VINのらんどくダイアリー

ご訪問ありがとうございます。 「一日一生」を銘にさまざまな人生を読書というツールを通して味わっていきたいと思っています。 響きこし言葉に貼れるさみどりの付箋そよぎて林となりぬ

PVアクセスランキング にほんブログ村

カテゴリ: 東野圭吾

未曾有の犠牲者を出した豪雨から三夜過ぎて嘘のような青空。


急に暑さが戻ってきましたが、豪雨被害にあった地域の方々はこれからがより大変だと想像します。


当地の西に位置する真備の被害状況がすさまじくテレビ報道を通してただ眺めるだけのジリジリした状態が続いています。

 
どうぞこれ以上被害が広がりませんように。




この災害が起こる少し前、牛窓の「瀬戸内美術館」に愛媛県松山市の「セキ美術館」から名画の貸し出しが展示されていると聞き、絵画仲間と観にいってきました。


松山市の道後温泉近くの閑静な住宅街の一角にある「セキ美術館」には一度行ったことがあります。


「子規記念館」のすぐ近く。



平成9年に開館した「セキ美術館」は印刷業を興した関定氏の子息にあたる関宏成氏が私財を投じて作られたそうです。


近現代の巨匠の作品約350点を年間を通じて入れ替えて展示しています。



今回はその「セキ美術館」から小磯良平・加山又造・ロダンの作品を中心に東山魁偉・平山郁夫・藤田嗣治・三岸節子・国吉康雄・梅原龍三郎・須田国太郎などセキ美術館の誇る日本画・洋画の作品を78点展示していて見ごたえがありました。 



展示の絵のこともさることながら、関氏のように小さな私設美術館を開放して買い集められた絵を広く市井の人々に見てもらう・・・資産の使い道としていいな~と。


大王製紙の会長だった御曹司がカジノで100億円以上のお金を使い果たしたという話題もありましたが、お金の使い方って本当に大切だと思いました。


お金に余裕があり贅を凝らした生活をしている人々をみると、不遇な人々に分けてあげてほしいといつも思ってしまいます。


昨日、yahooニュースを見ていると、このたび記録的な豪雨で甚大な被害が出た当地の倉敷市に、ファッション通販サイト「ZOZOTOWN」を運営する「スタートトゥデイ」が避難者用に衣類など約7000点を提供すると発表されていました。


スタートトゥデイの社長・前澤氏の決断だそうですが、前澤氏といえば昨年サザビーズのオークションでジャン・ミシェル・バスキアの作品を史上最高落札額の123億円で落札されたという話題がありましたね。


現代アートコレクターとしても有名だそうで、バスキアのほかにもアンディ・ウォーホールやロイ・リキテンスタインなどの作品を所有されているそうです。


生地の千葉に建設予定の美術館に飾るそうですが、バスキアの作品は一時期前澤氏が設立した公益財団法人現代芸術振興財団が主催する「第4回CAF賞入選作品展覧会」(東京・代官山)に登場していたそうです。


代官山に住んでいる娘が帰宅途中、道路に面したところに道行く人々が鑑賞できる状態で展示されていてびっくりしたと話していたことを思い出しました。


なんと太っ腹!





さて今回は東野圭吾氏著『人魚の眠る家』です。 


「娘の小学校受験が終わったら離婚する。
そう約束した仮面夫婦の二人。
彼等に悲報が届いたのは、面接試験の予行演習の直前だった。
娘がプールで溺れた―。
病院に駆けつけた二人を待っていたのは残酷な現実。
そして医師からは、思いもよらない選択を迫られる。
過酷な運命に苦悩する母親。その愛と狂気は成就するのか―」


プールでの事故により脳死状態になってしまった6歳の娘・瑞穂。


医師を前にして一度は脳死を受け入れて脳死判定、それに続く臓器提供に応じようとしましたが、その間際に瑞穂の指が動いたような気がして、延命措置を続けることにした薫子と和昌。



障害者のための機能補助をする機器の研究をしていた和昌からの情報を通して、薫子は懸命に瑞穂を蘇らせようとします。


脳死のまま安定した瑞穂を在宅で介護する薫子は周囲を巻き込んですさまじいばかりの執念で瑞穂を生ある人間として扱います。



一線を超えたかにみえる薫子の行動のすべてに肯定することはできませんが、自分がまったく同じ立場になったとき、薫子の行動を常軌を逸したと言い切れるか否か、と自問しながら読みました。



温みもあり髪の毛も爪も伸びる、体重も増える・・・そんなわが子をもう死んだものとして扱うことができるか?


