の主人公である脚の悪い和服の仕立て屋・文治の心根のしみじみしたやさしさに胸を衝かれるほどの温かさに忘れられない作品としてずっと心に残っていました。

何度読んでもじんわりとあたたかくなる作品。

本書にはほかに3篇の短篇が収録されていてどれもやわらかい大阪弁が地味を醸し出す作品になっています。

 

著者の人間に対する目線のあたたかさがしみじみとわかる作品ばかり。

 

やはりおせいさんはいいな~。


yjimageSVUINIG0

ベランダの花オクラの花が終わってしまった・・・


 

晩夏から初秋にかけて随分食卓を賑わしてくれました。

 

酢の物、お浸し、サラダ、天ぷら・・・生ハムとチーズと巻いたり、パスタにも入れたり。

 

淡黄色の花びらが美しくてひと皿が引き立つ感じ。

 

アオイ科トロロアオイ属に分類されるオクラの仲間

 

別名はトロロアオイというそう。

 

オクラと同じネバネバとした食感があるのが特長・・・ルチンが豊富そう

 


元は友人の花オクラさんの畑が実家。

 

 

種を収穫したので来年を楽しみにしばらくお別れです。

 

 

 

 


さて本日は田辺聖子氏の「乃里子三部作」をまとめて。

IMG_3886田辺聖子氏著『言い寄る』『私的生活』『苺をつぶしながら』 



乃里子、31歳。フリーのデザイナー、画家。自由な一人暮らし。
金持ちの色男・剛、趣味人の渋い中年男・水野など、いい男たちに言い寄られ、恋も仕事も楽しんでいる。
しかし、痛いくらい愛してる五郎にだけは、どうしても言い寄れない…。(『言い寄る』)

財閥の息子の剛ちゃんと結婚した乃里子。
高台のマンションで何でも買える結婚生活は、しかし「私」の生きる場所ではないと気付いていく。(『私的生活』)

剛との結婚解消とともに中谷財閥からも解放されて、仕事も友情も取り戻した乃里子。
 一人暮らし以上の幸せってないんじゃない? 、すべての女性に捧げる最高傑作。(『苺をつぶしながら』)」

 




著者・田辺聖子氏をして
「私、この作品を書くために生まれてきたのかもしれへんわ」とまで言わしめた代表作


今でも密かなベストセラーとなっている氏の「乃里子シリーズ」第一作は
1973年「週刊大衆」の連載としてスタート、1982年第三作目が刊行。

 

随分昔に読んだ覚えがあるもののこのブログにアップした記憶がなくて、あらためて検索しましたがレビューを上げていませんでした。

 


短歌教室の大先輩のアンさんが最近読まれたというコメントを拝見して、三冊一気読み。

 

まとめて読んでこその味わい(^.^)

 

再読とはいえ、あらためて著者の眼力の凄さを実感しました。

 

やはりお聖さんはすごいな~!

 

今でこそ当たり前となっている女性の生き方。

 

女性の自立と性をこんなに感性豊かに描けるなんて・・・しかも1970年代後半に

 


フリーランス
デザイナーの乃里子がヒロインの三部作。

 

一作目は主人公の片思いと恋の駆け引き。

二作目は主人公の結婚生活。

三作目は主人公の離婚後の再びの自立。



やはり圧巻は二作目の結婚生活の始まりから終焉に至るまでの主人公の心の変遷。


日々の小さな小さな感情の行き違いの積み重ねから離婚に至るまでの主人公・乃里子の心の綾を描いて秀逸です。

 


今から
40年ほど前の30代の女性ってどうだったんだろう。

 

著者の言葉を借りればハイミスということになるだろうけど、乃里子にはまったく当てはまらないほど自由闊達な女性。

 

魅力的で金持ちの剛との結婚生活はそれなりにばら色のときめきもあったけれど、唯一自分を全開放できなかった乃里子の微妙な心の揺れが描かれています。

 

離婚というひとつの別れを通してより自由と自立のすばらしさを知った乃里子35歳のその後・・・40代、50代も知りたいと思わせる三部作でした。

 

