VINのらんどくダイアリー

ご訪問ありがとうございます。 「一日一生」を銘にさまざまな人生を読書というツールを通して味わっていきたいと思っています。 響きこし言葉に貼れるさみどりの付箋そよぎて林となりぬ

PVアクセスランキング にほんブログ村

カテゴリ: 薬丸岳


今日は七夕。

子どもたちが幼いころは事前に夫が会社帰りにどこからか笹を調達してきて、これも事前に義母が折り紙を切ったり貼ったりして作って送ってくれた短冊や網飾り、わっかつづりやちょうちんや星を笹に吊るして軒下に飾っていました。

懐かしい思い出。


今から思うと、働き盛りの超多忙だった夫がよくやってたと思います。

当時は不満ばかりが多くてありがたみもなかったけど。



昨年の七月七日は末っ子の次男が入籍した日。

今日で紙婚式。

健康で仲良く暮らすというのが母の唯一つの願いです。






さて今回は薬丸岳氏著『刑事の怒り』です。 


「被害者と加害者、その家族たちのやむにやまれぬ“想い”をみつめてきた刑事・夏目信人が出会う凄惨な事件の数々。
年金不正受給、性犯罪、外国人労働、介護。
社会の歪みが生み出す不平等や、やり場のない虚しさを抱えつつも懸命に前を向く人々を理不尽に踏みにじる犯人を前に、常に温かみに満ちていた彼のまなざしが悲しき“怒り”に燃えあがる。
日本推理作家協会賞受賞短編を収録、現代社会の闇に切り込んだ4つの傑作ミステリー」


夏目刑事シリーズ第四弾。

『刑事のまなざし』 → 『その鏡は嘘をつく』 → 『刑事の約束』 → 『刑事の怒り』 となっています。


本書には「黄昏」「生贄」「異邦人」「刑事の怒り」の4篇が収録されています。


そのうち第70回日本推理作家協会賞〈短編部門〉受賞作となった「黄昏」は夏目が池袋から錦糸町に異動になる直前の事件、他3篇は錦糸町での事件です。



年金不正受給、性犯罪被害、外国人労働、そして介護という現代社会の諸々の問題を通してそれから派生する犯罪という闇を夏目独特の視点から浮き彫りにしています。


だれもが見過ごすような小さな違和感などからどの事件も背景にある被害者加害者両者の心というものに深く切り込んで事件を解決していく夏目刑事の細やかな目線が今回も生きています。