難病で臓器移植のみが命を繋ぐ道と、臓器移植を待ち望んでいる子どもたちに提供できるだろうか?



理性ではもう助からないとわかっているわが子の体の一部が他の子どもにバトンされて命が繋がっていくというのはすばらしいことと理解していても諦めて臓器提供を決心するのはかなり難しいことと想像します。


「うちの家にいる娘は、患者でしょうか。それとも死体なのでしょうか」


わが子の生に一縷の望みを託してロボットのように瑞穂の動作までをコントロールする薫子の行動を通して苦悩する和昌が担当医に尋ねた言葉です。


「この世には狂ってでも守らなきゃいけないものがある。そして子供のために狂えるのは母親だけなの」


一方、薫子の言葉は母親ならではの靭さをもって真向かってきます。


父親と母親の違いだけでなく、脳死という重い問題に挑んだ著者の勇気にも敬意を表したいと思います。

月2回参加している歌会の歌友のおひとりに鳥にとても詳しい男性がいらっしゃいます。

短歌を始める前はほとんど鳥に関心がなく、カラス、うぐいす、すずめ、つばめ、鷺などほんのわずかな周辺の鳥しか知らなかったのですが、そのTさんの詠まれる短歌はほとんど鳥が題材になっていて、それに派生して今まで知らなかった鳥に関する知識もたくさん伝授していただいています。

Tさんに聞いたところ当地でもゆりかもめがそろそろ飛来しているということで、先日ゆりかもめに会いに夫と車を走らせました。

後楽園に近い橋付近の旭川にたくさん見られるというネット情報を頼りに探しましたが見られず、港の方まで車を走らせ、やっと河口付近の岸壁にたくさんのゆりかもめを発見!

dc0f4ba7.jpg


67c7b1a5.jpg

冬の波ひかる河口にゆりかもめ朱きくちばし並べて憩ふ

思わず走りよったところ、数羽は驚いて飛び立ちましたが、すぐ舞い戻ってきてちょこんと岸壁に整列したのがとてもほほえましくしばらく見つめ合っていました。

夜は大きな池や中洲、海上などを塒とするらしく夕刻にはいなくなるそうです。

京都の鴨川に飛来するゆりかもめは夕方になると比叡山上空を通過し、琵琶湖で夜を過ごすというのだから驚き。

餌は魚や甲殻類が基本、昆虫や雑草の種子なども食べるそうです。

今度は食パン持参で会いにいこうと思っています。




さて今回は東野圭吾氏著『マスカレード・イブ』のご紹介です。

「ホテル・コルテシア大阪で働く山岸尚美は、ある客たちの仮面に気づく。
一方、東京で発生した殺人事件の捜査に当たる新田浩介は、一人の男に目をつけた。
事件の夜、男は大阪にいたと主張するが、なぜかホテル名を言わない。
殺人の疑いをかけられてでも守りたい秘密とは何なのか。
お客さまの仮面を守り抜くのが彼女の仕事なら、犯人の仮面を暴くのが彼の職務。
二人が出会う前の、それぞれの物語。
『マスカレード』シリーズ第2弾」


以前このブログでもアップした『マスカレード・ホテル』 の続編。

続編として上梓されてはいますが、時系列的には『マスカレード・ホテル』で活躍したホテルウーマンの山岸尚美と刑事・新田浩一が出会う前のそれぞれの物語を描いた短編集となっています。


今回も日本橋にある「ロイヤルパークホテル」がモデルの高級ホテル「ホテル・コルテシア東京」が物語の舞台となっています。


未読の方はまず本書を読まれたあとで『マスカレード・ホテル』を読まれるといいでしょうが、ホテルウーマンの理想像を前面に押し出しすぎて違和感がある上、ミステリーの要素があまりにも単純で読み応えのない内容、移動中の乗り物や待ち合いで軽く読まれるにはいいかな、という感想。

文庫なので手に持ちやすく退屈しのぎの一冊としてどうぞ。

先日友人からメダカをいただきました。 2de5a7b3.jpg


エサと水草という持参金つき。

6匹います。

メダカはエラ呼吸だから酸素を取り込む為に水の流れと逆の方向に泳ぐそうですが、川とはちがって小さな水槽なので見ているとアトランダムでかわいい♪

実家で金魚を飼ったことがありますが、10年くらい生きて丸々としていたのに比べるとメダカは小さくて儚い感じがします。

でも必死で生きている感じ。

幼い頃からだと犬、スズメ、インコ、猫、異色ではヤギを飼っていました。


夫も私も動物が好き・・・幸い今のマンションは室内小型犬はOKなので、今も飼いたいなぁ~と話していますが、年齢的にも寿命がどちらか先かという点で責任を持てないことを考えると躊躇します。

