VINのらんどくダイアリー

ご訪問ありがとうございます。 「一日一生」を銘にさまざまな人生を読書というツールを通して味わっていきたいと思っています。 響きこし言葉に貼れるさみどりの付箋そよぎて林となりぬ

PVアクセスランキング にほんブログ村

カテゴリ: 後藤正治

f73fb4cc.jpg

ラディッシュをいたずら書きしてみました
私は何でもシンプルが好き・・ということにしみじみ最近気づいています。

書店で本を購入する折は必ず「カバーも袋もいりません」と伝えます。

ほんとうはレシートももらいたくないのですが、あとであらぬ疑いをかけられてもいけないので一応もらいます。

そういえば以前、ポシェットに家から文庫本を入れて本屋さんに入り、疑いをかけられたことがありましたっけ。


インターネットでの購入はそんな願いが届くすべもなく、amazonなどで本、その他を購入すると過剰包装のような形で届くのがとても苦手です。

特にamazonで本以外のものを購入すると、その何倍もの大きな箱に機械的な梱包形式で送られてくるのにいつも違和感があります。


靴を買って靴箱なしで、とお願いしたら形が崩れるので、と半ば強制的に入れられたこともあり、世の中は過剰包装イコール丁寧的な考えに溢れているような。


シンプル嵩じて過剰に自分を飾っても中身のお粗末さがより透いて見えるような気がしておしゃれも苦手、お化粧もなし、装飾品もほとんど身につけません。

ずっと前ビーズアクセサリを大量に創っていた時期があり、今でも押入れに眠っていますが、さすがに数点はと思い、すぐ着けられるように壁に掛けているので、最近はときどきネックレスをすることもありですが、みんなが珍しがるほど。


亡くなった母はおしゃれにとても関心が深く、元気だったときはデパートの馴染みのお店で私や女孫の服を見繕って買うのを楽しみとしていましたが、私がほとんど受けつけなかったのでどんなに悲しかったかと母の心情を振り返るとき、後悔でいっぱいになります。

千の風になりてわれを護るとふ母なる風かカーテン揺るる

若さゆえとはいえもっともっと寄り添って過ごすべきだったと戻らぬ過去を悔やんでいます。




本日は後藤正治氏著『言葉を旅する』のご紹介です。

「出会い頭の本、酒が進む本、人生最後の読書・・・・・・
「本」がなければ、きっと人生は味気なかった
ノンフィクション界の泰斗が、“人と本”への愛を綴った
自選エッセイ86本を一挙収録!!
読書の楽しさを知らずして、一生を終えるのはもったいない!」


ことのほかノンフィクションの分野が好きな私はいままでさまざまな作品を読んできましたが、本日ご紹介する後藤正治氏もすばらしいノンフィクションの書き手のお一人です。

その受賞暦を挙げてみると・・・

1985年『空白の軌跡―心臓移植に賭けた男たちー』で潮ノンフィクション賞
1990年『遠いリング』で講談社ノンフィクション賞
1995年『リターンマッチ』で大宅壮一ノンフィクション賞
2011年『清冽 詩人茨木のり子の肖像』で桑原武夫学芸賞


このブログでもある孤高の画家・石井一男さんの半生を描いた『奇蹟の画家』 、マラソンの有森裕子、競馬の福永洋一ら6名の生き様を描いたスポーツノンフィクション『奪われぬもの』 、生体肝移植において世界を先導する手術技術の進展に大きな原動力となった田中紘一教授を中心とする京大チームの歩みを追った『生体肝移植-京大チームの挑戦-』をご紹介していますのでよかったら読んでください。

さて本書に移ります。

「読書を取り巻く環境は移り変わっていくが、人が〈言葉〉を不要とすることはありえない。
人生のなかでだれも、切実に〈言葉〉を求める時がある・・・
読み手の内的な求めがあって書物はある。
普遍的な名著というものはなく、その人の、その時々における名著なのだろう」

