VINのらんどくダイアリー

ご訪問ありがとうございます。 「一日一生」を銘にさまざまな人生を読書というツールを通して味わっていきたいと思っています。 響きこし言葉に貼れるさみどりの付箋そよぎて林となりぬ

PVアクセスランキング にほんブログ村

カテゴリ: 益田ミリ

柿の実実

晩秋の里のゆふぐれそこここに柿の実朱き(ともしび)となる


このところ11月とは思えない小春日和が続いています。

 

リビングに差すやわらかな秋の陽だまりに椅子を引き寄せて座っているとつい眠くなってしまうほど。

椅子と新聞

めったに昼寝をしないわたしですが、ついうつらうつらしてしまいそう。

 

このところ溜まっていた新聞を読んでは片寄せ、読んでは片寄せ・・・。

 

つい忙しくしていたら溜まってしまう新聞。

 

 

しばらく次男のbabyとお嫁ちゃんが来ていて新聞どころではなかった・・・。

 

初お目見えのジンジン6か月。

手形足型
泣いても笑っても可愛くてぐにゅっとしたいほど。

仁とママ

いつもほがらかなbabyで、こんなジジババにもうんと笑いかけてくれる・・・。

 

お嫁ちゃんの大変さが身に沁みたけど、待ちに待っていた幸せな時間でした(^^♪

 

 

 


前進する日も

さて本日は
益田ミリ氏著『前進する日もしない日も』のレビューをちょこっと。

 

着付け教室に通ったり、旅行に出かけたり、引っ越ししたり。
仕事もお金も人間関係も自分なりにやりくりできるようになった30代後半から40歳にかけての日々。
完全に「大人」のエリアに踏み入れたけれど、それでも時に泣きたくなることもあれば、怒りに震える日だってある。
悲喜交々を、きらりと光る言葉で丁寧に描く共感度一二〇%のエッセイ集(「BOOK」データベースより)

 

ジンジンの日課のリズムに合わせて生活しているとベッドタイムの読書も捗らず・・・つい気軽なエッセイに手が伸びて・・・。

 

今まで何冊も網羅してきたミリさんのエッセイ。

 

何気ない日常の谷間のような一瞬を掬い上げて微妙に可笑しみというエキスをプラスして活写する・・・疲れたときに最適の読み物。

 

四十代に差しかかったミリさんのゆったりした日常が描かれた短いエッセイ集。

 

このエッセイで発見して驚いたこと・・・別に驚くに値することではないんですけど、読者のわたしが勝手に独り者と思っていただけ・・・

 

共棲みの男性がいること。

 

どうやら正式に結婚という形式には則ってはいないようだけど、ずっと慣れ親しんでいる感じのパートナー。

 

だからどうした?

 

なんですけど、のどかなゆるやかな日常の中にときとしてちょっとした皮肉を入れていたりする文章や意外にしっかりと世間に物申すミリさんのエッセイを読んだときと同様、ちょっと意外性を感じてしまった・・・勝手にミリさんのイメージを作ってしまった自分がちょっと・・・なんですけど。

 

それでも日常の、こんなことあるよね、という小さな小さな感じ方をこんなに素朴なやさしい文章で表現するなんて、ミリさん流才能がすごい!

 

よかったらどうぞ。

yjimage[6]

生きていればいいこともある雨上がり大ゆうやけがこの世を包む


上京中のこと・・・

NHKの舞台のあと、恵比寿にある日本料理店で家族8人の食事会。
会食1会食2会食3
会食41魚


 10月ごちそう















受験直前で通塾中のアスカ以外みんな集まってくれました。

ありがとう
(^^)

その夜は次男の家に泊まり、コハルを思いっきりかわいがり、翌日夫に先に帰ってもらってしばらく娘のところに滞在していました。

2020年1月25日のコハル
いつも慌ただしい上京で友人たちとも「またね」を繰り返して数年。

そうやってもう会うことも叶わなくなってしまった友人もいたりして・・・

今度こそ会いたい。

その願い叶って連日友人たちと会うことができました(^^♪

わたしの都合に快く合わせてくださり、遠いところを来てくださった友人たち、ありがとう!