それに2人揃っての留守が難しいし。


で、他人の犬猫ブログやYouTubeで気を紛らわせています。





さて本日は東野圭吾氏著『ナミヤ雑貨店の奇蹟』のご紹介です。

「夢をとるか、愛をとるか。
現実をとるか、理想をとるか。
人情をとるか、道理をとるか。
家族をとるか、将来をとるか。
野望をとるか、幸せをとるか。
あらゆる悩みの相談に乗る、不思議な雑貨店。
しかしその正体は…。
物語が完結するとき、人知を超えた真実が明らかになる」


2011年4月~12月号まで月刊誌「小説野生時代」に連載されたのを2013年3月に単行本化したのが本書。

第7回中央公論文芸賞受賞作品。


例によって図書館恃みなので時代遅れのレビューなので興味ない方はスルーしてくださいね。


短篇集でありながら一篇同士が密接に繋がった緻密な構成、著者の工夫が窺われる作品になっています。

ひと言でいえば時を超えたファンタジー。

養護施設・丸光園に縁のある人々とナミヤ雑貨店の時空を超えて紡がれたハートフルな物語といったところでしょうか。

著者の過去の作品では『時生』を彷彿とさせるような。


登場人物たちのそれぞれの視点で展開していく物語。


過去と現在を巧みに交差させながら物語に立体的な膨らみを持たせる技が手馴れた著者ならでは。


行きつ戻りつの時の逆行に慣れるまでに少し時間がかかりますが、著者の得意とする緻密な構成で結果としてすべての事象が落としどころに納まってお見事というような作品。

しかし心温まる作品というのを念頭に読者の心を掴むことを確信して構築されたことを感じさせるような・・・。


へそ曲がりが露呈するような私の感想でした。

先日の夕方男の人の声で電話がありました。

「○○です」と名乗られたのを聞いた瞬間心臓が跳ねました。

伊豆に住む友人のご主人でした。

伊豆の地でひそと逝きにし友のあり葉月ついたち暁(あかとき)のこと

あまりにも突然だったので驚きで言葉を失いました。

というのも重篤な病気で臥せっていたということを知らなかったから。

聞けば2年ほど前、肺がんと診断されて運悪く手術できない場所の患部があったため抗がん剤のイレッサを飲んでいたそうです。

2年の間電話やメールで何度か交流はあったのですが、ある病気を診断されたけど夫との約束で今は言えないといわれ、深く詮索できずにいました。

その間小康状態だといい、旅行も度々楽しまれていたので安心していたのです。


これからどれくらいこんな別れを経験するのか・・・耐えうる自分にならなければと思うのですが・・・。

友は逝き夫は三度(みたび)の死線越ゆ。命終(みゃうじゅう)の刻は不条理にして





さて本日は東野圭吾氏著『マスカレードホテル』のご紹介です。

といってもすでに読まれた方も多いと思われる流行遅れのレビューサイト申し訳ありません^_^;


「都内で起きた不可解な連続殺人事件。容疑者もターゲットも不明。
残された暗号から判明したのは、次の犯行場所が一流ホテル・コルテシア東京ということのみ。
若き刑事・新田浩介は、ホテルマンに化けて潜入捜査に就くことを命じられる。
彼を教育するのは、女性フロントクラークの山岸尚美。
次から次へと怪しげな客たちが訪れる中、二人は真相に辿り着けるのか!?いま幕が開く傑作新シリーズ」

完璧に化けろ 決して見破られるな!
彼の仕事は、相手の仮面をはがすこと
彼女の仕事は、お客様の仮面を守ること

集英社さんのキャッチコピー、中々のものです。

多作の作家・東野氏の作品にはあまり手が出ませんが、本書は続く『マスカレード・イヴ』とともにかなりの評判なので手に取りました。


なんでも著者の作家生活25周年記念作品第3弾の作品だそうで、タイトルの「マスカレード」は英語で「仮面舞踏会」を意味するということで表紙にはアイマスクが描かれています。


物語の舞台となっている高級ホテル「ホテル・コルテシア東京」は実在の日本橋にある「ロイヤルパークホテル」がモデルだそうです。


以前、日本橋ではなく横浜の「ロイヤルパークホテル」に宿泊したことがありますが、世界一のサーヴィスを提供するといわれている「リッツ・カールトンホテル」に引けをとらないいいホテルだったと認識しています。


