VINのらんどくダイアリー

ご訪問ありがとうございます。 「一日一生」を銘にさまざまな人生を読書というツールを通して味わっていきたいと思っています。 響きこし言葉に貼れるさみどりの付箋そよぎて林となりぬ

PVアクセスランキング にほんブログ村

カテゴリ: 柚木麻子

毎週土曜日、楽しみにしている新聞掲載の小池真理子氏のエッセイ。


藤田
宜永氏が亡くなられてからスタートしたこのエッセイも32回目。

あっという間に季節も一巡、積もった雪が甘いパウダーシュガーをまぶした
巨大なケーキのよう、と表現されている軽井沢の森に独りぽつんと
いらっしゃる姿を思い浮かべると胸を衝きます。

特にわたしの心に響いた今回のエッセイ。

年齢も環境も大きな違いがあるのにあまりにも自分自身の幼いころからの
生き方をなぞっているようで驚いてしまいました。

私は悲観的な子どもだった。

ものごとに感じやすく、身体が虚弱だったせいもある。

できるだけ冷静に最悪の事態を想定しておけば、万一の場合でも傷を最小限に抑えることができる。

やっぱりね、と思えるか、ただ驚いて絶望して慌てふためくか、
そのどちらに転ぶかで、後の人生は大きく変わる。

そういうことを幼いなりに感じとり、生きていくための指針にしていた。

ある種の自己防衛だったと思う。

思い返せば自分も幼い頃より今に至るまで同じような傾向をスタンスに生きてきた・・・

最悪の事態を想定しておくということでこれから起こるかもしれない

最悪なことに対する慣らし保険を掛けてゆくような。

 

「いま」「ここ」を大切に生きる・・・
理性ではいつも自分自身に言い聞かせながら、
つい生来の性格が頭をもたげてしまう・・・という繰り返し。

 

小池氏のエッセイには続きがあります。

 

ご夫君がいきなり肺がんの末期と宣告されたとき、

その自己防衛が生かされたといいます。

 

ほうらね、やっぱり、なるようになっちゃったね、仕方ないね、という感覚。

 

それは、不思議なことに、ぎりぎりのところで私たちを救った・・・

 

それでも必死になって祈った。

 

祈りは必ず天に届く、と素直に信じることができない天の邪鬼な私も、

祈ることをやめられなかった。

 

烈しく悲観しながらも、あるかなきかの希望にとりすがった・・・

 

平凡を絵に描いたようなと人には思われるかもしれない自分の人生でも

過去に2度真剣に祈ったことがあります。

 

そこまで真剣でなくても祈るという行為はわたしの日常に

密かに根づいています・・・

それは感謝の報告だったり、揺れるこころを鎮める

メディケーション的なものだったり。

 

つい最近も親友のガンの細胞診が出るまでの数日間、気がつけば祈っていた・・・。


うす
闇にクリスマスローズがうなだれてミレーの描きし農夫の祈り

  

無宗教のわたしは全能といわれる神の存在をこれっぽっちも信じていないのに

祈るという行為をしている自分がとても恥知らずのような、、

そんな感覚を覚えながら・・・。

 

頭の片隅では祈りが受け入れられることはないとわかっているのに。

 

小池氏のこのエッセイを読みながら、祈るという行為への対象は神のみにあらず、
その人のこころにあるのだ、ということを思ったのでした。

 

 


マジカルグラン間
柚木麻子氏著『マジカルグランマ』
 

 
女優になったが結婚してすぐに引退し、主婦となった正子。
夫とは同じ敷地内の別々の場所で暮らし、もう4年ほど口を利いていない。
ところが、75歳を目前に再デビューを果たし、「日本のおばあちゃんの顔」となる。
しかし、夫の突然の死によって仮面夫婦であることが世間にバレ、一気に国民は正子に背を向ける。
さらに夫には2000万の借金があり、家を売ろうにも解体には1000万の費用がかかると判明、様々な事情を抱えた仲間と共に、メルカリで家の不用品を売り、自宅をお化け屋敷のテーマパークにすることを考えつくが―。
「理想のおばあちゃん」から脱皮した、したたかに生きる正子の姿を痛快に描き切る極上エンターテインメント!(「BOOK」データベースより)

