VINのらんどくダイアリー

ご訪問ありがとうございます。 「一日一生」を銘にさまざまな人生を読書というツールを通して味わっていきたいと思っています。 響きこし言葉に貼れるさみどりの付箋そよぎて林となりぬ

PVアクセスランキング にほんブログ村

カテゴリ: 雫井脩介

gamazumi

マラソングランドチャンピオンシップ
MGCで来年の東京五輪選考がかかった男子マラソンレースが開催されました。

一方、同じく女子の選考レースもあって忙しい。

男子30名。


女子
10名。

 

 

大好きな箱根駅伝のメンバーがたくさん出ているので選手には顔なじみが多いこともあって、ときどきチャンネルを替えるもののほぼ男子に集中。

 

 

出だしからスパートをかけてぶっちぎりのトップを牽引していた設楽悠太。

 

 

箱根駅伝でも東洋大ツインズとして名を馳せていた設楽兄弟の弟の方。

 

 

話題になったのは昨年の東京マラソンで16年ぶりに日本新記録を樹立し日本実業団陸上連合から1億円の褒賞金を授与されたこと。


スポーツの中でも長距離マラソンはとても孤独な自己と戦うという極限のレース。

その地味なスポーツに巨額な褒賞金が与えられてランナーの夢も広がります。


そして今日の
参戦者ランナーのなかで設楽悠太と並んで注目されていた大迫傑。

彼も早稲田大学時代には全日本駅伝や箱根駅伝で区間賞を獲るなど早稲田大学を牽引していたおなじみの選手。

NIKEに入社後、社会人として参加した昨年10月のシカゴマラソンで3位フィニッシュ、東京マラソンで樹立した設楽の日本記録を更新し彼もまた1億円のボーナスをゲットした覇者。


事前に注目が集まった
2人の1億円ランナー。


結果は富士通所属・駒澤大学出身の
中村匠吾が2時間11分28秒で1位2位にはトヨタの服部悠馬、大迫傑は3位、設楽悠太は14位でした。

 

結果、東京五輪内定は中村匠吾と服部悠馬。



残る1名はこれからのレースの結果次第ということで目が離せない。


大迫傑の可能性も残っていて・・・。


女子も健闘していました!

当地岡山天満屋所属の前田穂南が1位。

日本郵政の鈴木亜由子が2位。

同じく天満屋所属の小原怜は惜しくも3位。

5度目の五輪出場を賭けていた注目のワコール福士加代子は7位でした。


当地の天満屋は過去にも五輪選手を輩出していて強いんですよ。


いやはや朝から応援にエネルギーを使いきってしまいました~。

 

 



51MFIfpyXOL._SL500_[1]さて本日は雫井
脩介氏著『望み』をご紹介します。  

 

東京のベッドタウンに住み、建築デザインの仕事をしている石川一登(いしかわかずと)と校正者の妻・貴代美(きよみ)。
二人は、高一の息子・規士(ただし)と中三の娘・雅(みやび)と共に、家族四人平和に暮らしていた。
規士が高校生になって初めての夏休み。友人も増え、無断外泊も度々するようになったが、二人は特別な注意を払っていなかった。
そんな夏休みが明けた9月のある週末。規士が2日経っても家に帰ってこず、連絡すら途絶えてしまった。
心配していた矢先、息子の友人が複数人に殺害されたニュースを見て、二人は胸騒ぎを覚える。
行方不明は三人。そのうち犯人だと見られる逃走中の少年は二人。息子は犯人なのか、それとも……。
息子の無実を望む一登と、犯人であっても生きていて欲しいと望む貴代美。揺れ動く父と母の思い――。
『火の粉』の不穏な空気感と『クローズド・ノート』の濃密な心理描写。
両方を兼ね備え、執筆時、著者が最も悩み苦しみ抜いた、渾身の力作

 

 

東京ベッドタウンに住むやや平均より上という感じの4人家族の物語。

 