本書はその高級ホテルを舞台として起こると予想される殺人事件を未然に防ぐために警察がホテルの上層部の協力を得て数人の刑事をホテルマンに扮装させ犯人を割り出すというもの。


主人公はホテル側の女性フロントクラークの山岸尚美、警視庁側では捜査一課の刑事・新田浩介。

山岸が新田の教育係となり、フロント業務のあれこれを指導しながら物語が進んでいきます。

優秀なフロントクラークの山岸を通して、刑事としては優秀ながらホテルマンとしては橋にも棒にもかからなかった新田刑事が徐々に成長していく姿が見ものです。


「ホテルに来る人々はお客様という仮面を被っている、そのことを絶対に忘れてはならない・・・
ホテルマンはお客様の素顔を想像しつつもその仮面を尊重しなければなりません。
決してはがそうと思ってはなりません。
ある意味お客様は仮面舞踏会を楽しむためにホテルに来ておられるのですから」

結果的に犯人を未然に逮捕するという予定調和的な展開はさておいて、本書の見どころは、サーヴィス業の頂点にあるホテルの姿勢が山岸を通して様々に語られる点にあります。

お客の立場では決して見られないホテルの内幕が見られて興味深い作品でした。

機会があれば続編『マスカレード・イヴ』も読んでみたいと思います。

自宅にミシンがないという理由で「これ縫って」と見本のスカートとネットで買ったという高価な布が娘から送られてきました。

ミシンはあるけど…しばらく使ってないから上手く動くかどうか・・・手芸は大好きでよく作るけど大人のそんな大きなもの縫ったことないし・・・という低レベルのミシン使い人のハハにそんな高価な布を気軽に託しても・・・という一抹の不安はありましたが、折りよく来訪するという裁縫が得意な友人にロックミシンを持ってきてもらって指南を受けて作業開始しました。


厚い布だったので二重に折って端の始末をすると厚ぼったくなると思いロックで処理してみると・・・何と何と優れもの!!


端処理しながらカットするというスゴ技ロックに感動してしまいました(今まで知らなかったなんて私だけ??)


1万円ちょっとで購入したわがミシンではロックもどきのジグザグはあってもこんなスゴ技はないので(当たり前!)これさえあれば何でももってこい!という心境になって(腕前を省みず^_^;)


返してと矢のような催促があるまでしばらく知らん顔して手元に置いておくことにしよう!!


というわけで無事スカートは縫って送りましたが(肝心の写真を撮るのを忘れました)残り布と残り皮があったので巾着風と財布もどきを作ってみました。
5571c904.jpg
  5bb4cfa0.jpg

気に入ってくれるかな??




さて今回は東野圭吾氏著『怪笑小説』のレビューです。


ご存知の通り著者の一連のユーモア小説の発端となった第一弾。

1995年『怪笑小説』
1996年『毒笑小説』
2005年『黒笑小説』
2012年『歪笑小説』

このブログでも逆順ですが、歪笑小説 毒笑小説をアップしていますのでよかったら見てください。


「年金暮らしの老女が芸能人の“おっかけ”にハマり、乏しい財産を使い果たしていく『おつかけバアさん』、“タヌキには超能力がある、UFOの正体は文福茶釜である”という説に命を賭ける男の『超たぬき理論』、周りの人間たちが人間以外の動物に見えてしまう中学生の悲劇『動物家族』…etc.
ちょっとブラックで、怖くて、なんともおかしい人間たち!
多彩な味つけの傑作短篇集」


『歪笑…』も『毒笑…』もかなりシュールなバカバカしさがありましたが、本書は第一弾というだけあってかなり原始的な書きなぐり!

でもよくもまあ次々にこんな奇想天外な発想が湧くこと!

タダモノではない作家魂&才気が感じられます。


解説を担当された真保裕一氏が、本書を出すまでの東野氏の作家人生は完璧な猫かぶりの偽装だった、と述べていらっしゃいます。

それまでのミステリ作家としての堂々とした作家人生そのものが東野氏の繕った偽りの姿だったとまで言及。

「今のうちから覚悟をしておいたほうがいいだろう。
以後、本書に似たタイプの作品が増えていく」

この真保氏の予言どおり着々とユーモア作家としての実績を積んでいらっしゃる著者です。


そして本書の読みどころは巻末の著者の「あとがき」、しかも本書の8篇すべてに対して執筆にあたっての思い入れとか動機とかをしっかりと記していて充実度があります。


満員電車での乗客たちの憤懣やるかたない心理をそれぞれの乗客の独白という形で赤裸々に描写した「鬱積電車」や実際にこんな人いるだろうなと思わせるタレントのおっかけをする人の実態をデフォルメした「おっかけバアさん」、星一徹もどきの父親にしごかれた息子のなれの果てを描いた「一徹おやじ」。


