VINのらんどくダイアリー

ご訪問ありがとうございます。 「一日一生」を銘にさまざまな人生を読書というツールを通して味わっていきたいと思っています。 響きこし言葉に貼れるさみどりの付箋そよぎて林となりぬ

PVアクセスランキング にほんブログ村

カテゴリ: 夏樹静子

今朝起きる直前まで見ていた怖い夢が甦ってきました。


厳しいい就職戦線の末やっと入社した第一日目の朝、意気込んで自宅から出勤するつもりが、どんな経路で行けばいいのか、果ては会社名もわからなくなり、一応出発するものの駅についてもどちら方面の電車に乗ればいいのかわからず、そうこうするうち出社時間はどんどん迫り、パニックになってもうだめだとベンチに座り込んだところで目が覚めました。


単細胞の私はすぐ何かに影響されるというのが夫の弁。


きっと昨夜再読を終えた本の内容に影響されたのでしょう。



夏樹静子氏著『白愁のとき』



先月21日、女優の南田洋子さんが亡くなられましたね。


夫君の長門裕之さんとの二人三脚の介護生活がテレビで放映されて以来、私も関心を寄せていました。


そのときの様子では認知症らしき症状が出て数年、まだ正式な診断を受けていない旨長門さんは話していらっしゃいました。


認知症には脳血管性認知症とアルツハイマー型認知症に分けられるのは知られた事実ですが、洋子さんの場合はどちらだったのでしょうか。


アルツハイマー型認知症は、ドイツの精神科医アロイス・アルツハイマー氏が1907年に初めて症例報告したことにちなんでつけられたもので、現在の日本のおよそ130万人の認知症患者のうち2010年には80万人を超えるアルツハイマー病患者が出ると予測されているそうです。


女性患者が男性の2倍ということで、他人事ではない危機感を感じます。


そのアルツハイマー型認知症も大きく2つに分類できるといわれています。


そのひとつは家族性アルツハイマー病、もうひとつはアルツハイマー型老年認知症。


後者は老年期に発症するアルツハイマー型認知症のほとんどを占めるもの、前者は遺伝性アルツハイマー病と呼ばれ、完全な常染色体優性のメンデル型の遺伝パターンを示すものだそうです。



さて前ふりが長くなりましたが、今日ご紹介する『白愁のとき』は若年性アルツハイマー病に罹患した主人公の物語。


このブログでも過去に同じ若年性アルツハイマーに侵された主人公をテーマの萩原浩氏著『明日の記憶』をご紹介したことがありますが、時系列で言えば本書は『明日の記憶』を遡ること12年ほど前に書かれたものです。


本書執筆から17年の時が流れ、アルツハイマー発症の成り立ちなどの解明もかなり進んでいるようですが、未だ決定的な治療薬開発に至っていないという現状があります。



「52歳という働き盛りの造園設計家・恵門を突然襲った記憶の空白。
異常を感じ診断を仰いだ友人の医師・八木に “精神余命”があと一年であることを告知された主人公。
アルツハイマー病が原因不明・治癒不能の病であり、記憶の障害から始まって精神能力と人格が徐々に滅びていくことを知り恐怖に打ちのめされる恵門。
生への執着と死への誘惑の間で揺れ動く男の絶望と救済を、叙情あふれる筆致で描いて新境地を拓いた力作長編小説」


自分が病気に侵されているという「病識」をいつまで持つことができるか、それを失くしてまで生きたくないという苦しみと生への執着の狭間で揺れる男の深い絶望を描いて秀作です。



『明日への記憶』と決定的にちがうところは『明日・・・』が苦悩の果て病識を失う主人公とともに歩む妻との絆を中心に描いているのに対し、本書では主人公が家族に寄りかかるという姿勢を見せないという点。


本書の主人公の執着は主に仕事へのプライドや最後の恋ともいえる若い女性に向けられたり、長男に自分が病識を失った時点で殺してほしい旨依頼したりなど、物語とはいえ主人公の身勝手さに憤りを感じながら読みました。