最後の「刑事の怒り」では植物状態の患者の死というものをテーマに、夏目自身の家庭の事情を交えながら生死の問題に立ち向かっています。


事件そのものよりその背後にある人間というものの業を描いて良作です。

文科省が発表していた「問題行動・不登校等調査」によると、年間30日以上欠席した不登校の子どもは年々増加傾向にあるそうですね。


「不登校」という言葉は1968年に日本児童精神医学会で精神医学者の清水将之氏が初めて使った言葉だそう。


もう半世紀になるんですね。


新聞やテレビなどの媒体でちらほら見かけるようになってあっという間に広り、今ではほとんどの人に認知されていますが、私の学校時代にはそんな言葉はありませんでした。



幼稚園から大学までの17年をどうにかクリアはしましたが、ずっと学校嫌いだった私。


自分の意思で行ったのは大学のみ。



幼稚園、小中高時代には弾むような気持ちで登校した記憶はほとんどありませんでした。



母はそれほど教育熱心ではなく、信用されていたので、朝眠くて登校がいやだなあと思えば、頭痛などを訴えてはよくさぼっていました。


小学生高学年の頃より本を読むのが大好きだったので、夜中じゅう本を読んで、必然的に朝は眠い・・・を繰り返してはよく学校をエスケープ。


先生や友人と交わるのが楽しくない・・・団体生活が苦手の子どもでした。



外見はまじめな生徒だったので、先生に注目されて誉められたりすると、ますます登校がいやになって次の日は休んだり。



目立ったり注目されるのがとてつもなくいやで、それは今でも続いています。



現在のように不登校が認知されていたら、きっと不登校になっていたはず。



そんな子ども時代を過ごしたので、わが子が抵抗もなく毎日通学しているのがとても不思議でした。


加えて保護者として学校に行かなければならないのも苦痛・・・次男の高校卒業式で保護者としての役目も終わりと思うと最高に嬉しかったのを思い出します。



なのでさまざまな理由はあるでしょうが、なんとなく不登校の生徒の気持ちがわかる・・・。



そんなわけで突如短歌を始めたときも、地元の結社に入るという選択肢はなく、ネットで学びの師を見つけたときはなんという僥倖とこころが弾みました。


リアルに人と会わなくていいから。


その後、しばらくして友人の勧めで大決心をして小さな歌会のメンバーとなりましたが、いつでも逃げる態勢でいるつもりが、ちょっと深みにはまってしまっている現在、戸惑い感があります。



先ごろ始めたピアノも独り勉強。


周囲は習いに行くよう勧めますが、私の中では選択肢はなし。


横に先生の圧がないので、自由に自ら練習できる気楽さ・・・誰にも注意されないので、伸び率はゼロに近いでしょうけど、この年齢で伸びる必要性があると思えない・・・。


ときどきわからないところはピアノをやっている友人や娘に教えてもらったり。



いきなりハードルの高い「エリーゼのために」も4ヶ月ほどかかってやっと暗譜で弾けだしたところで、今は「ゴッドファーザー 愛のテーマ」のやさしいバージョンを練習しています。


「エリーゼのために」が経験ゼロの私にはかなりの難しさだったので、こちらはやさしく感じながら、愉しんでいます。



誰にも誉められず、日の目も見ないけれど、毎日ひとりで愉しんでいて・・・最高の遊びです (^.^)







さて今回は薬丸岳氏著『刑事の約束』をご紹介します。 


「昏睡状態の娘を持つ東池袋署の刑事・夏目信人。
独自のまなざしで手がかりを見つめ、数々の事件を鮮やかに解いていく。
夏目が対するのは5つの謎。
抜き差しならない状況に追い込まれた犯人たちの心を見つめる夏目が、最後にした“約束”とは。
日本推理作家協会賞短編部門候補作「不惑」収録!
いまも近くで起きているかもしれない、しかし誰も書いたことのない事件を取り上げ、圧巻の筆致で畳み掛ける、乱歩賞作家のミステリー!」


著者の夏目刑事シリーズ第二弾。


時系列であらわすと『刑事のまなざし』 → 『刑事の約束』 → 『刑事の怒り』 となります。


 


全部で5話の短篇集。


夏目シリーズの初弾はかなり以前に読んだので、大まかな記憶しかありませんが、主人公の夏目信人というキャラクターははっきり覚えています。



第一弾では卓越した捜査感覚を持ち、人間的な魅力にあふれる夏目刑事が持ち前の粘り強さで事件を解決していたのに反して、本書では抜け殻状態の刑事として登場します。



燃え尽き症候群といっても過言ではない夏目。



そんななかでも事件に真摯に向き合うスタンスは失ってはおらず、事件を起こしてしまった人間のその背景に深く思いを馳せ、寄り添うという姿勢に救いがあります。


5篇それぞれに加害者側の苦しさや哀しさが胸に迫ってきます。



犯罪は憎むべきものという当たり前の倫理観がややもすれば、傾いてしまいそうな物語を描くことにかけてはすばらしい能力を発揮する著者。


愉快犯や人を殺すことに快感を得る人などは例外として、護らなければならない人、愛する人のためなど、世の倫理観では間違っていることでも、自分の中では止むにやまれぬ必然の正義である、ということが理解できるような流れ。