そのうち、読書つながりのSNSの友人は本好きの友人たちを誘って思わぬ読書の輪を広げてくださり、ランチ会が本の情報や交換の場になったこと、とても楽しいひとときになりました(^^)

雨の中をありがとう!

読書会はずっと前からのやりたかったこと。

岡山に帰郷して、周辺の読書会をネット検索したり、図書館に尋ねたりしたこともありますが、探しあてることができないまま、ひとり読書の日々。

わたしに読書の愉しみを教えてくれて離れていても毎晩の電話で読んだ本の感想などを言い合っていた姉も他界して3年・・・ヘッセを読んで感想を言い合うこともできなくなってしまって淋しさもひとしお。

神戸の友人とは時々本の情報交換や本そのものを宅配便交換していますが、思わぬ分野の本を知ることができたりしてこれも今の喜びのひとつ。

今度は神戸で友人たちと会おう!

 

 

 

しあわせ

さて本日は
益田ミリ氏著『しあわせしりとり』です。

 


「しあわせはつながっていく!

子供の頃の思い出、見ることのない未来、こぼれ落ちる日々

あんなこと、こんなことが、しりとりのように連鎖する

朝日新聞連載『オトナになった女子たちへ』に加筆・修正したエッセイと3本の書き下ろしを収録した、とっておきのエッセイ集」

友人らとしりとりをしながら歩いた。
しあわせなものしか言ってはいけない、名づけて「しあわせしりとり」である。
いろいろ出てきた。
「すいか」
と言った人もいた
その後、めりーごーらんど、どなるどだっく、くりすます、としあわせしりとりはつづき、この先の公園の桜がきれいだから寄っていこうよと、さらに歩いた。
いやな予感がした。――「しりとり散歩」より

朝日新聞に伊藤理佐さんと交互に書いていらっしゃるエッセイをもとに一冊にまとめたもの。

 

記憶にあるものが大半でしたが、こうして通しで読むとまたちがった趣があって、全体を流れるミリちゃんのそこはかとないペイソスを味わうことができました。

 

 

幸せなものしか言ってはいけないという「しあわせしりとり」発想がミリちゃんらしくてしみじみした空気感を醸し出しています

 

 

見逃してしまいそうな日々の出来事や回想を収納しているポケットからちょっと取り出してミリちゃんの言葉で綴る・・・うまいなぁ。

 

以前読んだことのある作品では少々強気なミリちゃんを見せられて、ミリちゃんも強靭なバリアをはった中年になったのだなぁと思ったものでしたが、本書は新刊であるにもかかわらずちょっぴり頼りなくて乙女チックなミリちゃん健在。

 

夕日も味わいつつ、アップルパイハイボール。                            いろんなことがある。                                        その度に心は揺れる。                                        五年後の自分に会いに行けたら正解が開けるのに。                          思ってみたところで、私には今のわたししかいないのだった

 

大人の見下した態度に傷ついた子ども時代を思いつつ・・・

 

「大人になったわたしは考える。大人にさえなれば、と思っていたが、あの夜と同じように無下に扱われることがなくなったといえるのだろうか。

おいしい焼きそば食べたいと眠る夜もあれば、くやしさで、もんもんとする夜もある」

 


「子供の頃、〈わたし〉のからだを心配するのは、母の役目だった。                   熱が出た、おなかが痛い、どこかがヒリヒリする。                           心配係の母に伝えれば、すぐに対処法を考えてくれたもの。                       大人になると、自分のからだの心配係は自分自身。                           さらにいうなら、親のからだの具合を案じる側になっていた」

 

大学生になって初めての独り暮らしをし始めて直後、阪神淡路大震災に遭ったミリちゃん。

 

「オロオロしているところへ、玄関のドアをたたく音がした。

わたしの名前を呼んでいる人がいる。

母の声だった・・・

電気も灯らぬ真っ暗な道を、母は一目散にやってきたのだ。

自分が誰かの大切な人であることを、若かったわたしは当然のように受け止めていたのであった」

 


お父さんが亡くなって半年・・・

 