建築事務所を個人で経営している父親・一登とフリーの校正者である母親・喜代美、そして高校
1年生の長男・規士と中学3年の長女・雅。

 

 

どこにでもある家族の風景がある殺人事件を発端に崩れる過程を描いています。

 

 

怪我が原因でサッカーをリタイヤしてから生活のリズムが崩れ、ときどき無断での外泊を繰り返していた規士が二日たっても帰宅しなかったことを発端に徐々に明るみに出てきた事件。

 

 

規士の行方不明中に発生した死体遺棄事件。

 

 

被害者は規士の仲間ということが判明してからの混乱する家族の心の揺れを巧みに描いています。

 

 

果たして息子・規士は殺害に関与した被疑者なのか、それとも被害者なのか。

 

 

たとえ犯人であってもただ生きていてほしいと願う母と、息子が加害者でないことをひたすら願う父。

 

 

父親の息子を思う心情の底に自己の保身を見てしまう母親。

 

 

一登と喜代美の間に埋めようがない溝がどんどん深まる様子が丹念に描かれています。

 

 


規士が一時期被疑者の様相を呈してくると同時に世間の風当たりが暴風雨のようになり、それに巻き込まれる一家。

 

 

ワイドショーなどでよく見る光景。

 

 

執拗なマスメディアの追求やネットの非情な書き込み・・・

 

 

この大作の大半が事件に付随する世間の反応や問題家族の崩れ行く様子、不安や恐怖が入り乱れる家族の心情に費やされていて、ここまで長編にすべきだったのかと疑問に思うほど。

 

 


著者のこの作品への思い入れの深さがそこかしこに感じられる作品になっています。

 

 


それに比べラストへの収束はあっけないほど。

 

 

規士の死体発見で第一の被害者だったことが判明しての収束。

 

 

一家の経済もろもろを担っている父という存在と掛け値なしのがむしゃらの子どもへの愛を持つ母との性差が見事に描かれた作品でした。

昨日は終日春一番を思わせる強風が吹いていましたが、今日はうって変わって穏かな小春日和、刻一刻と春が近づいているようです。


少し前から、母のところへの行き帰りに通る小さな川べりの桜に固い蕾を発見


なぜか桜の季節になると心が浮き立ちます。

病床にある人は桜の開花をよりどころに闘病の勇気をもらったりと桜は不思議な魔力を持っていますね。


桜と共に花粉の季節も到来し、文明病といわれている花粉症などのアレルギー疾患の患者数も年々増えて周囲でも花粉症の話題で盛り上がっています。


以前アレルギーの指標となるIgE抗体を調べたとき、数値表を見た親しい医師が「現代人としては珍しく低いね」と言われたことがあります。


重症のアトピーや喘息など強いアレルギー疾患を持っている人の中には何万という高値を記録する人もいるらしく、花粉症などに悩まされている人で数百という数値がざらという中、私は5以下という低値。


何だか近代文明にも影響されずずっと生き残っている化石のような気分ですが、花粉症の季節になるとありがたさを感じてしまいます。


喘息や花粉症などには昔はアレルギーの原因となるアレルゲンを突き止めてそれを定期的に注入して抗体を作るという減感作療法が行われていて、小児喘息だった長女も注射に通いましたが長い年月を要する上に効き目があまりにもゆるやかで途中で挫折する人がほとんどということでそのうち自然に廃れてしまったようです。


先日新聞にその減感作療法が進化したものとして、例えばスギなどのアレルゲンとなるものを特殊な方法で抽出した液を沁み込ませたものを舌下に短時間置くことを繰り返して抗体を獲得する効果が出ているという記事が出ていました。