第二作目『私的生活』の含蓄のある著者のあとがきの一部をご紹介して終わりとします。

私にとって男と女の関係は尽きぬ興味の源泉である。                     それも波瀾万丈の運命よりも、日常のただごとのうちに心がわりしてゆく、という、そのあたりのドラマが私の心を惹きつける・・・                                愛の生活、などという卑小なものは、小説にとりあげるに価(あたい)しない、という考え方もあることだろうと思う。                                       しかし、もと愛し合っていた、あるいはやさしくし合っていた男と女のあいだに、冷たい言葉がはじめて出たときの衝撃は、世界のどんな大事件にも匹敵する。                    もしまた、片方が夢にも思っていないとき、片方がそういう言葉で傷つけたとすれば、これは犯罪にひとしい。                                          しかも普通の犯罪とちがって、愛の問題におけるそれは、誰も裁くことができないから、むつかしい

yjimageIUHAS1IC

ある年のひな祭りの前、お雛様を飾りながら急に浮かんできた
1首を詠んでみたのをきっかけに短歌を始めて1ヶ月ほどたったころのこと。

 

結社の意味もわからず、ただやみくもに作ってもなぁという心もとなさがあったのでネット検索していたらフリーに添削指導をしてくださるという師のHPに行き着きました。

 

超結社という感じの教室には全国から多くの歌友の方々が集っていて和気藹々と師の学びを受けておられるようでした。

超がつく初心者のわたしでも受け入れてくださるだろうか、と恐る恐るメッセージと簡単なプロフィールを送ったところ、快く歌友の端に迎え入れてくださいました。


今から5年ほど前の僥倖。


短歌は一行に連ねて書くということも知らず、新仮名と旧仮名の違いもわからかったわたしに一から約束事や旧仮名を教えてくださり、曲がりなりに旧仮名でたどたどしくも詠めるようになったのはひとえにその師のお陰。

一点集中型のわたしはそれを機に師や他の歌人の歌集や解説書をやみくもに読んで、年齢的に遅い出発の遅れを取り戻そうと必死だった数年。

振り返ると何のために??と自分の意味不明の集中度に苦笑してしまいますが、飽きっぽいわたしが5年間続けてこられていることが不思議な現象でもあります。

師の教室でわたしにとって特に魅力的なのは師のコメント。

某国立大学の工学部の名誉教授でもあられる師の知識の広さが半端なく、わたしだけでなく他の歌友の方々へのコメントもわたしの学びの糧となっています。

さまざまな背景の歌友の方々が集まっている教室。

それぞれの背景を踏まえてあくまでもその心情に添うスタンスをもって接してくださる師の心の許容量の大きさにいつも感動してしまう。

先日もある歌友の方へのコメントが心に沁みました。

以前、師の政情へのコメントをブログにアップする許可をお願いしたとき、快く了解していただいたという経緯がありますが、今回は要約を記しておきます。



「宇宙開闢という奇蹟中の奇蹟と、それ以来の星や地球の生成、生命の誕生など無数のあり得ない奇蹟の累積の上に今のわたしたちの存在がある」というもの。


だから「いのちほど尊いものはありません」と続きます。




こういうコメントを読むとしみじみ今生きていることの奇蹟を感じるのです。

 

518Z-rIdKbL._SL500_[1]さて今回は田辺聖子氏著『楽老抄Ⅱ あめんぼに夕立』のご紹介です。  


老いは、嫌忌・排斥すべきものではなく、それの楽しみ、または楽しみかたを知る機縁になる。                                             老いればこその、人生の楽しみかたもきっとある。                     ただしいことはやめてたのしいことだけ、しようと思う―。

身近な俗事や世間のうわさ、とりとめもなき感慨を昭和党のみんなと酒を酌み交わしながら語り合う至福。

女のおっさん』『怪っ体な若者』『可愛げ等、ユーモアと飄々とした優しさがしみる極上エッセイ集」 








今年の
6月に91歳で旅立たれた著者。

 

 

本書は共棲みだった”カモカのおっちゃん”こと川野純夫氏を見送ったあと、中日新聞に3年間連載していたエッセイを一冊にまとめたもの。

 

 

気心の知れたご近所やら友人らの呑べえたちが夜な夜なおせいさんの居間に集まっては酒盛りしながら世情談義に花を咲かせていて楽しそう・・・参加したいな~と思わせるエッセイのてんこ盛り。

 

何といっても「老い」の捉え方が秀逸。

 

のっけからのけぞってしまう。

 

ある短編集の解説を担当されたわかぎゑふ氏につけられたあだ名が”女のおっさん”。

 