「父の死のことは、まだ口に出して話したくなかった・・・

お悔やみを言われたら、わたしは大人だし大丈夫ですと言ってしまう・・・

大丈夫じゃないときに大丈夫と言って、自分の言葉に苦しめられたのである。               父がいない世界を、わたしは、わたしの時間配分で受け入れていきたかった」

 

 

 

年齢制限のない空想を巡らせながら今日も幸せだったり傷ついたりしながら過ごしているだろうミリちゃん、、お母さんほどの年のわたしも若いころと同じように相変わらず、幸せだったり傷ついたりしながら生きてるよって伝えたい。

 

きっと生を終えるときまで。

 

 

自分で自分の機嫌を取ったり、精一杯自分を肯定するように仕向けたりしながら。

50efa431.jpg
by Saori

f7756790.jpg
by Saori
「男鹿のナマハゲ」を含む8県10行事で構成する「来訪神 仮面・仮装の神々」がユネスコの無形文化遺産に登録されたという嬉しいニュース。


天狗のお面を着けたナマハゲが泣き叫んで逃げまどう子どもたちを追いかけている映像が流れていました。


ナマハゲのニュースが流れる度に思い出すこと。



当地にもお正月になると鬼のお面を被った獅子舞が家々に押し入って子どもたちの頭をがぶりとする風習がありました。


3歳の頃、恐怖のあまりおかっぱ頭を振り乱して大泣き、母親の膝にしがみついていたのが私のいちばん遠い記憶。


いま思い出しても恐怖が蘇ってきます(ーー;)





さて今回は益田ミリ氏著『今日も怒ってしまいました』のレビューを少し。


「女の怒りもいろいろある。
大阪から上京して文化の違いに驚いた「戸惑い怒り」。
家族のボケをあかるく嘆く「つっこみ怒り」。
愛するペットに対するひどい仕打ちに涙する「本気怒り」まで…。
それでも怒りはためこまず、笑い飛ばしましょう!
怒って笑って、最後はスッキリ。
ストレス解消型エッセイ&4コママンガ」




2009年刊行っというから今から十年ほど前、ミリさん三十代後半・・・かな?


大阪から上京してマンガ家、エッセイストとしても軌道に乗った時期でしょうか。


今までのイメージをちょっと変更しなければ、と思えるエピソードがいくつか。


ほんわかとして怒りセンサーは人並み以下であまり敏感でなくて、生まれつき許容量が大きい、というか自分にちょっと自信がないかわり、どんな人も好意的に見ることができる女の子・・・これが私のミリさんに抱いていた勝手なイメージ。


本書ではミリさんのさまざまな怒りについてエピソードを交えて語っていらっしゃるのですが、ほのぼのとした感じが消えて、仕事に自信と余裕がでてきたアラフォーが対象に対してけっこう辛らつな怒りを抱いているな~という感じ。


意外にしっかりもののミリさん。


ミリさんも成長したんだなぁ。


こうして女の子は押しも押されもしない女になっていくのね・・・当たり前だけど。


次々と送られて来し「おめでとう!」誕生日のスマホに絵文字が踊る
昨日は私の誕生日。


自分自身、また一つ増えちゃった、どうしたことだろうという感覚があるだけですが、お互いの誕生日には「おめでとう」の言葉やプレゼント交換という習慣のある我が家。


深夜12時を過ぎた頃の次男とお嫁ちゃんのそれぞれの「おめでとう!」を皮切りに、夜までの間バラバラにお祝いメッセージが絵文字とともにスマホに送られてきて賑やかな一日でした。



数年前より私の誕生日は夫がずっと食事担当となっていて、外出がなければ朝、昼、晩と食事の心配をしなくていい日となっています。


主婦としては最高に嬉しい一日。


ディナーはたいてい夫のおごりでステーキが定番。


誕生日でなくてもステーキのときはたいてい夫が焼くので珍しくないのですが、夫が自ら選んで買うステーキ肉は値段を度外視しているのでとてもおいしい・・・けれど高い!!


私だったらぜったい買わない値段!