注射とちがって頻繁に病院に通う必要がなく、この療法が広がって患者さんにとっては朗報となれば嬉しいですね。



さて今回は曽野綾子氏著『善人は、なぜまわりの人を不幸にするのか』をご紹介します。

1 善意は何をもたらすか
2 「知らない」ことの不幸
3 不完全のすすめ
4 矛盾を抱えてこそ人生
5 どうすれば自分を失わないでいられるか
6 図らずも心が救われるとき
7 傷ついた人にしかわからないことがある
8 生きることの厳しさを教えられる親になるために


タイトルに惹かれて手に取られた読者の方も多かったのではないでしょうか。

私もその1人ですが、本書はちょっとしたまえがきと目次を除いてすべて著者の過去の作品からの抜粋で構成されているのを知って少しがっかりしてしまいした。

私は著者の作品をかなり読んでいるので引用文の示唆するものをある程度理解できますが、出典先の作品群を未読の方々には文章が独り歩きしているような唐突さを感じることがあると思います。


とはいえそれぞれの文章には著者が半生の経験から培ったであろう感性に裏打ちされた貴重な言葉にあふれています。


著者の考え方に関しては部分的に受け入れ難いこともありますが、ある年齢から共感部分の比重がどんどん増えていて人生の指針にしたいと思う言葉が多くあります。


それらを少し抜き出してレビューに代えたいと思います。


「善人は自分勝手に幸せになるけれども、まわりの人は不幸になることがあるの。
善人は自分に自信があるから困るんですよ。
人の心がわからなくて、自分が善人であることにあぐらをかいているから」 (人はみな「愛」を語る)


「時とすると、善意ほど恐ろしいものはない。
悪意は拒否できるが、善意は拒否する理由がないからだ」(社長の顔が見たい)


「本当の意味で強くなるにはどうしたらいいか。
それは一つだけしか方法がない。
それは勝ち気や、見栄を捨てることである・・・
自分の弱点をたんたんと他人に言えないうちは、その人は未だ熟していない人物なのである」(人びとの中の私)


「人間は生きるためには、賢いことと共に愚行や蛮行も時にはしなければならないのである。
文明の恩恵に浴しながら自然が保たれることなどない。
ホタルが夢のように飛ぶ土地には、必ず工業も産業もない。
ホタルか雇用かどちらかを取るのが、人生だ」(「受ける」より「与える」ほうが幸いである)


「自分らしくいる。 自分でいる。 自分を静かに保つ。 自分を隠さない。 自分でいることに力まない。 自分をやたらに誇りもしない。 同時に自分だけが被害者のように憐れみも貶めもしない。
自分だけが大事と思わない癖をつける。 自分を人と比べない。 
これらはすべて精神の姿勢のいい人の特徴である」(ただ一人の個性を創るために)

初心とは いつでも帰れる貌をして 傍らにありて すでに帰れず

朝日新聞元旦の新春詠・馬場あき子さんの歌です。

「初心」というすばらしく身の引き締まる言葉を使って新しい決意を新たにした人は多いのではないでしょうか。

私も今までの自分をリセットしたいような気持ちで新年に臨んだこともしばしばですが、しみじみ生まれ変わることの難しさを感じて時は過ぎていきます。

そんなジレンマを言いえて妙の表現で著した冒頭の歌に共感を覚えてしまいました。


人間は生きてきた年数に比例して、気がついたときは引き返せないほど遠くに行ってしまっているのでしょうか。

それでもなおほんの少しでも初心に帰れる可能性を模索して今年もスタートしたいと思います。



さてこのところ連続してご紹介している「時の作家」雫井脩介氏の『犯人に告ぐ』をアップしたいと思います。

『小説推理』に連載されたものに加筆、訂正して単行本化されたのが本書です。


雫井氏の著書のレビューは

『火の粉』 http://yaplog.jp/ashy_ashy/archive/206

           『虚貌』 http://yaplog.jp/ashy_ashy/archive/213 に続く3作目です。


第7回大藪春彦賞受賞
2005年このミス第8位
週刊文春2004年ミステリーベストテン第1位
週刊現代2004年最高に面白い本第1位

豊川悦司主演で映画化もされましたね。


「個性的な登場人物たちの思惑が複雑に絡み合いながら進行する“劇場型捜査”を、圧倒的な臨場感で描く異色の警察小説」

6年前の誘拐事件捜査中,犯人を取り逃がし人質の子どもを殺された失態により第一線から外され、地方の所轄に左遷されたヤングマンこと巻島史彦警視が、上層部の思惑により6年後難航する児童連続殺人事件の責任者として呼び戻されます。