わかぎゑふ氏は中島らも氏亡きあとの
劇団リリパットアーミー座長であられる。



このわかぎ氏も長くけったいな人の代表格であるらも氏と劇団を共にしていて、いうなればけったいな人という印象。

そのわかぎ氏につけられた”女のおっさん”を当のおせいさんは大いに気に入ったという。

 

”女のおっさん”・・・これは、なろうと思って、なれるものではない・・・

人生を長く生き、そこばくの信条を懐抱しなければ”女のおっさん”になれない。

 

それは何か、というと、人間、何のために生きるかということなど、もはや考えたりしない、というもの。

 

〈ただしいこと〉はやめて〈たのしいこと〉だけ、しようと思う。

一字ちがいでえらいちがいだ。

 

嫌いなモノ・ヒトはなるべく避けるが、それを言挙げしない。

 

すれば角が立ち目立つ。

 

腹を立てるのも目立つから避ける

 

 

いまだ自分の存在について懊悩しているわたしはまだ青すぎて”女のおっさん”にはなれそうにないけど、ここ数年のうちに目指そうと思う。

 

本書のタイトルのつけかたも秀逸。

 


〈昭和党〉というあだ名の飲み友達との会話。

 

 

・・・色気があるねん”未亡人”には・・・後家よりも、はるかに男心をそそる夢があるねん。

”未亡人”いう言葉に漂う、そこはかとなきお色気と慕わしさ。

おせいみたいに“蛙の面に小便”というような厚かましいのは“後家”やろが何やろが関係ないわいや」

 

そこでおせいさん・・・

 

蛙の面に小便といかなくても、私、あめんぼに夕立、ぐらいかしら。

よってこのエッセーのタイトルはそれにきめることにする。

 

  

最初のさわりだけでもこれだけの噴火。

 

大阪弁の滋味がふんだん、そして語彙のなんとも豊富な文章。

 

「日本語論」での薀蓄にはうなずくこと多々。

 

全篇通してただようユーモア。

 

あとはどうぞ手にとって味わっていただければと思います。

九州がたいへんな状況ですね。

1年前の当地・真備の再現のような災害。


自然の脅威に抗うことのできない文明社会の脆弱性を思わずにはいられません。


遺伝子操作までできるほど科学が発達しているのだから、台風や豪雨を中空あたりで消し去ることができる手立てはないしょうか・・・などとバカな考えを抱いたり。


鹿児島といえば昨年のちょうど今頃知覧を目的として霧島や指宿あたりを車で走ったので地形が目に浮かびます。


それに加えて今依頼されている短歌結社の季刊誌に載せる原稿関連。


斎藤茂吉の歌論についてなんですけど著者である歌人のお住まいが霧島連峰の山麓だったので思わず地図で確認しましたが、よくわからない・・・。


ご著書の末尾に住所と電話番号が記されていましたが、まさか唐突に見ず知らずの私が電話をかけるわけにもいかず・・・。


どうか被害に遭われていませんように、と祈りながら原稿を書いています。





さて本日は田辺聖子氏著『休暇は終った』です。


「好き、という言葉には、幾通りもの意味がある。
私に惚れてる男の子、八つ下の類。
彼といると、とても呼吸がしやすい。
晩に帰ってくるまでの孤独―それは私のお気に入りの時間」


先ごろ91歳でお亡くなりになられたお聖さん。



懐かしいな~。


カモカのおっちゃんシリーズや姥ざかりシリーズ、ハイミスシリーズなど手当たり次第読んでいた時期がありました。


ある年代以降は「姥ざかり」シリーズが特にお気に入り。



1981年から1993年までの間に 『姥ざかり』、『姥ときめき』、『姥うかれ』、『姥勝手』と4冊刊行、次を首を長くして待ち望んでいましたが、夢は叶わず。


そのあと刊行された 『ひねくれ一茶』は吉川英治文学賞を受賞されましたが、あるご縁で著者直筆の『ひねくれ一茶』をいただいたことがあります。


私の宝ものとして大切にしています。





さて本書。

主人公は31歳のハイミス。


今どき31歳をハイミスなんて表現したらどこの化石人?なんてことになりそうですが、これはムカシムカシの物語。


31歳独身・悦子と、8歳年下ヒモ男・類のひと夏の物語。


学校も仕事もいっさい長続きしない自称チュータイストの類。


あるきっかけで少女小説家である悦子のところに転がり込んできた類。


チュータイストでヒモ体質ながら可愛げのある類とそれなりに楽しい日々を過ごしていた悦子。


その類に振り回されている男やもめの父親である入江とあるきっかけで会うようになって急速にオトナの入江に惹かれるようになった悦子。


簡単にいえば、若い男とオトナの男の間で揺れ動く主人公がある決意のもと2人の前から姿を消すまでのひと夏の物語ということになります。


「あんたといると面白うて、楽しい。
それが一ばん大切とちがいますか。
幸福な人生を送った男はたくさんいますよ。
しかし、面白い目を見た!とひとり笑いして棺桶へはいった奴は、めったに居らへんのやから」