若い頃は売れない端役だった75歳の正子。

見染められて結婚した映画監督の夫とは紆余曲折を経て敷地内別居

長く会話もないお金もない生活を送っていた正子が尊敬する先輩の大女優の忠告を受け入れて、
脇役専門の事務所のオーディションを受け勝ち取った「ちえこばあちゃん」として再デビュー

またたく間にお茶の間の人気者となった直後、敷地内別居の夫の孤独死によって
世間から大バッシングを受け、あっという間に後ろ指を指される存在になった正子。

しかしそこからが強靭なシニアの底力を発揮してなりふり構わぬ貪欲ぶりで
周囲を巻き込んで前進していきます。

タイトルの「マジカルグランマ」の「マジカル」って??

わたしの知っているmagicalは「魔術のような」とか「不思議な」という意味だと思っていましたが・・・

「風と共に去りぬ」で問題視されていた「マジカルニグロ」からのものだという。


白人の主人公を助けるためだけに登場する黒人のキャラクター
である「マジカル二グロ」

黒人の存在価値というものをこのように表していた時代の古い固定観念。

わたしたちの中にもさまざまな固定観念があって、時代が流れてもなかなか消しようがない・・・
先日から俎上に挙げられている森喜朗氏の失言問題の裏にある女性への偏見もそのひとつ。

その偏見のやっかいなのはそれが男性だけでなく女性の中にもあるということ。

ここに出てくる「おばあちゃん」というのもそのひとつ。

多くの人々の中にはステレオタイプのシニア像というものがあって、
それからはみだすシニアは認めないばかりか攻撃してしまう。

主人公の正子も物語がスタートしたときは「古き良き日本の女性」というステレオタイプ
そのものだったのに、ストーリーが進むにつれてどんどん脱皮して
自己ファーストというスタンスで突き進む姿に思わず拍手してしまう。

けっして友人に持ちたいとは思わないし、自分ではなれるとは思わないけれど、
痛快な生き方はかなり勇ましくも清々しくて羨ましいとさえ思えました。

 

昨日は十五夜。


夫に手招きされて窓辺に寄るとビルの谷間に大きな満月が輝いていました。


満月を眺める位置に椅子二つ夫との余生に深みゆく秋







さて本日は柚木麻子氏著『BUTTER』です。 


「木嶋佳苗事件から8年。
獄中から溶け出す女の欲望が、すべてを搦め捕っていく――。
男たちから次々に金を奪った末、三件の殺害容疑で逮捕された女、梶井真奈子。
世間を賑わせたのは、彼女の決して若くも美しくもない容姿だった。
週刊誌で働く30代の女性記者・里佳は、梶井への取材を重ねるうち、欲望に忠実な彼女の言動に振り回されるようになっていく。
濃厚なコクと鮮烈な舌触りで著者の新境地を開く、圧倒的長編小説」



2007年(平成19年)から2009年( 平成21年)にかけて発生した連続不審死事件において詐欺、詐欺未遂、窃盗、殺人の罪で逮捕された木嶋佳苗をモチーフに描かれた作品。


ちなみに現在、木嶋被告は死刑囚として東京拘置所に収監されているようです。


おまけに獄中結婚→離婚→再婚中。


木嶋被告を描いたノンフィクションは数冊出ているようですが、木嶋被告自身が執筆した『礼讃』が2015年に角川書店より刊行されています。



実際の事件では練炭による殺人ということでしたが、本書では睡眠薬の過剰摂取、風呂場での溺死、電車への飛び込み。


木嶋被告は北海道出身ですが、本書に描かれている梶井真奈子(カジマナ)は新潟出身となっています。


このように実際に起きた木嶋の事件がまだ生々しく記憶にあるため、つい作品に描かれている梶井真奈子と比較しながら読み進みてしまいました。


木嶋佳苗事件の闇について、柚木さんでなければ描けなかった。
この本を読んで、女性と話をするのが怖くなった。
(佐藤優氏)