極めて深い共感が得られる言葉です。

世の中に永遠不滅のものなど何もなく、私たちの心もそのときどきの環境の変化、あるいは経年によって少しずつ変化していきます。

人生の途上のある時点で切実に求めるもの-言葉を通してその求めるものを探す旅、それが読書であるといえるのではないでしょうか。

本の中で求めていた言葉と出逢ったときの歓びは対峙している現実の苦しみを一瞬でも解放してくれる魔法の力があります。

少なくとも私にとっては読書はこのようなもの。


本書にもさまざまにきらめく宝石のような言葉がありました。

1 ひと言の余韻(雲は少しずつ動いている―仲田明美;呼んでくれるものを待っている―石井一男 ほか)
2 書の解題(報道とは何か―『河北新報のいちばん長い日』;認識と選択―『抗がん剤だけは止めなさい』 ほか)
3 読書日記(ぶられ書店派;面白がる精神 ほか)
4 書を評す(確かな灯―『フランクル「夜と霧」への旅』;表現への希求―『ホームレス歌人のいた冬』ほか)
5 散歩道(戦争体験世代の遺言;不易なるもの ほか)


5章からなる本書はどれも充実した内容ですが、特に1章がきらめいています。

わが国で脳死移植が閉ざされていた長い時代の一時期にアメリカでの心臓移植を待ちながら死んでいった仲田明美さんとの出会いを描いた一文、『奇蹟の画家』として上梓された作品の主人公・石井一男さんとの邂逅を描いた一文、王貞治さんとの出会い、また現在よくない話題で医学界を揺るがしている神戸国際 フロンティアメディカルセンターの田中紘一氏が京大医学部移植外科教授だった時代、脳死肝移植を受けて命を与えられた乾麻理子さん、そして著者が大ファンという藤沢周平さんのこと-長女の遠藤展子さんとの鼎談を通して見えた人間・藤沢周平さんの姿を描いています。

「普通でいい。普通の人が一番えらいんだ」


そのほかNHKの「クローズアップ現代」のキャスター・国谷裕子さん、歌人・道浦母都子さん、登山家・山野井泰史さん、オノ・ヨーコさんなど。

それぞれの分野でこの人ありといわれる人々との出会いで生まれた美しい言葉の数々が胸に響きます。

傍に置いて時折開きたい作品のひとつに加わりました。

ぜひどうぞ!

首相が交代し野田内閣がやっとスタートを切ったのも束の間、不適切な言動で辞任した鉢呂吉雄前経済産業相の後任に枝野幸男前官房長官が充てられることが正式に決まりましたね。



不適切という表現では納得できない鉢呂氏の言動のあまりのひどさにこんな人を大臣に人選するという組閣のお粗末さというか日本の政治家のレベルの低さに唖然として言葉がありません。



ご本人は冗談というか軽い気持ちでの発言という趣旨のことを陳謝で語っていらっしゃるようですが、人間性の欠如に加え被災地の人々の現状を思いやる力のなさがこういうとっさの言動で露呈すると思うと辞めて正解だと思います。




話は変わって、大震災、原発事故の収束もままならないこの半年、テレビでも政治家の言動に注意を払ってみるようになりましたが、先日続けて自民党の河野洋平氏と河野太郎氏が別々に原発に関するインタビューに応じていらっしゃいました。


お2人の政治家としてのスタンスはさておき河野親子を見るとすぐ親子間で生体肝移植をしたという事実がすぐ頭に浮かび、お2人のお元気そうな様子に何だかほっとします。



洋平氏は長く患っていたC型肝炎から肝硬変に移行、インターフェロン治療も功を奏さず2000年に入って黄疸や肝性脳症による意識障害まで起こすほどになっていたそうです。


ご家族の強い勧めによって家族間移植を決意、2002年信州大学医学部付属病院でご長男の太郎氏をドナーとして生体肝移植を受けられました。


ドナーだった太郎氏はもとよりテレビで拝見する洋平氏も見た目とてもお元気そうで、同じ悩みを抱えた患者さんやそのご家族は何よりの力を与えられているのではないでしょうか。



これからご紹介する作品の中でウィルス性のB肝やC肝の患者さんの生体肝移植はあまり予後がよくないというのを目にしていたので河野洋平氏のお元気な姿が登場することでそのパイオニアとしての役割を果たされていると思います。



私の親戚にも輸血からC肝を患い肝硬変へと移行し亡くなった者がいるので本人と周りの苦しみがよく理解できます。




後藤正治氏著『生体肝移植―京大チームの挑戦―』



後藤氏は先日もこのブログにアップした『奪われぬもの』の著者でスポーツや医療問題など幅広い分野で活躍していらっしゃるノンフィクション作家であるのは先日もご紹介した通りです。



本書のテーマはタイトルが示すように医療の分野である生体肝移植ですが、同じ医療分野の作品としては1985年に上梓された心臓移植を扱った『空白の軌跡―心臓移植に賭けた男たちー』があり、著者はこの作品で潮ノンフィクション賞を受賞していらっしゃいます。