オトナの入江にこんな殺し文句をいわれて、揺れ動く悦子。


こんなセリフを東京弁でいわれたらキザの最たるものだけど・・・。


お聖さんの描く関西弁は心をくすぐります。


若い類との恋愛ごっこも悦子の視点から相当おもしろく描かれていますが、彼の父親とのオトナの会話もかなりな深い滋味があります。


やはりお聖さんは巧いなぁとあらためて思った読後感でした。

夫と私の数少ない共通点のひとつ。

それは寝る前に本を読むこと。

図らずも結婚当初から同じようだったので当たり前のように思っていましたが、友人知人の夫婦の形態を通して知ったのは、寝る前に本を読むという習慣がない人のほうが多いらしいということ。


夫も私に勝るとも劣らないほど本好きですが、私と違って図書館派ではなく、積読本がなくなったら、「麻薬が切れた!」と本屋へ直行するので駄本がたまるたまる(――;)


それに加えて悲しいことに2人の読書傾向は水と油で一致することが全くないという不幸。


夫がいくら本を溜めても私は読まないし、私の感動本に手を出すことのない夫。


不経済な夫婦です。


こんな親を見てかどうかわかりませんが、子どもたちもある程度本を読むようですが、それぞれ多忙の年代なので暇がなさそう。


中でも次男がいちばん本が好きそうですが、今は読む暇は皆無とか。


先日1泊した次男の狭いマンションはものに溢れていて、足の踏み場がなく、友人知人から汚部屋といわれているそうですが、小春のゲージの周り、ところかまわずあちらにもこちらにも本と衣服の山。

崩れそう・・・というかもう崩れています。

その他テレビがなく、DVDで映画を観るのが癒しとかで特注のDVD専用の棚。

b8ba84aa.jpg
     21491eb7.jpg



いやはや・・・というほどの雑然ぶりでした(――;)

片付けるなということで我慢しました・・・けど・・・。





本日は田辺聖子氏著『おいしいものと恋のはなし』のレビューです。


「見ないようにしていた、心の奥のせつない気持ち。
そばにいても気づかなかった、好きなひとの意外な表情・・・・・・恋するときの様々な感情を思い起こさせる、珠玉の作品9編を収録。恋人たちの食卓に並ぶのは、ねぎ焼きやぶどう、深夜に食べる禁断のステーキなど。
読むだけで心も満たされる“おいしいもの”がもりだくさん。
恋にまつわるあれこれと、“おいしいもの”がギュッとつまった、田辺聖子アンソロジー」



お聖さんの独壇場ともいえる大阪を舞台の1975年~1998年までに出版された短編集の中から選ばれた9編。


「ハイミス」や「お見合い」など今や死語となったフレーズが登場してさすが時代を感じさせる内容でしたが、いつの時代にも変わらない女心を描いてしみじみとした雰囲気を醸し出しています。


登場人物たちが使う関西弁の放恣な中にあるあたたか味に心が癒されます。


お聖さんの筆にかかると、失恋も恋の争奪戦もなんだか芯に温かい人間味が感じられて心にポッとささやかな灯がともるような読後感です。


ただタイトルに期待したほど「おいしいもの」のお話があまり出てこなかったのが残念といえば残念でしたが、それは著者の別の作品に有り余るほど描かれているのでよしとしましょう。


最後に「担当編集者からオススメの一言」

「恋にまつわるあれこれと“おいしいもん”がギュッとつまった短編集。せつない大人の片思いから、夫婦のてんやわんや、ユーモラスな生活ぶりまで、様々な“恋のかたち”がここにあります! 
彩りを添えるのは、大阪らしいねぎ焼きから、夜中に食べる禁断のステーキ、ほんのり苦いチョコレートまで。読むだけで心いっぱい、恋する気持ちで満たされる、そんな1冊です」

↑このページのトップヘ