恐るべき人間の業を見事に描き切った快作!!
むせ返すような人間くささが全編から漂い、圧倒的なインパクトを放つこの物語は「愛憎」の概念をも打ち砕くパワーがある。
今、最注目の作家・柚木麻子の到達点であることに間違いない。
(三省堂書店営業企画室・内田剛氏)


様々な角度から描かれる「女」、食から見る事件、人間模様……
柚木さんらしい切り込み方で、すごく面白かったです!! 
間違いなく傑作。
食生活って人間が出るものだと痛感しました。
そして、「バター」がこんなにも魅惑的で、色気のあるものとは……。
(SHIBUYA TSUTAYA・内山はるか氏)


やみつき注意! 濃厚な味なのに、不思議にするすると入り込んでくる。
素材を巧みに活かした技に、ほれぼれする。
料理の話ではなく、本作の感想である。
登場人物がそれぞれに抱える葛藤、木嶋事件が示す男と女の関係性。
様々なものを突き付けつつ、それでもあくまで「物語」で読者を惹きつける快作。
(紀伊國屋書店京橋店・朝加昌良氏)


若くも美しくもない女に、なぜ男たちは惹かれたのか。
それを探る女性記者までもが振り回され、この話はどこへ向かうのかと夢中になって読みました。
先の見えない展開にハラハラドキドキ。
食べる表現の上手さも手伝って、お腹も空くけどカロリーも高い、魅惑的な小説でした。
(文信堂書店長岡店・實山美穂氏)


梶井の言動を追っていくうちに、自分の常識が頼りなくなって、足元がぐらぐらしてくる。
心の奥にあるものが湧き出しそうになる。
私をどこへ連れていこうとするんだ梶井! と叫ばずにはいられない。
濃厚な柚木麻子ワールドをどっぷり堪能してください。
(BOOKSなかだ掛尾本店・牧野有希子氏)




本書の筋立てを回しているのは週刊誌の記者・町田里佳。


特ダネ狙いが発端でカジマナこと梶井真奈子に面会を申し込み拒絶されることを繰り返したあと料理の話題でやっと面会に成功。


取材を繰り返すうち強烈なカジマナの引力に引き寄せられて徐々に心身に変調を来たしていく里佳。


この若くも美しくもない太った容姿のカジマナと対峙していると「何が嘘で何が真実か。そんなものに大した違いはない」のではないか、とまで思うようになった里佳。


カジマナと真剣に対峙した里佳と親友・怜子がカジマナの示唆ある言動に絡め取られて自己破壊寸前までいく様子を、もう一方の自己が冷静に見つめ、長い間意識の下に押し込めていたそれぞれの過去のトラウマを見つめ直すという過程が著者の最も書きたかったことではないでしょうか。


著者について・・・

1981年東京都生まれ
2008年『フォーゲットミー、ノットブルー』で第88回オール讀物新人賞受賞
2013年『伊藤くん A to E』で第150回直木三十五賞候補
2013年『ランチのアッコちゃん』
2014年『本屋さんのダイアナ』で第151回直木三十五賞候補
2015年『ナイルパーチの女子会』で第28回山本周五郎賞受賞&第153回直木三十五賞候補&第3回高校生直木賞受賞
2017年『BUTTER』で第157回直木三十五賞候補


著者の作品では『ランチのアッコちゃん』『ナイルパーチの女子会』を読んでいますが、本書を通して著者の作家としての格段の成長を感じました。



エッセンスがびっしり詰まりすぎて息苦しさを感じてしまいましたが、確固たる構成の上に構築した物語・・・ときにはくどいなと思ったり、主人公の里佳や親友の怜子の行動があまりにエキセントリックで眉をひそめたくなりところも多々でしたが、彼女たちが過去と現在の狭間で葛藤を繰り返しながら徐々に自分たちを追い詰めていく、そして徐々にクールダウンして落としどころに落としていく過程を描いて秀作でした。