が、『明日・・・』が主人公と家族の理想の姿を描いてやや現実感を欠いているという観点からすれば、本書はより現実的といえるかもしれません。


それにしても長寿国に突入しているわが国の現状を考えるととても身につまされる内容でした。

 
岡山の北、北房コスモスの里に行ってきました。


里というのでもっと広いところを想像していましたが、意外に狭いところでした。

村おこしの一環としてコスモスだけでなく夏はホタル祭などの催しで町が活性化しています。


コスモスは10月の誕生花、花言葉は「乙女の純潔 真心 美麗」、風に揺れる儚げな清らかな感じがぴったりの花言葉。


原産地はメキシコの高原地帯で18世紀末にスペインマドリードの植物園に送られ、コスモスと名づけられたそうです。


日本に渡来してまだ130年ほどしかたっていないのが信じられないほど私たち日本人の心にも定着しています。


「コスモス」の語源はギリシャ語の「秩序」「飾り」「美しい」という意味の「Kosmos,Cosmos」に由来、星が美しい宇宙が「Cosmos」と呼ばれ、やがて花びらが美しく並んだこの花も同じ「Cosmos」と呼ばれるようになったそうです。

 
       やさしいね 陽のむらさきに透けて咲く 去年の秋を知らぬコスモス  俵万智

       コスモスの花あそびをる虚空かな                 高浜虚子


私はコスモスが大好きです。




さて本日は夏樹静子氏著『量刑』をご紹介したいと思います。

「小説宝石」に連載されたものを1冊にまとめたのが本書です。


夏樹静子氏といえば何気ない日常に潜む危うい女性の心理の延長から導かれたさまざまな犯罪を題材のミステリーを描く作家として定着、男性読者には敬遠されがちな作家と思いますが、本書は男女を問わず多くの読者を惹きつける内容の濃い作品です。


「裁判長を苦悩させる誘拐事件!
発端は交通事故・・・
『被害者が救われない裁判』に挑む、ミステリー大作1300枚 」



先日アップした『てのひらのメモ』のレビューで少し触れましたが、本書は判決を言い渡す側の裁判長が主役の物語です。


前述の『てのひらのメモ』では裁判員に選ばれた民間の1主婦の目を通して裁判の様子が描かれていましたが、本書は一転して専門家の立場から判決を言い渡すまでの厳しい合議などの内容を密に描いた力作です。


タイトルに用いられている「量刑」とは〈大辞林〉によれば裁判所が、処断形の範囲内で、刑罰の程度を決めることだそうです。


被告・上村岬が偶然起こした母子轢き逃げ殺人及び死体遺棄事件の裁判を通して苦悩の審理をする東京地裁裁判長・神谷正義の姿を中心に描かれています。


量刑に厳しい裁判官として知られた神谷裁判長の下、右陪席と左陪席の2人の裁判官の計3名で行われる長時間の合議。


妊娠6ヶ月の主婦と幼女を救助しようとする意志が被告にあったかどうか、救出する際、妊娠に気づいていたかどうか、病院に運ぶのに車のトランクにいれたのはなぜかなど、被告への弁護側不利な状況を孕んで裁判は進む中、神谷裁判長の信念の判決を大きく揺るがす前代未聞の事件が起こります。


この事件を通して父親と裁判長の狭間で苦悩する神谷の姿がこの物語の大きな見所といえます。


私的なことが原因で自分の信念を曲げざるをえない神谷の度重ねられる合議での言動の微妙な変化に不審を抱きながらも裁判長としての神谷に同調せざるをえない2人の裁判官の姿は一般社会の上下関係と大差なく感じられ、裁判の基本である審理の帰趨は裁判官の自由な心証によって決まるという「自由心証主義」の怖さを改めて思い知りました。


制度とはいえ人が人を裁くことの難しさは、裁かれる側の真実をあからさまにすることの難しさと深い関係にあるのではないでしょうか。


裁判の場で裁判官が聞いたり見たりするのは被告の真実というより検事や弁護士、それぞれの証人たちによって作られた真実です。


当の本人ですら刻々と移り変わる自分の心を正確に捉えるのは困難なのに、人間の心に深くしまいこまれた愛憎や殺意などの負の感情を他人がそのままの姿で捉えることは至難の技だという思いに本書を読みながら度々駆られました。