舞台は神奈川県警、テレビの情報番組に出演して目に見えない犯人と対峙するという前代未聞の劇場型捜査に挑む巻島。

「犯人よ、今夜は震えて眠れ」とバッドマンを名のる犯人に語りかける巻島に直接の上司であるキャリアの内部情報の横流しという二重の壁が立ちふさがります。


巻島に絡むキャリア植草の暴走に多くを割いて進行していく物語も興味ある内容ではありますが、終盤の犯人逮捕劇が偶然に頼った場当たり的な唐突さで終わってしまったことは前半の重い膨らみが物語に重厚感を与えているだけに物足りなさを感じてしまいました。

巻島の呼びかけに応じてきた犯人の人となりなど、もう少し詳しい描写があれば臨場感も増したのではないかと思いますが、それらを欠点と感じさせない構成力で読者を引き寄せる手法は見事でした。

「障害を持った明朗な人と、五体満足ではあるけれども心の塞いだ人がいる。
どちらの人生が豊かなのかという問題がある・・・
人生が豊かかどうかを判断するのも自分の内面です。
内面の独立とはそれほど重要なことなんです」

上記の文章はこれからご紹介する本の中でセラピストである人物が顔にコンプレックスを持つ患者に言ったセリフです。

五体満足であらゆるものを持っている人間ほど弱いものはない、というのはある意味真実であると思います。

また深いコンプレックスを持った人が人生を強く生きるか、後ろ向きに生きるかはその人の心が左右することですね。


私も新聞や本、そして実際の周りの人々の中に多くの個々の生き方を見てきていますが、様々な困難に打ち勝ちながら精神を豊かに保つことの難しさを身をもって感じてもいます。

ということで上記の文章は私が簡単に受け止めるにはたいへん重い言葉です。



前置きはさておき、雫井脩介氏著『虚貌』をご紹介したいと思います。

著書『クローズド・ノート』『犯人に告ぐ』が次々映画化され、話題を呼びましたね。

『クローズド・ノート』の主役は沢尻エリカさん・・開幕の舞台挨拶での不機嫌なふるまいでマスコミに度々登場しました。

『犯人に告ぐ』の主役は豊川悦司さん・・神奈川県警を舞台に迫力ある演技が好評だったようですね。

雫井氏に関しては別の著書『火の粉』を取り上げていますので、よかったら読んでください。
           http://yaplog.jp/ashy_ashy/archive/206


さて本書上下帯のキャッチコピー、端的な表現で読者をその気にさせる言葉!

「文学界を震撼させたクライム・ノベルの傑作」「どんな仮面でも、殺意だけは隠せない」

幻冬舎が創立されて7年、本書は幻冬舎創立七周年記念特別作品として出版されました。



21年前、岐阜県美濃加茂地方で運送会社を経営する一家が襲われ、社長夫妻は惨殺され、長女は半身不随、長男は大火傷を負います。

一方的に解雇されたことに怨みを抱いていた従業員3人が逮捕され刑に服しますが、主犯格とされた荒が仮出所するところから復讐劇の幕が落とされます。

本書の冒頭に少女の自殺とそれを救いきれなかった幼い弟の瞬時の衝撃的なシーンを置いて、これから始まる物語の暗澹たる展開を暗示するテクニックで冒頭から読者をぐんぐん惹きつける筆力は見事です。