5話の中で明るい兆しのものといえば、ずっとこん睡状態だった夏目の娘・絵美の奇跡的な回復。


物語とはいえ、絵美ちゃんにも犯罪の被害者、加害者にも光が射しますように、と祈りたくなるような作品でした。

今日は卓球の日。


いつもは「スシロー」に集合してお昼を食べてスポーツ施設に行くのが定番となっていますが、今日は十割そばがおいしいと評判の店に集合、盛りそばを食べていざ卓球へ。


湿度が高く雨模様のせいか、10分打っては6分休み、2時間を回すというローテーションでは疲れが取れず、メンバー全員がヘトヘトとなりました。


私は、服薬の翌々日なので体力が快復しないのが常ですが、今週は比較的調子よかったので帰宅後すぐに夕食の準備。


服薬の当日と翌日は副作用の吐き気で料理する気が起こらないので、吐き気が去ると猛然と作るのがここ1,、2年の常。


最近はカリウムやカルシウム、鉄分などのミネラルが豊富で、カロテンの含有量も多いといわれているオカヒジキが気に入っていて、見つけると買ってきます。


たいていデパ地下の野菜売り場でゲット。


生でサラダに入れたり、おひたしにしたり。


今日は茹でてカニカマとともに黒コショウ、マヨネーズと薄口しょうゆを一滴たらして和えました。


それと万願寺とうがらしのおかか炒め煮。


万願寺とうがらしは夫の故郷・舞鶴発祥の京野菜で、以前はいつも義姉が送ってくれていましたが、今は当地のスーパーでも買えるようになりました。




今晩の夕食もほぼ野菜ばかり。


カマスの干物はベランダで干したもの。




そしてご飯のお供は作ったばかりのコンブと山椒の実を加えたきゃらぶき。




こんなのが私の幸せご飯です。




さて今回は薬丸岳氏著『誓約』のレビューを少し。 
 

「一度罪を犯したら、人はやり直すことはできないのだろうかーー。
罪とは何か、償いとは何かを問いかける究極の長編ミステリー。

捨てたはずの過去から届いた一通の手紙が、封印した私の記憶を甦らせるーー。
十五年前、アルバイト先の客だった落合に誘われ、レストランバーの共同経営者となった向井。
信用できる相棒と築き上げた自分の城。
愛する妻と娘との、つつましくも穏やかな生活。
だが、一通の手紙が、かつて封印した記憶を甦らせようとしていた。
「あの男たちは刑務所から出ています」・・・便箋には、それだけが書かれていた。

一度罪を犯したら、人はやり直すことはできないのだろうかーー。
究極の問いを突きつける長編ミステリー」


著者の作品はデビュー作で乱歩賞受賞作『天使のナイフ』をはじめ、『悪党』『刑事のまなざし』『友罪』『Aではない君と』と読み継いできましたが、ほぼ少年犯罪をテーマに被害者側、加害者側にそれぞれ光を当てた作品内容が特長です。


本書は生まれつきの顔の痣のせいで、過酷な人生を歩んできて自暴自棄になった若き主人公が強盗事件を起こしたあと、その被害女性が強姦され自殺してしまいます。


服役後も関わりのあったヤクザに追われていたところをある婦人に助けられ、娘を強姦して殺した犯人たちが出所した暁にはその犯人たちを殺すという約束の下、500万をもらい整形し戸籍を変え別人として生きて16年。


親友ともいえる男と巡り会い共同でバーを経営し、愛する妻子とともに暮らしている主人公の元に約束実行を促す手紙が来るところから物語がスタート。


実行しなければ娘を殺すと脅され、姿を現さない手紙の主に怯えつつも、真相を探る主人公がジワジワ追い詰められていく過程を執拗に描いています。


主人公を追い詰めていく犯人像は途中から掴めましたが、あまりにも作為的なラストへの下りにちょっと引いてしまいました。


著者の今回のテーマは「一度罪を犯したものは幸せになる権利があるのか」というものであろうと思われますが、テーマを色濃く描こうとするあまり不自然な物語の運びになっているような・・・


著者の作品を読むたびに感じる不自然さを今回も感じて読了しました。

cbcdbf12.jpg
先日「スポットライト 世紀のスクープ」を観に行きました。

第88回アカデミー賞作品賞&脚本賞ダブル受賞作。


2002年にボストンの小さな新聞社「ボストン・グローブ」が「SPOTLIGHT」と名づけた新聞一面に掲載して全米を揺るがす極秘スキャンダルを暴露した事件・・・神父による性的虐待と、カトリック教会がその事実を看過していたというスキャンダルに材を取った実録映画。


実際のモデルとなったボストン・グローブの2人の記者が1ヶ月ほど前の朝日新聞の土曜版に登場して、カトリック教会という堅牢な砦を取材によって穿っていった困難な過程について語っていらっしゃいました。