そういった意味で本書は「人が人を裁くことに帰結する不確かさと怖ろしさ」という永遠のテーマを私たち読者に突きつけている力作といえるでしょう。


主人公・神谷は裁判官としての正義を厳しい量刑という形に表わすことで被害者側に立つことを選びますが、一歩間違えば誤審ともなりうる可能性をこの事件を例に浮き彫りにしている点でも注目に値します。


また私たち一般人には不案内な裁判官の仕事内容や日常、判決が言い渡されるまでの合議の様子、裁判での検事と弁護士の丁々発止の駆け引きなどについても事前の綿密な調査の上、実際に基づいて書かれていて多方面の問題を提起している作品として秀逸でした。

食欲の秋です。

「敏子さんレシピ・新生姜の佃煮」と「ママカリの酢漬け」をたくさん作りました。


「新生姜の佃煮」はこのブログをスターとしてしばらくしてブログ友となってくださったトコさんの日記に書かれていたもの。

詳しいレシピは↓のURLに載せていらっしゃいますので、興味ある方はぜひどうぞ!  

   http://ttfuji.exblog.jp/9056697/

砂糖を少な目にして800gほど作りましたがとてもおいしくできてご飯のお供やお茶請けにぴったりという感じ(^^)


夫の兄嫁のお姉さんにあたる敏子さんの親友Yさんがトコさんのご近所の親しい方というご縁でお互いのブログを行き来するようになったトコさんと私ですが、この「敏子さんレシピ」は敏子さん→Yさん→トコさん→私と伝わったもの。


ブログやSNSをする前はネット上のお付き合いは不透明で怪しいものという認識が多分にありましたが、今ではトコさんを初め誠実なネット上の友人たちに恵まれ、生活の支えになっているという事実があります。


もうひとつの「ママカリの酢漬け」は岡山の郷土料理の1つです。 

ママカリは全長20cmほどの平べったい小魚で、サッパ、ワチ、ハラカタ、ハダラなど地方によって呼び名が違うようですが、岡山での呼び名「ママカリ」は「飯借り」と書き、「ご飯が進み、家で炊いた分を食べ切ってしまってもまだ足らず隣の家からご飯を借りてこなければならないほどおいしい」に由来するそうですが、そこまで??という感じ。


お刺身や焼魚、握りのネタにしても食べますが、主流は「酢漬け。


内臓や鱗を除いたあと、生を酢漬けにしたものが郷土料理としてキオスクなどに並べられていますが、私は1度焼いてから三杯酢に漬け込みます。


しばらく漬けておくと柔らかくなって骨までおいしく食べられます。

魚屋さんで見かけたら1度作ってみてください。




さて本日は夏樹静子氏著『てのひらのメモ』をご紹介します。

今年5月からスタートした裁判員制度。

岡山でも民間から選ばれた裁判員が参加した裁判が先日初めて行われました。


私も含めて裁判員に選ばれることに多大な躊躇と困惑を抱いている方は多いと思いますが、本書は私たちにとって不案内な裁判員制度を登場人物を通して懇切にレクチャーしてくれている作品、リーガルサスペンスと銘打ってはいますが、新制度のマニュアル本のような役目を担った作品という感じを受けました。


女性の検事や弁護士を主人公のシリーズのほか、人を裁くことの苦悩を裁判官の立場から描いた『量刑』を著すなど、著者の司法への関心は並々ならぬものがある上、最高裁の諮問委員としての経験などが本書を臨場感あふれるものに仕上げているようです。



喘息を発症していた6歳の息子を家にひとり残し、仕事に戻ったあと愛人のマンションに立ち寄っていた間に息子を窒息死させたとして刑法第219条・保護責任者遺棄致死罪に問われた被告・種本千晶の裁判を中心に、補充裁判員に選ばれた主婦・折川福実の視点から判決までの裁判の様子を描いています。