さて本書に戻ります。


「脳死移植の法整備問題もあり、日本で独自の発展をみた生体肝移植。
移植手術のリスク、健康な生体にメスを入れるリスクを超えて、患者・家族は生きることに賭ける。
目前の命を救うために、医療チームは宿命的な困難に挑み、技術を進展させてきた。
最先端医療の局面で展開される患者・家族と医師・スタッフの緊迫した熱いドラマ」



日本で臓器移植法が成立したのが1997年、諸外国に比べ遅かった上内容が厳しく、脳死者からの臓器提供は本人の書面による生前の意思のみが有効とされ、さらに本人が書面によって臓器提供を希望していても遺族の1人が反対すれば本人の意思は否定されるというもの。



これら反省点を踏まえて2010年1月からは臓器を提供する意思表示に併せて、親族に対し臓器を優先的に提供する意思を書面により表示できることになり、さらに7月からは本人の臓器提供の意思が不明な場合にも家族の承諾があれば臓器提供が可能とする改正案が通過し、これにより15歳未満の者からの脳死下での臓器提供も可能となりました。



前述したような日本の事情により1997年の臓器移植法成立後も脳死移植の機会はほとんどないという現実を踏まえて1989年に始まった生体肝移植の技術が日本で切磋琢磨され世界の先駆けとなったという歴史があります。



このように生体肝移植において世界を先導する手術技術の進展に大きな原動力となった田中紘一教授を中心とする京大チームの歩みと助けられた命と助けられなかった命を20年にわたって追い続けた記録が本書、大変な力作です。


新生児の1万人に1人という割合で起こる胆道閉鎖症には葛西式手術というものがあるそうですが、なかなか完治に至らず将来的には肝臓移植しか方法がないといいます。



刻一刻と症状が進む子どもがいつともわからない脳死患者の提供を待つということの苦しみを踏まえて、やはり肉親がドナーとなる生体肝移植に賭ける気持ちは痛いほどよくわかります。



患者が子どもの場合、ドナーとなるのは両親のどちらかが主で比較的自発提供がスムーズですが、その両親の肝臓に問題があったり血液型が合わなかったりという場合、患者の兄弟姉妹にドナーを期待するということの難しさや、先に挙げた河野洋平氏のような大人の場合、子どもが親に提供する難しさなど多くの問題を孕んで、それに深く関わってきたある医師の「生体肝移植は残酷な治療手段です」という言葉にはうなずかざるをえません。



こうした生体肝移植の持つ切ない宿命を軸に何人かの患者とその家族の苦悩と選択、そして手術の結果を京大チームの医療スタッフの奮闘ともに長きにわたって追い続けた著者の着眼の確かさには敬服します。



この作品がすぐれていると思うのは日本で発展した最先端の医療現場を人間中心に掘り下げて医療者側と患者とその家族側の両方の葛藤や苦しみを描いているところではないでしょうか。


まさにヒューマンドキュメンタリーといえます。



人間の臓器の中では肝臓が唯一再生できる臓器であり、正常な肝臓をリミット20%残せば徐々に再生できるという特異性を生かした生体肝移植、もちろんドナー自体100%の安全性を保障されたものではなく、手術により命を落としたドナーもいるということでドナーになる決心をすることこそ「残酷な選択」といわしめる所以です。



そこには自らの人間性を問われる問題を孕んでおり、自ら進んで提供する行為こそ献身的な本物の愛で逆に提供を拒むことが許されないという圧迫感をドナーに与えることに他ならない暗黙の抑圧があろうと思えます。



もし自分がドナーの立場に立ったら・・・また逆に患者の立場だったら・・・など結論が出ようもありませんが、さまざまな立場を想像する機会を与えてくれる作品でした。

少し前何かのお笑い番組を観ていたらゲストに日本中央競馬会(JRA)栗東所属で大活躍の福永祐一騎手が出ていました。


お父さんである福永洋一さんは昭和54年の毎日杯の落馬事故で脳挫傷を負い再起不能になった悲劇の天才騎手として競馬に不案内な私でも記憶にあります。


デビュー3年目の昭和45年から落馬する前年の昭和53年まで9年連続のリーディングジョッキーとして君臨し、昭和54年にもダントツの成績で毎日杯を迎えていたときの突然の悲劇だったそうです。



