VINのらんどくダイアリー

ご訪問ありがとうございます。 「一日一生」を銘にさまざまな人生を読書というツールを通して味わっていきたいと思っています。 響きこし言葉に貼れるさみどりの付箋そよぎて林となりぬ

PVアクセスランキング にほんブログ村

カテゴリ: 海堂尊

満月写真

わが裡の狭量を知りてとまどへる夜をしらじら満月照らす


子どもたちに人気の作家さんをはじめ著名人が全国の学校を訪問、

特別授業を行いその模様を紙面で紹介するという企画が

毎年朝日新聞で連載されています。

 

授業をしてほしい希望の学校が応募して抽選で決まるという。

 

ちなみに2020年度はジャーナリストの池上彰さん、作家の今村翔吾さん、

宮下奈都さん、教育評論家の尾木直樹さん、絵本作家の宮西達也さん、

教育研究者の山崎聡一郎さんの6人でした。

 

以前現役医師であり作家の海堂尊氏がある中学校で授業をしたときの話。

 

中学生に自分の体のなかの臓器の地図を描かせたところまともに

描ける生徒はほとんどいませんでしたが、2時間の授業後に

再度描かせたところほとんど正しい地図が描けたという。

 

その中学生たちを笑えない"(-""-)"

 

わたしも中途半端な知識で肺だの肝臓だのと口にしていますが、

白地図に正しく描けといわれたらきっと描けなかった・・・

本書を読む前までは。

 

 



トリセツ・カラダ41RuOGrjWzL__SX356_BO1,204,203,200_堂尊氏著&ヨシタケシンスケ氏絵『トリセツ・カラダ』
 

 

作家で医師の著者が、カラダの“トリセツ(取扱説明書)"を作りました。
肺と心臓の位置、肝臓の大きさ、小腸と大腸の関係、すい臓のかたち、腎臓の数……。
一生付き合っていくものだからこそ、知っておきたいカラダのひみつ。
読み終われば、東大生でも描けなかった「カラダ地図」が誰でも描けるようになっている、楽しくてもっとも簡単な医学の本です。

『りんごかもしれない』『あるかしら書店』等で大人気の絵本作家
ヨシタケシンスケ氏によるイラストも満載で、内容もさらに深まります。

さあ、カラダのミステリーを解き明かそう!(「BOOK」データベースより)

 

 

以前、海堂氏の作品に嵌って読み継いでいた時期があります。

 

4回「このミステリーがすごい!」大賞を受賞した『チーム・バチスタの栄光』
をはじめとする医学系小説。

 

ご自身も外科医、病理医を経て現在は国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構
放射線医学総合研究所の勤務医であられます。

 

本書の絵を担当しているのはヨシタケシンスケ氏。

 

手術で体を開いたとき、どのように臓器が並んでいるか、絵に描ける?

という問いから始まる本書。

 

東大生でも描けなかったというからだ地図。

 

自分の大切な持ち物なのに知らずにいることの恐ろしさ。

 

ひとつひとつは現代科学の知を集めても出来ないほどの超精密機械の

ようなものがお互いに連携と取りながらそれぞれの役目を

一秒の休みもなく担っているという体。

 

あだやおろそかには出来ないなと思う。

 

人は生まれたからには死ぬまで生きるのが義務

 

当たり前のことだけど再確認。

 

人のカラダの70%は水

 

大脳は約120g、血流の約20%を独占する贅沢な臓器

 

重さ300gの心臓・・・右側は肺に血液を送る小ポンプ、

左側は全身に血液を送る大ポンプ、よって左側が少し大きい

 

現役医師がタッグを組んだ相手がヨシタケシンスケ氏でよかった!

 

説明するには四角四面になりがちな臓器もヨシタケ氏のイラストによって
かわいらしくユーモラスになってとても取っつきやすい。

 

そのヨシタケ氏のつぶやき・・・

 

からだの中って血まみれでグチャグチャでこわいって言うか

キモチわるいよね。

それぞれ頑張ってくれているのに 「キモチわるい」なんて

なんだか申し訳ないよねえ

 

ほんと、その通りです。

 

一家に一冊、ぜひどうぞ!!