でも80gほどで満足なのでまあいいか。 


ということでやわらかい極上のサーロインステーキをいただきました~。

9c07dd7f.jpg


あまりおいしそうに見えないけど、すごくおいしいステーキでした!


後片付けもぜ~んぶ夫・・・毎日誕生日だったらいいのに・・・という儚い願望はあっという間に過ぎ去りました(ーー;)






さて今日のレビューは益田ミリ氏著『どうしても嫌いな人 すーちゃんの決心』です。 

「その人のことを思い出すだけで、心の中がざわざわしてくる。
カフェの店長になって2年目のすーちゃん36歳には、どうしても好きになれない人がいる。
いとこのあかねちゃん30歳もまた、苦手な後輩にイライラ……。
クラス替えも卒業もない大人の社会で、人は嫌いな人とどう折り合いをつけて生きているのか。
ベストセラー4コマ漫画第3弾」


以前このブログで『キュンとしちゃだめですか』 『そう書いてあった』をご紹介したとき、ミリさんファンを公言していましたが、今も変わらず。  

 
ほんとはミリちゃんと呼びたいところですが、ミリさんで。


1コマイラストとエッセイの形で伊藤りささんと益田ミリさんが交互に朝日新聞に連載されている「オトナになった女子たちへ」を読むのがいまも楽しみ。


そんなミリさん、2016年の秋お父さんが亡くなられるという悲しい出来事がありました。


今年初めに刊行された『永遠のおでかけ』にはそんなお父さんとの思い出が詰まっていて切なくなりますが、ミリさんのエッセイには私たちの小さな心の襞にある取るに足らない喜びや悲しみ、怒りといったものをピンセットでひょいと掴んでてのひらに乗せてじっと味わってみるというふうな、なんとも絶妙な俯瞰力というか空気感あるんです。


そこに惹きつけられる私。


親子ほどの年齢差のあるミリさんに教えられること多々。


決して力強くない、というよりむしろ頼りない雰囲気なのにふんわりと包んでくれるような・・・。


本書に登場する主人公のすーちゃんの「嫌いな人」にもあるある感満載。


ただ「嫌いな人」じゃない・・・「どうしても」がつく「嫌いな人」。


人を嫌いになるということを経験していない人はいないと思いますが、それと同時にその人を嫌いだと思う自分自身に嫌悪感を持ったという人も多いのではないでしょうか。


なぜそこまでその人が嫌いなのか、と冷静に分析しても行き当たるのは自分と考え方生き方が違うから、という観念的なものが多くて、そこを掘り下げると行き当たるのは・・・自分だって周りの人々に随分様々なことで許されているのに・・・という自己嫌悪・・・少なくとも私の場合。



克服しよう、改善しようと思っても努力だけでは解決しない感情・・・「どうしても」にはそんな葛藤が読みとれて共感が倍増します。


どう努力してもどうしても嫌いな人へのすーちゃんの関わり方、接し方。


なるほどそう来るかと思わされた一冊でした。

お花見目当てで高松の友人Sさんが当地に来ました。

久しぶりということで、中学時代の友人Oさんの家に4人で集まって。

Oさんが用意してくれたお昼ご飯を囲んでおしゃべり。



私たちが通っていた中学校は中高一貫の女子高で、特に中学校は2クラスしかなかったので、ほとんどのクラスメートの家庭事情など知っていて親しくしていました。

私と同様、Oさんもずっと当地を離れていて、ご主人のリタイア後に帰ってきて、地域になじんで暮らしています。


もうひとりの友人Mさんはずっと倉敷ですが、あとの3人は転勤族。

奇しくもこうして今当地で集っているのが不思議な感じ。


ところで肝心の旭川土手でのお花見は2分咲きでした。





でも日曜日ということもあって土手は思わぬ賑わい、バーベキューをしている家族連れや仲間の集まりなどが観桜そっちのけで楽しんでいました。

私たちもシートを敷いて買ってきたおにぎりなどを食べながら観桜・・・らしきもの・・・を楽しみました。






さて本日は益田ミリ氏著『そう書いてあった』です。


「わたしの中の『あの子』が騒ぐ−。
大人の国で生きることのもどかしさ、切なさ、美しさを綴った、魅惑のエッセイ集。
朝日新聞』連載『オトナになった女子たちへ』を加筆、修正し、書き下ろしを加えて単行本化」