事故後昏睡状態が続き廃人同様の重い障害が残ったことまでは知っていましたが、その福永洋一元騎手の長男が武豊騎手に次ぐ2番目の速さでJRA通算1000勝を達成したほどの優れた騎手に成長していたのは知りませんでした。



JRA賞最多勝利新人騎手も獲得、父・洋一さんが落馬事故を起こしたときわずか3歳だった祐一騎手、現在35歳ですがまだまだ活躍が続きそうです。




今回ご紹介する作品にはこの悲劇の元騎手を初め過去にスポーツの世界において第一線で活躍された6人の方々が登場します。


後藤正治氏著『奪われぬもの』



後藤正治氏といえばノンフィクション作家として数々の作品を上梓されていますが、特にスポーツの分野の造詣が深くスポーツ・ノンフィクションを多く手がけていらっしゃいます。



現在作家活動のほか、神戸夙川学院大学学長という二足の草鞋を履かれて活躍されています。



このブログでも過去に『奇蹟の画家』という孤高の画家・石井一男氏の半生に迫った渾身の作品のレビューを書いていますので読んでくだされば嬉しいです。



さて本書に戻ります。


「人はなぜ戦うのだろう?
戦い抜いた果てになにを見るのだろう?
マラソンの有森裕子、競馬の福永洋一、ボクシングの高橋直人...。
時は容赦なく彼らの夢を、力を、プライドを奪いさる。
しかしなお“奪われぬもの”の一条の光。
それこそがファンの眼を射る。
練達の筆が冴えるスポーツ・ノンフィクション六篇」



ここに登場する人物はマラソンの有森裕子、競馬の福永洋一、プロ野球の福間納、ラグビーの林敏之、競輪の中川茂一、ボクシングの高橋直人(敬称略)の6名の方々です。



オリンピックメダリスト・有森裕子は同郷である上、バルセロナとアトランタでの活躍に手に汗を握った記憶のある有名なマラソンランナーとして私の中では特に認知度が高く、福永洋一、福間納、林敏之まではどうにか記憶にある程度ですが、後の中川茂一、高橋直人両名は私にとって全く知らない人でした。



にもかかわらず著者の浮き彫りにしたどの人物像も心に響いてあまりあるものとして描かれています。



光と影を孕んだ競技生活で自己を突き詰めるあまり進むべき道を見失いそうになりながらもある芯のところで矜持を持ち続けて選手生命を全うした姿には胸を打たれます。



これら過去の競技者を描くとき、著者はその生々しいプライベートは極力排し、それぞれの競技人生の中で何を悩んだか、どのように決断したかなどに重きを置いています。


ただ冒頭に挙げた福永洋一の生い立ちからデビューへの茨の道、そして天才ジョッキーとしての原動力となった資質と精神力に迫った取材はすばらしく、事故後重い後遺症を夫人やその後両親など一丸となって渾身の力で洋一を支えている様子には深い感動を覚えました。



文面上の洋一とその妻と、過日テレビに登場していた愛息・祐一騎手がオーバーラップして、落馬事故という不幸な中にも祐一騎手の活躍という嬉しい花が咲いてよかったとしみじみ思いました。

      
「女神」シリーズ

fa412376.jpg
     

「ひとり立つ」シリーズ
「絵は音楽に負ける」

昭和洋画壇の重鎮といわれた中村研一画伯の言葉だそうです。

音楽に涙する人は多いけれど絵の前で泣いた話はめったに聞かないと。


日頃絵に親しみを感じている私にとって数少ないながら胸がいっぱいになった絵はいくつかあります。

以前ご紹介したエゴン・シーレの「哀しみの女」や香月泰男画伯のシベリアシリーズなど。


そして上記の言葉を覆すような絵の存在を先日ある本で知りました。


先日神戸の友人とお互いの本の交換をしている話を書きましたが、その彼女から送られてきた本の中の1冊がそれです。


講談社100周年書き下ろし作品・後藤正治氏著『奇蹟の画家』


一貫してノンフィクション作家としての道を歩み、大宅壮一ノンフィクション賞や講談社ノンフィクション賞の受賞経歴のある著者が綴る、ある孤高の画家・石井一男さんを巡る物語です。


「絵を見て泣いたことがありますか?
清貧な暮らしと深い孤独から生まれた『女神像』。
病室で死を見つめた1枚の絵、亡き子を思い出させる女神像、神戸の被災者を勇気づけた彩り、清貧の画家・石井一男と彼に救われた人びとの物語」