知人が届けてくれた夏野菜を使って揚げ浸しを作りました。0ec4188b.jpg


パプリカにピーマン、なす、オクラなどが揃う夏の定番、夫も大好物です。

今回は他にズッキーニも入れて。

なすはすごく油を吸うので揚げたあとキッチンペーパーでしっかり油を除いても出汁の表面は油だらけ^_^;

料理を作っても撮影をすぐ忘れるので今回はバッチリ。


豚柳川も作ったのでこれも忘れず撮りました。b26eed59.jpg




今年は昨年以前のがまだ一瓶あるので漬けるつもりはありませんでしたが、スーパーで見事な南高梅が安価で売られていたので2kgだけ漬けました。52daf6af.jpg


写真は紫蘇を入れる前の白漬け。

ふっくらして見るからにおいしそう・・・もっとも写真撮影がヘタなのでおいしそうにはみえませんけど^_^;



そして「めんつゆ」作り。


定期的に作っては冷蔵庫に保存を繰り返しています。

eac3295d.jpg
ソーメンの季節なのですぐなくなります。


今日は外出の予定がなかったので、こんなことでずっと台所に立っていました。












さてまたまた海堂尊氏の作品です。

『ブレイズメス 1990』


ずっと読み続けてきて著者特有の荒唐無稽の飛躍ぶりがちょっと…という感じを抱いて以来、やめようと思いながらつい手に取った作品。

数多い海堂作品の中で好きだった『ブラックペアン1988』の続編だったからというのが大きな理由。


研修医・世良の成長譚を描いた『ブラックペアン1988』から2年、1990年の東城大学医学部付属病院を舞台に、主人公・世良の前に1人の天才心臓外科医・天城雪彦を登場させた物語。


「小説現代」に2009年~2010年まで連載されていたものを単行本化したものが本書です。


天城雪彦を取り巻く登場人物も多彩で、前作後外部病院での研修を終えて腹部外科グループに所属した世良雅を初め、他作品でもお馴染みの腹部外科グループ講師・高階権太、東城大学医学部付属病院院長で総合外科学教室教授・佐伯清剛などが波乱を起こします。


今回も海堂氏のお遊び的人物造形はますます爆発して驚くばかりの人物を作り上げています。


天城雪彦

モナコ公国のモンテカルロ・ハートセンターで外科部長を務める心臓外科医という設定、ダイレクト・アナストモーシスという世界で1人しかできないという高度な技術を確立し、全患者を救ったことからモナコの王室から「モンテカルロのエトワール」の称号を得ています。


これだけでも眉つばもののスケールのデカさですが、この外科医、驚くべき拝金主義者で、彼の手術を望む大金持ちに全財産の半分をギャンブルに賭けさせ、賭けに勝った患者だけに手術を施すという前代未聞の患者分別を行うという強烈なキャラクターとして登場。