昨今芸能人の不倫問題や政治家の不祥事などを次々スクープして話題になっている週刊文春、辣腕編集長の存在がクローズアップされているようですが、その裏には調査や聞き取りなどの取材を積み重ね、念には念を入れた裏取り調査を繰り返して確かだと思える事実のみをピックアップしていく・・・週刊誌や新聞のみならずノンフィクションを書かれる作家の方たちも同様の手順を踏んで世に出していらっしゃると思いますが、そういった舞台裏にスポットライトを当てていてとても興味深い映画でした。



今月半ば国連特別報告者デービッド・ケイ氏が来日、日本の報道に関して「報道の独立性が重大な脅威に直面している」とスピーチされていたのを観られた方も多いでしょう。



それと前後して国際NGO「国境なき記者団(RSF)」が2016年の報道の自由度ランキングを発表しました。


日本は対象の180カ国・地域のうち、前年より順位が11下がって72位。


特定秘密保護法の施行から1年余りを経て、「多くのメディアが自主規制し、独立性を欠いている」とこれまた指摘されました。


2010年には11位だった日本は年々順位を下げ、2014年59位、2015年は61位。


ちなみに180位中1位から4位までを北欧の国々・・・フィンランド・オランダ・ノルウェー・デンマーク・・・が占め、アメリカ41位、韓国70位、ロシア148位、中国176位、北朝鮮179位、最下位はエリトリア。


RSFの調査がすべてとはいえませんが、政府による報道への抑圧と取れる言動などもあり、窮屈になりつつあると肌で感じるときが多々あります。


戦後コツコツ積上げてきた自由主義立憲主義日本の基礎が壊れませんように。





さて本日は薬丸岳氏著『Aではない君と』のレビューです。


「勤務中の吉永のもとに警察がやってきた。
元妻が引き取った息子の翼が、死体遺棄容疑で逮捕されたという。
しかし翼は弁護士に何も話さない。
吉永は少年が罪を犯した場合、保護者自らが弁護士に代わり話を聞ける『付添人制度』を知る。
なぜ何も話さないのか。
翼は本当に犯人なのか。
自分のせいなのか。
生活が混乱を極めるなか真相を探る吉永に、刻一刻と少年審判の日が迫る」


殺人者は極刑に処すべきだ。
親は子の罪の責任を負うべきだ。
周囲は変調に気づくべきだ。
自分の子供が人を殺してしまってもそう言えるのだろうか。
読み進めるのが怖い。
だけど読まずにはいられない。
この小説が現実になる前に読んでほしい。
デビューから10年間、少年事件を描き続けてきた薬丸岳があなたの代わりに悩み、苦しみ、書いた。
この小説が、答えだ。



先日アップした『ローマの哲人 セネカの言葉』の中にも記されているように、この世の誰かに起こったことは誰にでも起こりうること・・・この世界で起こっている数々の悲劇を自分のこととして捉えることの大切さについて考えさせられた作品でした。


著者・薬丸氏は少年犯罪に関する作品をたくさん上梓されていてこのブログでもたくさん取り上げていますが、本書は被害者側ではなく、加害者側の親に焦点を当てて描いて秀作です。


社会的にも働き盛りの有能なサラリーマンの主人公・吉永圭一が離婚した元妻との間にできた中学生の息子・翼の殺人事件を知ることから物語がスタートします。

仕事にかこつけて息子との距離が徐々に遠ざかっていた主人公に突然突きつけられた事件。

自分の息子が突然少年Aになってしまった男の深い苦悩が伝わってきて苦しいほど。

自分の子どもが人を殺してしまったら?

また逆に自分の子どもが誰かに殺されてしまったら?

繰り返し繰り返し頭の隅に置きながら読み進みました。

殺人者は極刑に処すべきだ。
親は子の罪の責任を負うべきだ。


こんなストレートな思いだけではとても言い表せない深い思いを抱かされた作品。


吉永の息子・翼は14歳。

2000年に少年法が改正され、14歳以上は刑事罰の対象となっています。


本書では加害者の父・吉永の苦悩とともに、被害者の父親・藤井の苦悩の姿も描かれています。


どちらの保護者も警察などを通して事件の真実を知ることができないという現実やマスコミの報道から知るということの理不尽にも触れています。


警察にも面会した父親にも差し向けた弁護士にも何も語らない息子に苦悶する吉永はついに「付添人」という道を選択します。

―◆少年及び保護者は、家庭裁判所の許可を受けて、付添人を選任することができる。ただし、弁護士を付添人に選任するには、家庭裁判所の許可を要しない。(少年法10条1項)保護者は、家庭裁判所の許可を受けて、付添人となることができる。(少年法10条2項)◆―