神戸・元町の海文堂書店の社長でギャラリーのオーナーである島田誠さんとの出会いによって花開いた画家・石井一男さん。


新聞を駅のキオスクに運ぶ仕事をしながらただただ暗い二階で黙々と絵を描き続ける日常。


「長い空白を経て、深海でじっと真珠を抱き続けてきたアコヤ貝が海面へゆっくりと浮上してきたというべきか、男はようやく絵筆へと向かったのである。
自身にあるもの、そして、できることはこれ以外にない――ー。
画家になりたいと思ったのではない。
発表したいと思ったのでもない。
ただ絵を描きたいと思った。
生きる証しとしての絵であった。
素直に、無心に、自分の内にあるものを見つめてそれを描けばいい。
へたも絵のうちだ・・・・」


まるで生きるための呼吸のように彼の生に溶け込みなが神戸の新開地に近い場所の縦割り長屋の二階で描き続けた絵は一流の鑑識眼を持つ島田さんに驚きをもって受け入れられたのでした。


「どの作品もが、巧拙を超越したところでの純なもの、聖なるものに到達している」



私も本書のカバーや数点の挿絵で小さなSMに描かれた「女神」像を見たとき一枚の絵という表現を超えた深い人間の根源の生を感じて心を鷲づかみされてしまいました。


島田さんとの邂逅のとき石井さんは48歳、その後1992年に催された初個展での「女神」像は目を閉じたものがほとんどですが、地震を挟んで個展を重ねるとともにときには微笑をたたえたり、希望の光を宿した目をしっかり開いていたりの女神像・・・慈愛深いイコンそのもののようなグワッシュにその後花や人物像などが加わりより表現が豊かになっています。



毎日新聞コラムに載った記事。

「その部屋にはたくさんの女神がほほえんでいた。・・・イコン(聖像画)のような、見る人の心に深く錐(すい)を下ろす作品だ」


本書はそんな石井さんを軸に海文堂ギャラリーの島田さん、そしてその2人や石井さんの絵を巡って結ばれた人々を丹念に後追い取材しています。


初個展以来、いつしか石井作品を10点も所有することになった神戸市立本山第一小学校教諭だった中西宮子さん。

「最初に絵を見た時?
うまい,へたを越えたただものではない、という感じを持ちました。
心に届くなにか。
野道で風雪の野仏に会ったような、心に通じるものが響いてきました」



急性骨髄性白血病のため骨髄移植をする予定の少し前新聞のコラムに誘われて個展会場を訪れた神戸市の福祉専門職員である野上秀夫さん。

「きれいとか美しいという観点ではなかったし、癒しでもなかった。
近い言葉でいえば、孤独、救い、祈り、優しさ・・・・・でしょうか。
柔らかい感触のもの・・・・・それでいてなにか深いもの・・・・・」

後日購入した女神像とともに無菌室に入って、そして生還したのでした。



神戸・北野町にあり2001年閉店するまで有名なフランス料理店「ジャン・ムーラン」のオーナー・シェフだった美木剛さんも店内に石井さんの絵を飾ったひとりでした。

美木さんの高校の先輩であり「ジャン・ムーラン」のお客であった妹尾河童さんが店内にかかっていた女神像をどうしてもほしいと持ち帰り、代わりに須田剋太画伯の絵を持ってきたという逸話が記されています。


著者は言います。

「石井の女神像について、当初は私は、往時、彼が想いを寄せた女性であったり、母的なるものであったり、聖画的なものであったり、複合的でありつつも何か具体的な像が基底にあるように思っていた。
けれども、次第に違うのではないかと思いはじめた。
石井自身のそのときどきをどこかで投影しているもの-そう思えてきたのである」


本書の最後に石井さんの写真が出ていますが、作業着を着てうつむいてはにかみ笑いを浮かべた石井さんはまさに女神像そのもののようでした。


最後に石井さんの画集「絵の家」のラストの石井さんご自身の文を挙げて終わりにします。

「絵の家で、
一滴一滴のいのち。
もっと緊迫感をもって、
いま、描かねば。
そう 思いつつ、
ぼんやりと、
どこからか、呼んでくれるものを、
待っている」


神戸北野のハンター坂のギャラリーのほか東京の小さな3つのギャラリーでも定期的に個展を開いているそうです。

絶対「ひとり立つ」に会いに行こう!と思っています。

↑このページのトップヘ