こうしてみると、海堂氏の描くパターンが見えてきます。

医師という枠組みを大きく外れてはいるものの腕に覚えのある医師が、権威の権化である象牙の塔の大学病院に乗り込んで、竜巻のような騒動を引き起こすというもの。


その中に医学的な重要テーマを盛り込むというのが著者のパターンですが、今回の作品の軸になるテーマはズバリ「命と金」。


医療における第一義は「人道」とばかり、これまで触れずに遠巻きにしてきた「金」の問題に天城医師を通して鋭く切り込んだのが本書です。


利潤追求の権化としての天城VS患者の命優先を掲げる高階の対立が見ものですが、いかんせん天城doc.のキャラが強すぎて高階doc.が霞んでしまったのは残念でした。

こんな純粋な時代が高階doc.にもあったというのが、私を含め海堂作品を網羅されている読者の方には驚きではないでしょうか。


それにしても天城doc.の「医学を進歩させ、医療を継続していくには金がかかる。よって金持ちと貧乏人が同じ症例なら、迷わず金持ちを手術する」という主義主張に対して、わずかに高階doc.の「医師の使命は患者の治療にあり、断じて集金が目的になってはならない」という言動が絵に描いた餅のような儚さで浮き上がったほか、明確で納得な論破が読み取れなかったのは残念でしたが、きれいごとではない世界の恩恵を受けているのも事実と思うと、患者としての立場の弱さを感じてしまいます。


医療倫理においてはあってはならない天城doc.の主張は、確かに現実世界そのものをいい当てているのではないでしょうか。


やはり金は強い!

友人がスーパーでくぎ煮用イカナゴが出ていたと電話をくれたのでついでに買ってきてもらいました。


時期的にそろそろと思っていたのでラッキーとばかりに大なべを用意して、大量の生姜の千切り、醤油、砂糖、料理酒、みりんをそれぞれの分量で合わせて本体が届くのを待って・・・
作りました~。


神戸にしばらく住んでいたので毎年作っていた習慣で手順は頭に入っています、といっても単純な仕事、ただ調理中はなべの前から離れず手も出さず見守っていればいいだけ。0041c11c.jpg



なにしろ小さく弱々しく繊細なイカナゴ、決して箸などでかき混ぜては壊れます^_^;


市販のイカナゴのくぎ煮はざらめ砂糖を大量に使って照りを出すのが正式なのですが、我が家はざらめはもちろん白砂糖は置いていないのできび糖を、それも量を控えて使うのでできあがったものは今ひとつ照りに欠けています。


冷蔵庫で結構長く保存できるし、冷凍もOKなのでしばらくご飯のお供に楽しみ♪





さて今回は海堂尊氏著『極北ラプソディ』のご紹介です。

「崩壊寸前の地域医療はドクターヘリで救えるのか?
赤字病院の再生を図る世良院長は訪問看護の拡充をかかげ、外科医の今中を極北救命救急センターに派遣する。
北海道のドクタージェット構想は実を結ぶのか?
『極北クレイマー』に続く迫力満点の第2弾」


『極北クレイマー』のその後を描いた続編として2011年2月~11月にかけて「週刊朝日」に連載されたものを単行本化したのが本書。


財政再建団体に指定された極北市-財政再建団体となった夕張市がモデルーの極北市民病院に立て直しのために院長としてやってきた病院再建請負人・世良雅志。


赴任当初から人員削減、薬剤費抑制、救急患者の受け入れ拒否などを打ち出し、マスコミの批判をもろともせず強行に改革を遂行する世良院長の姿を、同病院に赴任した唯一の医師・今中の視点から描いた物語。


医師である著者らしく、行政と医療のかかわりなどを中心に様々な提言を作品中に投影させていて読み応えのある内容になっていますが、もう1つの楽しみは既存の作品に登場する主要人物たちが数年を経過した形で別の作品に登場するので、登場人物のその後を知ることができるというとうことにあります。


今回も登場する世良は「ブラックペアン1988」、「ブレイズメス1990」、速水晃一は「ジェネラル・ルージュの凱旋」で華々しく登場という具合。


一連の海堂作品を読んでいれば面白さも倍増すると思いますが、しばらく作品から離れていた私は薄らいだ記憶を呼び戻すのに時間がかかりました。


物語は東城医大出身の世良雅志、速水晃一、物語の終盤に登場する神威島の医師・久世敦夫を含めて展開する様子が今中を通して語られていますが、今回は医療と行政の対立を軸にドクターヘリを起用した救急医療現場の問題点を提起しています。


海堂作品に共通していえることですが、上述のような真摯な提言とは裏腹に医師である登場人物の行動や言葉が妙にマンガチックなためにあまり共感が持てないという点が今ひとつですが、
医療の在り方を考えるきっかけになるという意味においては意義深い作品です。