これらの小品は周りを見渡せば何だか存在していそうな、そして「鬱積電車」の乗客の独白は自分の身にも覚えがあるような、そんな作品ですが、「あるジーサンに線香を」はユーモアとは程遠いもの悲しさ漂う作品でした。

読み始めてすぐにこの奇妙なタイトルとリンクする作品が浮かんで…見事なパロディといえばパロディですが、元の作品が切なすぎるものだっただけに何だか揶揄が過ぎるような、あまり愉快な作品ではありませんでした。


就寝前の暇つぶしにはいいかも。

生涯を法隆寺・薬師寺再建に捧げ、「法隆寺の鬼」と称された最後の宮大工棟梁・故・西岡常一さんをご存知でしょうか。371a0eee.jpg



師・西岡常一さんと唯一の内弟子・小川三夫さんによる『木のいのち 木のこころ』を読んで以来、その職人一筋の哲学的ともいえる清廉な生き方に深い感銘を受けて今日に至っています。


『木のいのち 木のこころ』のレビューはこちら



西岡常一さんが旅立たれて17年、亡くなる少し前のインタビューなどを中心にしたドキュメンタリー映画「鬼に訊け 宮大工西岡常一の遺言」を観ました。



自主映画として全国を移動することは知っていましたが、1週間の貸し出しを受けて岡山の小さなホールで上映が出来ることになったという僥倖に巡り合うことができました。


全国の上映情報はこちら


「千年のいのちを生きた木が、千年のいのちを建物に吹き込む」



宮大工における技術は言うに及ばず、単なる技術という領域をはるかに凌駕したものが西岡氏の言葉や節太い手を通して伝わってきて静かな感動に溢れました。



産業革命以降の追いつけ追い越せというスピードと量産を目指して利潤を追い求める現代に反する提言の数々は土と太陽と風に培われた木々の命の大切さなど、棟梁の口を通して伝えられる日本人の古来から培われた叡智のすばらしさに心が揺さぶられました。



久々に身の引き締まる映画でした。






さて本日は東野圭吾氏著『毒笑小説』のご紹介です。



前述の映画とはえらい落差のある作品でご紹介に若干の躊躇がありますが、ちょっと休憩ということでお許しください。




1995年にスタートした「笑小説」シリーズの第2弾という位置づけのユーモア小説集です。



このブログでも最新シリーズ『歪笑小説』のレビューをアップしていますのでよろしかったらどうぞ。



「塾にお稽古に家庭教師にと、VIPなみに忙しい孫。
何とかゆっくり会えないものかという祖父の訴えを聞いて、麻雀仲間の爺さんたちが“妙案”を思いつく…。
前代未聞の誘拐事件を扱った『誘拐天国』をはじめ、毒のある可笑しさに満ちた傑作が1ダース!
名作『怪笑小説』に引き続いて、ブラックなお笑いを極めた、会心の短篇集。
『笑い』追求の同志、京極夏彦との特別対談つき」



ナンセンスありブラックユーモアありSF風ありどたばた喜劇ありのバラエティに富んだ12編が収められた短編集。


その中に教育問題や環境問題、社会問題などを巧みに盛り込んだテクニックはさすが幅広い問題提供でベストセラー作家の地位を不動にしている著者の力量といえるでしょう。



★勉強漬けの孫の現状を憂う資産家の老人が金持ち仲間の老人たちと仕組んだ孫の誘拐と奇想天外な身代金受け渡し方法を描いた「誘拐天国」


★某テレビ番組のパロディと思しき鑑定ショーで扱われる驚きのブツの数々とそれに群がる好事家たちを描いた「本格推理関連グッズ鑑定ショー」


★妻を殺し警察に自首したにもかかわらず、公務員の悲しさでマニュアル通りにしか動けない警察官をブラックに風刺している「マニュアル警察」



他、様々なテイストの毒が効いたショートがてんこ盛り


そして興味深かったのが巻末の著者と京極夏彦氏との特別対談!


両氏によるユーモア小説の位置づけや執筆のまじめな苦労話を通して、改めてどんな種類にしろ笑いを作品に盛り込むことの難しさに感じ入りました。


興味ある方はどうぞ!

↑このページのトップヘ