クライム・ノベル分野では天童荒太氏の作風と似たところがあると感じたのは私だけでしょうか。


タイトルである「虚貌」から想像できる「顔」に関する主題を一貫して最後まで引っ張り、精神性に言及する力量はすばらしいものですが、トリックを重要視すべきミステリーとして読むなら、読者にとって承服できない破綻がそこここに見られるのはとても残念でした。


前半部分がリアリティの面でかなり読ませる内容だっただけに後半の終わり方、特に犯人とおぼしき人物の最後のセリフには首を傾げる読者も多かったのではないでしょうか。

とはいえ癌に侵された余命いくばくもない老刑事が犯人の軌跡を追い求める執念のような過程と、彼を取り巻く周辺の人物・・・娘やコンビを組む年若い刑事などの人物描写がヴィヴィッドに立ち上がってきて、魅力的な作品に仕上がっています。

個々のトリックの辻褄合わせの破綻には目を瞑って読むだけの価値のある物語性溢れる作品であったことを記しておきます。






夫の郷里舞鶴若狭からせこ蟹が届きました

ズワイガニの雌で雄よりかなり小ぶりですが、値段も手頃で濃厚な味わいが人気を呼んでいます。

1度食べたら忘れられない味


日本海沿岸の地域によっては「勢子蟹」「香箱(こうばこ)」「コッペ蟹」「せいこ蟹」などと呼ばれていますが、同じものです。

雄のズワイガニと同じく11月6日の解禁日より1月10日頃までの短期間の水揚げでしか手に入らないそうです。

「外子」と呼ばれるお腹の房にある茶色のつぶつぶの卵と「内子」と呼ばれる卵巣部分のオレンジ色の味噌部分が最高のおいしさです。

外子は解禁直後の時期は朱色をしていていちばんおいしいそうです。

ただ黙々とカニを味わって、幸せをかみしめました~



今日は‘時の作家’雫井脩介氏著『火の粉』をアップしたいと思います。


著者は出版社勤務などを経て2000年デビュー作『栄光一途』で新潮ミステリー倶楽部賞
2005年『犯人に告ぐ』で第7回大藪春彦賞を受賞されています。

今年には『クローズド・ノート』『犯人に告ぐ』が相次いで映画化されています。

本書もテレビドラマ化されたようですが、私は映画もテレビも観てません。


さて本書は元裁判官梶間勲一家に起きた物語です。

24章からなる本書の最初の2章は梶間家の主である勲の視点で書かれていますが、あとの章はその妻である尋恵と長男の嫁である雪見の視点で交互に書かれています。


「最後まで読者の予想を裏切り続ける驚愕の犯罪小説」というのが裏表紙にあるフレーズですが、「犯罪小説」というより異常心理を扱った「サイコサスペンス」といったほうがぴったりくる内容です。


地裁の裁判官だった梶間勲が退官前に扱った最後の事件で無罪判決を下した元被告竹内が2年の空白を経て梶間家の隣に越してきたことから不可解な事件が起こります。


梶間家の主婦尋恵や嫁雪見の働きでかろうじて成り立っていた寝たきりの姑を抱える一家の土台がじわじわと侵食されていく過程はほんとうに不気味です。

初めのうちは気づかないほどの違和感の火の粉がもはや消せないほどの形相を呈しても自ら手を下して振り払うことをしない勲や長男の俊郎の家庭への姿勢は日本のステレオタイプの男性を見るようです。


「免罪」「介護問題」「嫁姑小姑問題」などひとつひとつが大きなテーマとして立ち上がってくる問題を総括し、1つの物語に巧みに盛り込んで最後まで読者を惹きつける力量には脱帽ですが、惜しむらくは最後の締めがあまりにも奇を衒い過ぎている感は否めませんでした。


また「人が人を裁く」ことの難しさが裁判官時代の勲の苦悩を通して提起され、2009年までに施行される裁判員制度のあり方など深く考えさせられるきっかけにもなりました。

それにしても微妙な女性心理を描いて秀逸な作家です。

↑このページのトップヘ