それにしても誰にでも狂気に絡め取られていく心の隙間というのはあるのかもしれない・・・宗教にしても犯罪にしても・・・と思いました。

95f49933.jpg

今年も無事に新年を迎えられました。


年末から年始にかけて長男一家を除いて子どもたちがいて、小春がいて、幸せな新春。


小春は一年でいちばん脱毛が少なく冬毛がつややかで、そして少し太って逞しくなっています。






相変わらず彼女にとって私は最下位の人で、私の脚に挑んでは甘噛みを繰り返すことで愛情表現をしてくれますが、痛い(ーー;)


他の人たちには決して歯を見せないのに。



みんなで思いっきり可愛がりまくりました。






さて本日は柚木麻子氏著『ナイルパーチの女子会』をご紹介します。


「ブログがきっかけで偶然出会った大手商社につとめる栄利子と専業主婦の翔子。
互いによい友達になれそうと思ったふたりだったが、あることが原因でその関係は思いもよらぬ方向に―。
女同士の関係の極北を描く傑作長編小説。
第28回山本周五郎賞受賞作」

著者について
1981年東京都生まれ
2008年『フォーゲットミー、ノットブルー』で第88回オール讀物新人賞受賞
2011年『あまからカルテット』 
2013年『伊藤くん A to E』で第150回直木三十五賞候補
2013年『ランチのアッコちゃん』 
2014年『本屋さんのダイアナ』で第151回直木三十五賞候補
2014年『3時のアッコちゃん』
2015年『ナイルパーチの女子会』で第28回山本周五郎賞受賞&第153回直木三十五賞候補
2016年『ナイルパーチの女子会』で第3回高校生直木賞受賞
2017年『BUTTER』で第157回直木三十五賞候補



「ここ数年のあいだに、女同士が仲良くすることに対してなぜか「心をざらつかせる」人がいることに気が付くようになったんです。
いわゆる「女子会」をするような人々に敵意のようなものを抱く人がいる。
女のコミュニティなんて面倒だと思っているのに何故か目が離せなくて、疎外感を覚える人がいる。
そのことについて考えてみたい、ということがまず最初にありました」と著者。


主人公は30歳の女性2人。


丸の内の大手商社に勤める容姿端麗のキャリアウーマン・志村栄利子と人気主婦ブログ『おひょうのダメ奥さん日記』の書き手である主婦・丸尾翔子。


育った環境も現在もまったく共通点のない2人の女性がブログの書き手と読み手という接点を通して接近していくことで狂気に似た関係が結ばれていくというもの。


独特の価値観で肩肘を張らずひょうひょうと過ごす翔子にブログを通して癒され魅了されていく栄利子。


同姓の友人ができないという苦悩を抱えた2人はあることがきっかけで急速に接近していきます。


人気ブロガーとその愛読者という関係から理想的な友人関係を構築できそうな予感を抱く2人でしたが、徐々に思わぬ方向に破綻していくというもの。


タイトルにある「ナイルパーチ」は一つの生態系を壊すこともある凶暴な性質の食用の淡水魚。


凶暴な性質といわれるけど、それは人間が提供した環境のせいであって、ナイルパーチ自体に罪はない、と著者はいいます。


そのナイルパーチをタイトルに用いて、その存在が2人のヒロインの関係性に微妙に照射するという難しい編成に巧みに挑んで秀作です。


私自身もささやかではありますがブログの書き手として、また他の方々のブログを楽しみにしている読み手でもある者として、考えさせられる作品でした。


現実の友人関係でさえ、距離の置き方の難しさを度々経験していますが、ネット上の友人たちとの関係も心しなければならないと思わせる作品です。


女同士の駆け引きの極まった内容ではありますが、興味あり方はどうぞ。

↑このページのトップヘ