裁判官3名と裁判員6名に予備としての補充裁判員1名で構成されるメンバーの多数決で決められる判決。


無罪か有罪か、有罪なら何年の刑期かなど、被告のみならず周辺の人々の人生を左右する重大な決定が下されるまでの慎重な話し合いを重ねた舞台裏が丁寧に描かれていると同時に、厳しい仕事に生きるシングルマザーの母親でもある被告の周辺の人々を証人として登場させ、被告の人となりを浮き彫りにする手腕は見事でした。


証人への尋問などから浮かび上がる被告を取り巻く様々な問題点 ― 亡き夫の母親との確執やシングルマザーの厳しい労働条件、キャリアを目指して男性に伍して働く女性に対する周囲の目、再婚を望んだ相手の不実、驚愕の事実などがじわじわと表面化して裁判員たちの被告に対する視線が徐々に変化する様子がとても興味深く描かれていますが、裁判の核ともなる「親子の絆」がもうひとつ鮮明に浮かび上がらずやや唐突に終わったのは残念でしたが、著者が今まで上梓されてきた物語性のあるサスペンスとは一線を画した地味な案件をあえて扱ったことによって裁判がより身近に感じられたことの効果は大だったのではないでしょうか。

自分のPC暦を指折り数えてみると約25年になります。

当時あるメーカーの代理店を経営していた今は亡き伯父にねだってショールームで使っていたお古をもらったのが最初でした。

ディスプレイもハードディスクも現在とは比べ物にならないほど大きく、使い方も複雑でドライブにスタート用ソフトを4回ほど交互に挿入してやっと立ち上がるというもの。

何度かショールームで教えてもらってやっと使っていたのを思い出します。


当時はまだネットにつなぐという作業はしていなくて専らそれまで使っていた英文タイプやワープロの代役でした。


インターネットに接続したのはそれからしばらくして。

アメリカに留学した長女と電話代節約のためEメールでやり取りしようとしたのがきっかけだったような気がします。


時は流れて夫の単身を機に互いに携帯も持つようになりました。

昔も今も私の携帯はほとんど家族や身近な友人たちとのEメール用、インターネットを閲覧したりブログを更新するのはパソコンでのみ。


そうしてだんだんパソコンからも携帯からも離れられなくなって現在に至っています。


ある程度年齢も経験も重ねている私ですらパソコンや携帯がない生活は考えられないほど生活に密着していることを思えば、若い人々のそれは想像に難くありません。


インターネットでの闇サイトや出会い系サイトを通しての危険な出会いが世間を賑わす犯罪に発展した例が年を追うごとに増えていますね。

深く潜行して虚像でしか捉えることのできないネット上の膨大な数の顔の見えない人々の中から犯罪に関与した人々の特定に行き着くには想像を絶する作業を要するというのを本日ご紹介する作品でより詳しく知りました。


夏樹静子氏著『見えない貌』


著者の作品を読むのは久しぶりでしたが、しっとりとした情緒ある文体で親子や夫婦、男女の細やかな情愛をテーマに描くしっとりした文体は相変わらず健在でした。


「これが、命を奪われた我が子への究極の愛。
『親子の絆』の哀切を描く、著者5年ぶりの推理巨編!」


メル友に会いに行くという文を携帯メールで残して忽然と姿を消し死体となって発見された娘・晴菜の警察も知らない足跡を命を賭けて辿った残された母・朔子の物語。


「母・朔子は殺人者を自ら追いつめるが………。思いもかけぬ第二の事件が待っていた!」


出版社のキャッチコピー以上のあらすじは差し控えますが、本書では著者が著したかったであろうテーマをいくつか読み取ることができます。


1つ目は著者の多くの作品の大切なテーマとなっている究極の父性愛・母性愛。

2つ目は安易に出会い系サイトなどへ救いを求めてしまう現代の若者の孤独とその行き着く先の闇。

3つ目は法廷の場を通して人を裁くことと真実をとらえることの難しさ。



物語の前半は母・朔子の視点から少しずつ明らかになる娘の別の貌を追って展開しますが、後半は若い女性弁護士の視点から容疑者側に立って事件解明へと展開していくという二本立てになっています。


前半部分の被害者家族の苦しみもさることながら、後半部分の容疑者家族の苦悩を描くことでタイムリーな世相を描いたミステリーに厚みが加わっていて納得の作品でした。

↑このページのトップヘ