自分のせいなのか。
翼が人を殺してしまったのは
父親である自分の責任なのか。


付添人として認められ、審判を見守りながら自分なりに息子の心に寄り添う努力をする吉永。

命について考えてほしい。
その命がなくなったとき、そばにいる人がどんな気持ちになるのか・・・・・考え続けながら過ごしてほしい。


吉永がもがき苦しみながら翼と真っ向から向かい合おうとする真摯な姿によって徐々に徐々に重い口を開いていきく翼。

「心を殺されるのは許されて身体を殺されるのは何故許されないの?」

「動物を殺すのは許されて何故人を殺すのは許されないの?」

翼の問いかけに対してとっさに答えることができない吉永。

この重い問いかけに吉永が答えるのは翼が自由の身になってしばらくしてある出来事が起こってからです。


それらを含め機会があれば読んでほしい作品です。

友人2人から同時に栗をもらって一応熱湯に浸けておきました。

その日は何だか調子が悪く、栗を横目に見ながら剥く意欲がなく・・・

寝ていたら夜中から心臓の動きがおかしい。

脈の乱れが激しくかかりつけの内科に受診した数年前ホルターをつけるよう勧められて自宅で24時間装着しての結果を解析してもらったら期外収縮で放置してもOKといわれて安定剤を処方されてきましたが、最近また頻度が激しく、夜中からの不整脈が朝も続き、その日一日夜まで治まらず・・・体力を消耗して栗を剥くどころか夕食の支度もできない有様。

その夜は安定剤を飲んで寝たら少しは不定期ながら昨日ほど激しいのは治まっていたのでせっせと栗を剥いて栗ご飯用と渋皮煮用に分けました。 f6b7c1ce.jpg



見かねて夫が参戦してくれたので意外と短時間で済んでホッ。

秋長夜枝雀聴きつつ栗を剥くしみじみ思ふ平和といふもの

昨年ご主人を心臓病で亡くされた友人と話す機会があったので昨日の様子を話すと、すぐ受診したほうがいいよと専門病院を勧めてくれました。


でもずっと前から約束している友人たちとの米子行きが月曜火曜と控えているし・・・。

いろいろ迷ったあげく旅行から帰ったら行くことに。


それまで心臓がもたなかったらそのときはそのときで。 d5c01237.jpg



今もちょっと乱れていますけど・・ね。


そんなこんなで栗の渋皮煮、上々の出来でした~^_^   





さて本日は薬丸岳氏著『友罪』のご紹介です。


「『凶悪犯罪を起こした過去を知ってもなお、友達でいられますか?』─ミステリ界の若手旗手である薬丸岳が、満を持して『少年犯罪のその後』に挑む、魂のエンタテイメント長編」


2005年『天使のナイフ』で第51回江戸川乱歩賞受賞。
2007年『オムライス』で第60回日本推理作家協会賞(短編部門)候補。
2011年 『ハードラック』で第14回大藪春彦賞候補。
2014年 『友罪』で第35回吉川英治文学新人賞候補。
2014年『不惑』で第67回日本推理作家協会賞(短編部門)候補。


デビュー作『天使のナイフ』がよかったのでその後著者の作品は『刑事のまなざし』他何冊か読んでいます。

本書は集英社のキャッチコピーに惹かれてずっと読みたかった作品。

期待感が強かっただけに共感部分の少ない作品でした。


本書は14年前に故郷で起きた「黒蛇神事件」の犯人が同僚なのではないかと疑念を抱きはじめるジャーナリスト志望の主人公・益田の視線で描かれています。


実際に起こった神戸の連続児童殺傷事件で名高い「酒鬼薔薇事件」を連想しますが、著者によればまったく別のことを想定して執筆したといいます。

ジャーナリストを目指しながら挫折を経験し、再起の機会をうかがいながら寮のある町工場での職を得たばかりの益田純一の目の前に同日に入社した同い年の鈴木秀人が現れるという設定。

