VINのらんどくダイアリー

ご訪問ありがとうございます。 「一日一生」を銘にさまざまな人生を読書というツールを通して味わっていきたいと思っています。 響きこし言葉に貼れるさみどりの付箋そよぎて林となりぬ

PVアクセスランキング にほんブログ村

カテゴリ: 笹本稜平

テレビのクイズ番組「アタック25」やドラマでお馴染みだった児玉清さんが鬼籍に入られて4ヶ月になります。


端正な容姿とともにいぶし銀のような床しい人間性や知性を感じさせる日本でも珍しいジェントルマンという形容がぴったりの方、私もファンでした。


俳優業や司会業という本業のほかに切り絵作家としても才能を発揮されていましたが、何といっても読書家としてNHKの書評番組である「週刊ブックレビュー」の進行役や公募文学賞「朝日時代小説大賞」の選考委員を務められたり、さまざまな媒体にレビューを書かれたりという顔を持っていらっしゃいました。



私自身も帯や解説に書かれた「児玉清評」というのを度々目にして作品評価の足がかりとして選んだことも再三あります。



今回はその児玉さんが2008年のお勧め本のNo2として挙げていらっしゃった作品をご紹介したいと思います。



「これほど心をしめつけられ、しかも、これほど熱き勇気、生きる勇気を与えてくれる小説がかつてあっただろうか?僕は涙し、号泣した」



笹本稜平氏著『還るべき場所』


「スケールの大きな冒険小説で定評のある笹本稜平氏の新境地。
登攀中に恋人を遭難で失った主人公・矢代翔平。
過去の悲しみを乗り越えるため、登山ツアーのガイドとして『悲劇の現場』K2に再び戻ってきた。
圧倒的な迫力で描く感動の山岳小説」


私自身の登山経験は、といえば学生時代に仲間と鳥取県にある1729mの大山を3回登頂したという貧しいものですが、このように山に不案内に等しい私のようなものにとってもすばらしい読み応えのある作品でした。



世界第2の高峰、ヒマラヤのK2への未踏ルートに挑んでいた翔平が登頂寸前の思わぬ事故でザイルで繋がったパートナーの聖美を失うという4年前の悲劇の回想からこの物語がスタートします。


K2というのは中国とパキスタンの国境に位置するカラコルム山脈のひとつのピークでエベレストの標高には少し劣るそうですが、登頂レベルはエベレストを凌ぐといわれている登山者にとって憧れの山だそうです。



簡単なあらすじは事故から4年、失意のうちに日々を過ごしていた翔平にかつての登山仲間から公募登山ツアーのガイドとしての誘いがかかり逡巡ののち失意の源となったK2への再度の挑戦をするという内容ですが、山の描き方の迫力もさることながら登場人物の描き方の奥行きが深く読み終えたあとの読後感は一言で表わせない量感のあるものでした。




命を賭すほどの険しい対象物としての登山への挑戦を軸に、かつて恋人を喪った山への再挑戦に対する主人公の葛藤や公募ツアーの難しさ、天候との闘い、現地ガイドとの人間関係など具体的な山登りの詳細を描いて息詰まるほどの臨場感に加え、公募登山ツアーに応募したメンバーのひとりとして登場する心臓ペースメーカー日本エレクトメディカル会長であり自らも自社のペースメーカーを体に埋め込んで登山に挑む神津邦正やその秘書など登場人物の口を通して語られる人生観、死生観には圧倒されました。



「『山がそこにあるから』というマロリーの言葉は、たぶんその答えではなく、それが回答不能な問いであることを示したにすぎないものです。
それは言葉ではなく、生きることにとっても表現できない何かなんです」


「誰もが山に惹かれるわけじゃない。
しかし現実の山じゃなくても、誰もが心のなかに山を持っている。
それは言葉では定義できないが、どんなに苦しくても、むなしい努力に思えても、人はその頂を極めたいという願望から逃れられない」


「真の人生は不可視だ。
それは生きてみることでしかかたちにできないなにかだ。
そしてそれこそが、この世界で生きることを喜びに変えてくれる糧なんだ」


「自然は人間の敵じゃない。
制服すべき対象でもない。
我々にできるのは、その内懐で謙虚に遊ばせてもらうことだけだ。
好き好んで空気の薄い場所へ出かけていって、苦しいから酸素を吸わせてくれというのは虫がよすぎるんじゃないのかね」


「希望は向こうからやってくるとは限らない。
迎えに行くのを待っている希望もある。
前へ進めば、必ず開ける未来がある。
金もなければ才覚もなかったこのわたしが、今日まで生きながらえてきた唯一の理由は、絶望を禁忌としてきたことだ」


自分の新しい人生はそこからしか始まらないという一念で還るべき場所に到達した翔平が最期まで生きる意志を放棄しなかったと信じられる聖美のイメージを抱きとめたことでこの長い物語の幕を閉じています。