夫の海外旅行中のデジカメ故障のその後。


ブログを読んだ娘が直前に加入した海外保険の携行品補償があればカバーできるかもしれないから保険会社に連絡してみたらと言うことで夫が保険会社に連絡したところ、修理の場合は修理代を、買い換える場合は使った年数を考慮した減価償却で決めたデジカメの現在の価格をカバーしてくれるということでした。



現在メーカー送りで修理に出しているので、電器店の証明書や故障したときの現場に居合わせた旅行同行者の証明書をつけて請求するそうです。



ネットで入る保険会社ですが安い保険料で補償も充実しているのでいつも海外旅行の際はこの保険会社を利用しています。



電話に出られた人はクレーマー対策としてかなり根掘り葉掘りそのときのリアルな状況を聞いたようでしたがとても訓練された丁寧な対応だったと夫が感心していました。




何はともあれ修理代の9000円弱払ってもらえそうでよかったです。







さて今日は海堂尊氏著『モルフェウスの領域』をご紹介します。


「モルフェウス――眠りを司る神。
未来医学探究センターに勤める涼子は、コールドスリープによって眠る少年・佐々木アツシをそう名付けた。
『彼』が目覚めるとき、医学界、法曹界には様々な問題が立ちはだかる……」



日進月歩進歩を遂げている医療技術をしても現在治すことができない病気を抱えた患者をコールドスリープ(人工凍眠)させて後の医学の進歩を期待するという画期的な療法が主題。




第1部の主な登場人物は、桜宮市の未来医学探究センターで世界初の「コールドスリープ」技術によって凍眠している佐々木アツシの経過観察を担当している日比野涼子と網膜芽腫のため両眼失明の危機を免れて特効薬の認可を待つために5年間のコールドスリープを自ら選択した少年・佐々木アツシ。




人間の冷凍に関するテーマはさまざまな小説や映画で取り上げられていますが、本書はコールドスリープに一歩も二歩も踏み込んで近い将来実現の可能性を含めた医学的法律的観点から問題提起されていてさすが海堂氏と感心しました。



もう1つ海堂氏の作品の特徴というか妙味が本書でもいかんなく発揮されていて一連の桜宮の大学病院を舞台の作品群のファンには嬉しい発見があります。



それは他作品で重要な役割を演じている登場人物たちが私たちの予想外の舞台で登場するということ。



本書でも『ナイチンゲールの沈黙』に登場したあの幼かった佐々木アツシ、『ブラックペアン1988』の渡海医師や高階病院長などなど。




コールドスリープというテーマを扱って避けられないSF的な雰囲気を和らげてくれるのは何といっても人工凍眠しているアツシ少年を温かく見守り続けた涼子の少年に対する母の愛に似た無心の献身的な愛情です。



スリープ中の少年を「モルフェウス」と名づけて日夜見守る涼子に立ちはだかる様々な問題点や政府など各方面からの抑圧がこれまたすごい!



目覚めるモルフェウスをひとりぼっちにしてはならない、という涼子のアツシを守るための渾身の戦いに胸が熱くなります。



というわけで本書は海堂氏が描く崇高な愛の物語といえるのではないでしょうか。

友人と話していて「あれ何という名前だったっけ?」と友人が問いかけた単語は必ずといっていいほど急にいっしょになって忘れて言えなくなるということが最近顕著なんですよね。


タレントの名前だったり料理の名前だったり。


今のうちは笑い話で済んでいますけど・・・この先どうなるか???