この出会いからして現実からかなりかけ離れている上、登場人物の設定がすべてジャーナリスト復帰への主人公の道しるべ的な役割をしたりなど、あまりにも意図的な物語構成にへそ曲がりな私は素直な気持ちで物語に没頭できなかったことは残念でした。

最後は主人公の手紙で締めくくっていますが、これもまたなんだかなあという感じ。

著者が人間性を重んじるドラマティックな構成に自ら酔って書いたのではないかと思うほど。

★2.5というところでしょうか。

九州の豪雨など比較にはなりませんが、晴れの国がトレードマークの当地も梅雨真っ只中、部屋の湿度も60%を超えることもしばしばの毎日ですが、たちまち体調に影響して体が重いこと!

これもヒッグス粒子のせい??19811bef.jpg



親しくしていただいている漢方医によると私にとって梅雨の季節は鬼門で湿邪が大敵といわれていますが、除湿機をフル回転させる以外湿邪を追い出す術もなく梅雨の空けるのをひたすら待っています。



この季節だけハワイかグアム、近場でというとサイパンなど湿度が少ないところに避難したいくらい。



こんな不調が続いている中、東京在住の幼馴染から夕方突然実家の用事でZホテルに来ているとの電話がありました。


翌日は予定が詰まっているということで急遽身支度を整えて彼女に会いにホテルに行きました。


夕食を共にした後、彼女がリザーブしているホテルの部屋に同行してそこで2年ぶり夜更けまで近況を語り合いました。


彼女も私も昨年母を亡くしているという共通点があり、ひとしきりお互い母の思い出を語り合いながら現在の気楽さと引き換えの切なさに胸が締め付けられました。



母を亡くしたことで自分と「死」との間に立ちふさがっていた堅牢な防御壁が取り除かれたような感覚を抱いているのは彼女も同様で、それぞれの親子の有りようや環境に大きな違いがあってもこの不思議な感覚は世代交代の途上で人間が誰しも感じる当たり前の感覚なんだと妙に納得しました。






さて本日は薬丸岳氏著『刑事のまなざし』をご紹介します。



「推理作家協会賞短編部門候補作など全8短編ドンデン返しのラストのあまりの絶望に背筋も凍る、推理作家協会賞短編部門候補作「オムライス」他、冷静沈着だが重い過去を持つ刑事夏目が謎を解決する8短編」


2005年に第51回江戸川乱歩賞を受賞された少年法をテーマの『天使のナイフ』でデビュー以来、犯罪の世界の一段面を取り上げた作品を発表していらっしゃいます。

2006年『闇の底』【性犯罪】
2008年『虚夢』【刑法第39条・心神喪失者の犯罪】
2009年『悪党』【犯罪者の処罰と更生】
2011年『刑事のまなざし』


このブログでも 『天使のナイフ』 と 『悪党』 のレビューをアップしていますので読んでいただけたらと思います。
 

さて本書に移ります。

推理作家協会賞短編部門候補作「オムライス」を含む8篇の短篇は娘が犯罪被害者であるという暗い過去を持つひとりの刑事・夏目が事件の謎を解決するという構成になっています。


8篇の短篇を読み進めるうち、次第に明らかになる夏目刑事の過去。


10年前に通り魔事件によって植物状態となった娘のため、法務技官として少年鑑別所で少年と対峙していた経歴を捨て刑事に転職した夏目が犯罪被害者の家族という独自の目線で事件を解決していくという構成は静かな感動を呼ぶ雰囲気を醸し出していて成功しているといえるでしょう。



著者は夏目という刑事の造形にかなりの力を投入していることは想像に難くない上、全作品において意匠返しのラストを用意しているという念の入れよう。



他のレビューを拝見したところその周到なひねりをプラスの驚嘆で受け入れていらっしゃる読者の方がほとんどでしたが、へそ曲がりの私にはすべてが作為的な強引なひねりと感じられて違和感がありました。



折角の夏目のキャラクターの造形が強引なラストのひねりで台無しになっているような感じを受けてしまいました。


しかもそれほど強烈などんでん返しでありながら、読んでしばらく日数を経過すると印象が薄まって、今もレビューを書くためにもう一度ざっと読み通したくらい。


サプライズはほどほどに!

↑このページのトップヘ