充実した作品でした。

なでしこジャパンに沸き立つ日本で今度はゴルフの宮里藍ちゃんのフランス・エビアンマスターズでの優勝という吉報が入りました


もう何度観たかわからないほどのなでしこジャパンの決勝戦なのに、観るたびにハラハラ感と感動でハイライトを観ている毎日。


夫はスポーツと名のつくもの全般に強い関心がありテレビやネット、新聞などを駆使して堪能しているのでそれに感化されて私もかなり詳しくなっています。


今はインターネットで刻一刻と試合状況がわかるので昨夜は遅くまで藍ちゃんの試合状況をチェックしていました。



長い低迷期があっただけに前向きな姿勢を失わず着々と上向きに努力している藍ちゃんにエールを送りたいです。





さて今回は笹本稜平氏著『恋する組長』をご紹介します。


著者の作品は簡単な経歴とともにこのブログでも『時の渚』 と『許さざる者』の2作品をアップしていますのでよかったら見てください。



「“おれ”は、東西の指定広域暴力団と地場の組織が鎬を削る街に事務所を開く私立探偵。やくざと警察の間で綱渡りしつつ、泡銭を掠め取る日々だ。
泣く子も黙る組長からは愛犬探しを、強面の悪徳刑事からは妻の浮気調査を押しつけられて…。
しょぼい仕事かと思えば、その先には、思いがけない事件が待ち受けていた!
ユーモラスで洒脱な、ネオ探偵小説の快作」



関東系傘下の山藤組、関西系傘下の 猪熊、そして地場の橋爪組という3つの暴力団がシノギを削るS市で今にも潰れそうな探偵事務所を開業、主な顧客はそのスジの者たちという「おれ」がこの作品の主人公の6つの連作短編集。



裏街道の住人たちとの交流を頼みの依頼で食いつなぐ日々、組長に依頼されての愛犬の行方探しやヤクザ顔負けの警官からの愛妻に関する浮気調査など、最初はショボいと思われた案件を探るうち殺人事件に出くわしたりなどの珍騒動の日々を軽妙な会話とともに描いたコミカルな仕上がりになっています。



ルパン三世風の漫画にしたらきっとおもしろいだろうなと思わせる軽妙なノリの連作短篇集、後ろ暗いヤクザや警官、そしてたった1人の社員である電話番の女の子との会話とそれに対する主人公の心のうちでのつっこみが妙におもしろい一品でした。

先頃物入れの整理をした延長で雑紙などの整理をしています。


新聞や雑誌の興味ある記事の切り抜き、領収書関係、手紙類、メモ書きなど。


特に切り抜きは切り抜いたことすら忘れている記事がほとんどで、日進月歩の昨今、医学関係などの記事は1年もたつと記事の内容が古くなったり、何より自分の関心から外れたりしているものも多く、ネットでナビすればまたたく間に大量の情報が集まるので、大半が無用の長物となっています。


シンプル生活を心がけているので、けっこう大胆にものを処分してきましたが、いちばん処分を躊躇してきたのが手紙類、これはなかなか捨てられません。


昨年末、新聞の投書欄に躊躇の末大量の手紙類を処分した人の投書が掲載されていました。


自分にとっては大切な手紙でも遺族にとっては処分に困るゴミとなるもの、自分主導で処分する必要性を記した記事、共感を持って読みましたが、まだ処分には早い年齢と高を括っているところがだめなのかもしれませんね。


いずれそのうちにという未決のものを多く蓄えている日々。


未決のものの中には気にかかる人間関係も含まれていてこれがいちばんやっかいです。


最初は小さな齟齬のため疎遠程度だったのがいずれそのうちにと心の未決箱に保管しているうちに過ぎた年数分だけどんどん距離が広がってしまった人。


未解決を分析するといまだに自分を安全圏に置いてきっかけを作った相手を責める気持ちが消えない自分を発見して愕然とする繰り返しです。


今年こそ勇気を出して自分から声をかけてみよう!と小さな決心をしたところ。

実行に移さなければ!