先日もクイズ番組を観ていて簡単な英単語の日本語の意味を立て続けに思い出せなくてしょんぼりでした。



英単語や英文法の校正を何十年も内職にしていて辞書を繰らない日がないほどだったのがやめて2年ほどしか経ってないのに^^;



先日資源ごみに出すため本を整理していて内職の必需品で手放せなかった英文法の本を10冊ほど思い切って整理しました。


名残りにパラパラと捲ってみましたが、〈no more than~, no less than ~, not more than ~, not less than~〉などの細かい比較の意味もごちゃごちゃになって軒並み忘れていてかなりショックでした。



毎日毎日見ていないとすぐ忘却の彼方に行ってしまうんですね。



ワードで変換してくれることをいいことに字も書く努力もしないからたまに手紙を書こうとすると漢字の手が止まるし、現代人は認知症になる速度が昔より速くなりそうな条件が揃っているような気がします。    


現に今「認知症」という言葉が出てこなくて別の部屋にいた夫にわざわざ聞きに行ったんです^^;



私自身ブログを書くなんて大それたことをする段階ではないような気もするこの頃です。






さて本日は海堂尊氏の珍しいノンフィクション作品です。


海堂尊氏著『外科医 須磨久善』



「超一流は突然出現する。まるで、夜空に突然眩い光を発する超新星のように。日本初の心臓難手術、『バチスタ手術』に挑んだ超新星・須磨久善とはどんな人間なのか。須磨が、『破境者』として多くの人々をインスパイアし、世界の心臓外科医の頂点に至るまでの航路を胸ゆさぶる筆致で描く興奮ノンフィクション」



日本で初めてパチスタ手術を行った心臓血管外科医・須磨久善氏の半生を記した作品、2010年には水谷豊さん主演でテレビドラマ化されました。



文中で海堂氏が須磨ドクターに対して使っている「破境者」という言葉は旧弊の世界から新しい世界へ踏み込み、新旧の境界線を破壊し、後に続く人々が新旧の世界を自由に行き来できるようにするパイオニアを著す造語。



二部に分かれた本書の第一部は世界にその名を馳せるまでの須磨ドクターの医学者としての努力の足跡を辿り、第二部では著者ご自身の目を通しての須磨ドクター像を描いています。



著書『チーム・パチスタの栄光』のモデルとなった須磨ドクターの外科医としての手腕と人間須磨という両輪に対するゆるぎない著者の信頼感が溢れていて読者の感動を後押ししているような作品とでもいいましょうか。


心臓という臓器の噛み砕いた説明もさることながら須磨ドクターの手がけた「胃大網動脈冠状動脈バイパス手術」についての詳しい説明を興味深く読むうち、困難で斬新な術式に果敢に挑みそれを成功させた須磨氏の偉大さに思いが至ります。



須磨ドクターを医学&人間性の両面で超一流と断言する力強さにいつでも患者となりうる私は光明を見つけた思いでした。

 
あまりにも強い採光を遮るために5年前から植え始めたゴーヤ。

今年もリビングの窓いっぱいに緑が茂り、昼間でも電灯をつけるほどになりました。

今年は葉のわりに実のできがイマイチだと思っていたところ、この1週間ほどでぐんぐん大きくなりました。


毎日サラダにしたりチャンプルーにしたりしていますが、昨日はゴーヤの佃煮を作りました。


作り終えて一休み、ブログ友のトコさんの日記を訪れたところ、申し合わせたようにゴーヤの佃煮を作っていらっしゃったので笑ってしまいました。


レシピのURLを紹介されていたので覗いてみたところ、似たような調味料でした。

トコさんのレシピはこちら → 



ちなみに私のレシピは次の通りです。

ゴーヤ : 500g → 塩少々でさっと茹で薄切りにする
調味料 : 砂糖50g ・ みりん30cc ・ しょう油80cc ・ 酢60cc 
調味料を合わせて煮立てたところにゴーヤを入れ煮詰める。
煮汁がなくなる直前にかつおぶしを入れ、できあがりに白ゴマをたっぷりかける。



ゴーヤはビタミンC、カロテン、ビタミンB1、カリウム、マグネシウム、鉄分、リン、食物繊維などが豊富に含まれていて夏バテ予防に最適な食べ物といわれています。

苦味が苦手な人も多いと思いますが、その苦味の成分はモモルデシンとチャランチンというもので血糖値やコレステロール値を下げたり脂肪の燃焼を促進しる共役リノール酸が含まれていて肥満や高脂血症の改善に効果があるそうです。

おまけにカロリーは、100gあたり17Kcalととても低カロリー。

いうことなしの夏の食材の王様、がんばって食べましょう!