1969年大阪府生まれ
京都芸術短期大学卒業後デザイナーを経てフリーのイラストレーターとなる
2001年『OLはえらい』で漫画家デビュー
2006年『すーちゃん』で注目を浴びる
2011年『はやくはやくっていわないで』で第58回産経児童出版文化賞受賞


朝日新聞の生活面に毎週金曜日、漫画家の伊藤理佐さんと「オトナになった女子たちへ」というタイトルで交互にエッセイを執筆していらっしゃるのでご存知の方も多いと思います。


益田ミリさんのファンである私はいつもエッセイを心待ちしています。


彼女のエッセイを読んでいると、いつもほんわかとしてきて、他人と比べて落ち込むとか、小さなこだわりでくよくよすることなどたいしたことではないな、と思えてきて。


こう書くと教訓的な内容では、と誤解を受けそうですが、教訓とは真反対のゆるゆる癒し系のエッセイです。


「夕焼けだんだん」「週末の自動販売機」「お母さん、心配?」「ひみつのお手伝い」「おかしなパンツ」「門限のない国で」「夜のドラえもん」「ノージェスチャー ノーライフ」「そう書いてあった」……珠玉の49編。


アラフィフの女の子(50歳前でも女の子という表現が似合うミリさん)が日常のスキマに起こるアレコレをすくいとってちょっと悩んだり、ちょっと失敗したり、ちょっと楽しんだりしている様子をほのぼの描いています。

わたしという人間は、この世にたったひとりしかいない。
世界中のどこを探したって、本物のわたしはひとりなのである。
全員が今の「わたし」に変化したとも思えない。
それぞれが、わたしと似た顔で元気に暮らしているような気がする、大人になったわたしの中で。

例えばまえがきはこんな文章。

無邪気でのんびりなのに一本筋が通っているミリさん。


友だちや仕事関係の人たちとの間柄も、ご両親や妹さんご一家との関係もとてもあたたか良好で、こんな人間関係を築けるのはひとえにミリさんのお人柄だなぁと思えてほほえましいのです。


なんの共通点もないこんなシニアがミリさんファンだなんて、ミリさんが聞いたらびっくりするだろうな。

目まぐるしく日が過ぎていきます。

もうすぐ7月なんて驚きです。

全国、特に九州地方の雨が厳しく、ついに死者まで出ています。

「晴れの国」といわれている当地は降ってもさほどではなく、合間に洗濯物がよく乾く日もあり、こんなとき申し訳なさでいっぱいになります。


そんな中、梅をつけたり、いただきもののトマトでトマトソースを作ったり、台所仕事をぼつぼつと。

写真は知人の畑から採れた茄子とトマト、インゲンもたくさん。
9bdeddd8.jpg
    92ad8265.jpg


そのトマトに大量のタマネギ、そして冷凍庫にあった少量の合挽きミンチを加えて作ったミートトマトソース。
9f321ea3.jpg


続いて「父の日」に夫に届いたプレゼントの数々。
ce7ff4c6.jpg


702534c3.jpg


9a904bae.jpg


e1919070.jpg


服はお相伴できませんでしたが、下関直送のフグと牛タン、もなかはばっちりお相伴させていただきました~^_^

夫もとっても嬉しそう!

自分のためにあれこれ考えて品物を選んでくれているのを想像するだけでもったいない嬉しさです。





さて本日は益田ミリ氏著『キュンとしちゃだめですか』をご紹介します。 


「男性は気づかない、女子の甘酸っぱいトキメキ…
実はオンナって意外な場所で意外な人にときめいているんです!
歩道、電車の中、映画館、ラーメン屋の前、コンビニのレジ周辺、その他もろもろ。
生まれ消えゆくさまざまな『キュン』をエッセイ&1コママンガに」