本日は笹本稜平氏著『許さざる者』をご紹介します。


2001年『時の渚』で第18回サントリーミステリー大賞&読者賞
2002年『天空への回廊
2003年『フォックス・ストーン』
2004年『太平洋の薔薇』で第6回大藪春彦賞受賞
2006年『駐在刑事』など多数


このブログでも『時の渚』のレビューをアップしていますので読んでくだされば嬉しいです。

   http://yaplog.jp/ashy_ashy/archive/185


本書は父と子をテーマにした『時の渚』と同じくミステリーに属しますが、山が舞台の著者が得意とする山岳小説という分野にもリンクする内容です。


「絶縁状態の父,不審な死を遂げた母,自ら命を絶った兄.そして消えた保険金一億五千万円.家族の秘密が暴かれるとき,仮借ない運命の歯車が回りだす」


奥上州・藤原湖近くに生まれたアウトドア関係のフリーライターである主人公・深沢章人の元に6年前自殺した兄の妻を名乗る女性の依頼で弁護士が訪ねてきたところから長年封じ込めていた疑惑というパンドラの扉が開きます。


内容的には複雑様を呈している割に予想内の結末でしたが、幾重にも用意された伏線がお互い交差している上、冒険小説的なダイナミックさがともすれば非現実的な違和感に繋がって納得の読後感は得られませんでした。


主題の1つでもあろう兄弟の絆の深さについての描き方はさすがと思わせましたが、父との相克や邪悪な義母が現在に至った過程の筆運びが唐突でご都合主義的な感が否めず、『時の渚』で感じた以上の作話的な要素を強く感じた作品でした。

朝日新聞にうつ病患者の向精神薬リタリンの乱用が問題になっているという記事が出ていました。

製造・販売元のノバルティスファーマ社は適応症からうつ病を削除するよう、薬の安全性を審査する医薬品医療機器総合機構に申請しました。

製薬会社が自ら適応症の削除を求めるのは極めて異例ということで厚生労働省薬事・食品衛生審議会の部会で削除を承認するかどうかを調整しているそうです。


世の中にあるいろんな依存症の中でも薬物依存はとても深刻です。

以前電話相談のボランティアをしていたとき、治療目的で始めた薬物に絡めとられてしまった多くの若者の苦しみを知りました。

リタリンを初めとするこれらの治療薬は医師の処方によってのみ手に入るもので、処方せんを偽造して調剤薬局で不正入手を図る事件が東京都内で相次いでいるそうです。

リタリンは「合法的な覚醒剤」と言われるほど依存性が高く、記事によると「睡眠相後退症候群」と診断された10代の若者が1日1錠からスタートして約4年で1日30錠にまで増えたということです。

医師の薬に対する処方の乱雑さに強い憤りを感じてしまいます。

「処方薬だから変なもおのはずがないと思っていた」というのが大方の患者の気持ちです。


以前入院したとき、夕方になると看護師さんが睡眠薬を携えて各部屋を回り、要不要を患者に聞いて回っていたのを思い出します、まるで食後の一服はどうですか?といわんばかりに。

1ヶ月の入院生活で覚えた睡眠薬が切れなくなった患者の話を聞いたことがありますが、医療機関と製薬会社の癒着の結果、多くの中毒者を生み出していることは否めない事実であろうと思います。

もちろん必要だからこその処方であるとは理解していますが、薬に対する知識が無知だという前提に立って患者に対しては飲み続けるとどうなるかというしっかりとした説明を義務づけてほしいと思います。



さて今回は第18回サントリーミステリー大賞&読者賞ダブル受賞作『時の渚』笹本稜平著をご紹介したいと思います。


本書は1本の本流を中心に枝分かれした確かな数本の支流を周到に用意し、読者の想像を超えたところで見事に融合させるという充実したテクニックで筆を擱いています。


ミステリ評論家である日下三蔵氏の解説がすべてを物語っています。

「登場人物たちの存在感あふれる温かい描写・・・クライマックス直前の手に汗握るアクションシーン。
そして作品全体を通底する『親子の絆』という基本テーマ―。
これほどさまざまな要素を詰め込んでいながら、全体のバランスを失わず、始終ハイテンションを保ったエンターテインメントというのも珍しい」


著者笹本氏は出版社勤務を経て海洋関係のフリーライターとして活躍後
2000年『暗号、Back-door(後に『ビッグブラザーを撃て』に改題)』で作家デビュー
2001年本書で大賞を受賞されたことは上述したとおりです。
2002年『天空への回廊』
2003年『フォックス・ストーン』
2004年『太平洋の薔薇』で第6回大藪春彦賞を受賞されています。


本書以外の著書は山岳や海洋を中心とした国際謀略小説&冒険小説です。


私立探偵茜沢圭を主人公の本書は笹本作品の中では特異な位置を占めていますが、女性である読者にとっても大変読みやすい物語の運びとなっています。


「息子を捜して欲しいんだよ」という死期迫る老人からの依頼が発端で始まるこの物語は捜査の途中で浮上したいくつもの事実が、やがて1本の太い線となって意外な結末を迎えます。


読み進むうち、フレーズに周到に用意された伏線から考えられるあまりにも荒唐無稽な事実を打ち消しながら読んでいった私ですが、エンターテインメントとして捉えれば文句なしに面白く、まさに一気読みした小説でした。


秋の夜長にどっぷりとエンタメに浸ってはいかがでしょうか

↑このページのトップヘ