さて今日は海堂尊氏著『極北クレイマー』をご紹介します。

2008年から1年にわたって「週間朝日」に連載され、2009年に単行本化されました。


「財政破綻にあえぐ極北市。
赤字5つ星の極北市民病院に、非常勤外科医の今中がやってきた。
院長と事務長の対立、不衛生でカルテ管理もずさん、謎めいた医療事故、女性ジャーナリストの野心、病院閉鎖の危機…。
はたして今中は桃色眼鏡の派遣女医・姫宮と手を組んで、医療崩壊の現場を再生できるのか」


著者は勤務外科医ののち病理医として独立行政法人放射線医学総合研究所・重粒子医科学センター勤務の現役医師であり、現代日本の医療問題に鋭い切込みを入れた作品を数多く発表されています。


次々発表される作品はエンターテイント性があり、突出した個性あふれる登場人物の描き方で多くんファンを惹きつけ、メディカルエンターテインメントの第一人者として大活躍の作家さんです。


医師としての海堂氏の主張はAiという死亡時画像病理診断の重要性と社会制度への導入で、Aiに触れた著書も多く発表していらっしゃいます。



さて本書のメディカルテーマを要約すると「術中死を『予測不能の不幸』とするか『医療事故』とするかの判断」及び「地域医療の財政をどう支えるか」という2点に絞られると思います。


海堂氏の作品の妙味はその医学的テーマもさることながら、登場人物の造形にあり、それら登場人物が作品毎に主役として登場したり、脇役として登場したりしている点にあります。


時系列的に作品を読めばそれが一目瞭然で面白みもグンと増します。



今回の主人公は極北大第一外科の八年目の医師・今中良夫。

舞台は財政難に苦しむ極北市の極北市民病院。

そこに非常勤・外科医として赴任した1日目から物語がスタートします。


赴任するやいなや病院スタッフのモラルの低さ、不衛生な環境、そして何よりも極北市の悪化した財政苦による病院への締め付けに唖然としますが、それにプラスして病院内で唯一人徳のある産科医師・三枝の術中の患者死亡に対する不穏な動きなどが絡みながら物語が展開します。


物語が幾重にも複雑化しはじめるのはハケン医として厚労省の姫宮が赴任するあたりから。

姫宮は『チーム・パチスタの栄光』『螺鈿迷宮』などの読者にとってはお馴染みの厚労省・白鳥の唯一の部下。

今回もその特異なキャラで物語を大いに盛り上げてくれますが、ちと著者の筆が走りすぎの感ありでした。


姫宮に加え、前述の三枝産科医師による術中の患者死亡にからんで登場する得体のしれない医療ジャーナリスト、死んだ妊婦の遺族の広崎消防士、そして『ジェネラル・ルージュの凱旋』の速水、『ジーンワルツ』の清川、『ブラックペアン1988』のときは1年坊だった世良、これらおなじみの面々が続々登場し、やや混乱気味の内容となっています。


著者としては提言したいテーマが多すぎたあまりか盛り込みすぎという感が免れないのは残念でしたが、この作品の舞台となった人口10万の極北市の事情・・・際立った地場産業もなく唯一恵まれた広大な土地を利用して観光客目当てに第三セクター方式で建設されたホテルとスキー場、遊園地が1年以上も雪で閉ざされた北の大地のお荷物となり観光誘致に失敗して経営悪化の悪因となっていることなど・・・と似通った事情はわが郷里・岡山のみならず全国各地で見受けられる共通の問題として大いに学ぶところがありました。

↑このページのトップヘ