朝日新聞に週一で連載されている「オトナになった女子たちへ」。

1コマイラストとエッセイの形で伊藤りささんと益田ミリさんが交互に掲載しているもの。

特にゆる~い雰囲気の益田ミリさんの描くイラストとエッセイがお気に入り。


いつか何かの雑誌で見た益田ミリさん本人もイラストの雰囲気そのままのゆるキャラでますます好きになりました。


伊藤りささんは子どもとご主人との3人暮らし、益田ミリさんは同居かどうかは知りませんがご両親との3人の生活というのをエッセイを通して知りました。


特段目を惹く話題というよりほぼ日常のことを描いていますが、これがけっこう共感を呼んで、ほっと一息的なものになっています。


そんなミリさんの本を図書館で見つけて早速借りたのが本書。


1969年大阪府生まれのイラストレーター。
『ふつうな私のゆるゆる作家生活』『OLはえらい』(文藝春秋)、『ちょっとそこまでひとり旅だれかと旅』(幻冬舎)、『五年前の忘れ物』(講談社)など著書多数。
絵本『はやくはやくっていわないで』(ミシマ社)で産経児童出版文化賞を受賞。
漫画『すーちゃん』シリーズ(幻冬舎)が2013年春に映画化。



本書は会社で、街中で、電車の中で、コンビニで、喫茶店で、エレベーターの中で・・・日常のあらゆるところに隠れている大小さまざまな「キュン」を集めたイラストエッセイ。

一例をご紹介すると・・・

お弁当を作る男子が人気なのだとか。書店には、男性用のレシピ本なども並んでいてオシャレなことになっている。
いいことである。塩分を控えめにして、野菜たっぷりのバランスのいい食事。ひとり暮らしの息子を案ずるご両親ならば、さぞや安心なことだろう。
しかしである。わたし個人としては、出来合いのお弁当を買っている男性を見るのが好きなのだった。夜のスーパーで、どれにしようかなぁ、という顔でお弁当コーナーをうろうろしている姿を見かけると、背後から何弁にするのか確認したくなってしまう。カツ丼に、サラダなんかを合わせて買っていたりすると、キャッ、栄養のこと考えてるぅ
かわいくなっちゃう。
あと、コンビニでお弁当を買い、レジで温めてもらっている最中というのも、なかなか哀愁があってよい。待たされているあいだ、次の客の邪魔にならないところに立ち、特にすることもないからレジ横のチロルチョコの箱なんかをじーっと見ていたりする彼らの横顔は、どことなく学校の先生に叱られた子どもみたい。
そして、温めてもらったお弁当をレジ袋に入れてもらい出て行くときは、大人の顔にもどっている。
お弁当がななめにならないよう、気をつけながら横断歩道を渡っているうしろ姿にキュンとしている女たちがいることを、彼らはきっと知らないはずである。



「気をつけて」と言われたいのだった。それも、できるだけ些細なことで言われるほうがいい。たとえば、缶切りで缶を開けているとき。
「手、切らないように、気をつけて」。たかだか缶切りごときで心配されたい、と思う。
たとえば、道を歩いていて伸びた庭木なんかに頭をかすりそうになったとき。かすったところで、怪我などしないのはわかっているのだけれど、隣を歩く男性に「気をつけて」って言われると、わたし、今、壊れもののように扱われている! と嬉しくなる。「気をつけて」は、もはや、なんだってかまわないのだと思う。
そこ、滑るから気をつけて。
まだ熱いから気をつけて。
犬いるから気をつけて。
風強いから気をつけて。
風邪ひかないように気をつけて。
気をつけて帰るんだよ。
嫌な気持ちになることのない最強の言葉かもしれない「気をつけて」。
行き付けのお店に連れられて行ったときに、「階段、急だから気をつけて」って振り向かれたら、場合によっては好きになってしまう可能性もあるので、あまり好きになってもらいたくない女には、言わないように気をつけたほうがいいのかもしれません。



こんなさまざまなキュンを「‘いつか死んでしまう私たち‘に与えられたご褒美」と言っているミリさん。

でもこれらの男性に対するキュンはミリさんの場合は色気とは無関係というか、40歳を過ぎている自分を抑制しているのが垣間見られるようなまるで母親のようなまなざしのキュンなんです。

そこがよけいかわいい!

↑このページのトップヘ